英語対策がより取り組みやすくなりました

2月になり、
Z会大学院入試/心理系大学院入試講座はリニューアルしました。
今回は英語講座改定のポイントを紹介します。

●英語力に応じて選べる3つの講座

日々の暮らしの中で英語に接する機会はなかなかないですよね。
英語学科の学生や、仕事で英語を使う社会人でもなければ
大学入試をピークに英語力は落ちているはずです。

今年度の大学院入試講座では、
高校英語の基礎になる英文法・語彙の最重要ポイントを
動画講義とテキストで復習する
徹底復習英語
を開講しました。
そこで、大学院入試講座の英語対策は

大学院英語[徹底復習編]
大学院英語[基礎編]
大学院英語

この3つになります。
※徹底復習英語単独の講座もあります。

心理系大学院講座の英語対策も、同様に

心理系大学院英語[徹底復習編]
心理系大学院英語[基礎編]
心理系大学院英語

の3つです。

大学院で専門を極めたいが、
入試の英語も対策しておきたいという方は
これらの3つの講座から、
ご自身の今の実力に合うものを選んでください。

●英語力をチェックしよう

そこで、今回は、簡単な英語力チェック問題を用意しました。
問題は5問、解答時間は全部で6分です。
ちょっとやってみましょう。
答えはこのブログの最後に載せておきます。

(英語力チェック問題)
問1 次の( )に適切な語を入れてください。
It is very kind (       ) you to carry my suitcase.
問2 日本語に合うように( )に適切な語句(2語以上)を入れてください。
「私は立ち上がろうとしたが、できなかった。」

I tried (          ), but I couldn’t.

問3 次の英文を日本語に訳してください。

No matter where you are, remember that I love you.

問4 次の英文を日本語に訳してください。
The day’s hard work being over, she felt relaxed.
It was nearly midnight, but she did not want to go to bed.
She sat on the sofa, with her legs curled underneath her.
She wanted to enjoy the luxury of doing nothing.

問5 次の英文を日本語に訳してください。
It is because of the invention of the telephone that we are still
able to communicate with our fellow men and hold conversations
even when we are far apart.

いかがでしたか。

どれも問題なし、という方は
 ⇒大学院英語心理系大学院英語

問1~問3は何とかOKだが、問4、問5は怪しかった、という方は
 ⇒大学院英語[基礎編]心理系大学院英語[基礎編]

問1~問3もちょっと引っかかった、という方は
 ⇒大学院英語[徹底復習編]心理系大学院英語[徹底復習編]

をお勧めします。

どの講座もゴールは大学院入試レベルの英語力の習得です。
目標の大学院合格を目指して、一緒に頑張りましょう!

大学院入試講座はこちら

心理系大学院講座はこちら
※こちらをクリックすると各講座のページに飛びます

講座のご受講や大学院入試対策について
お尋ねになりたいことがある場合は
お気軽に
Z会キャリアアップコースカスタマーセンターまで
お問い合わせください。

(答え)
問1 of 問2 to stand up
問3「どこにいようと、私があなたを愛していることを覚えていてください。」
問4「一日のきつい仕事が終わり、彼女はくつろいでいた。ほとんど真夜中だったが、
彼女は寝たいとは思わなかった。彼女は正座して(←脚が体の下に曲げられた状態で)
ソファの上に座った。彼女は何もしないという贅沢を楽しみたいと思った。」
問5「遠くに離れている場合でさえも、私たちが依然として仲間と意思の疎通を図り、
会話することができるのは、電話の発明のおかけである。」
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。