秋から始める公務員試験対策(特別区・国家一般職編)

こんにちは。
Z会公務員講座担当の石渡です。

試験種別受験対策の第3弾として
特別区1類事務と
国家公務員一般職行政を取り上げます。

この2つの試験はいくつか似た点があります。

(1)専門試験が1科目5題の出題

特別区1類事務では
11科目各5題、計55題から40題の選択解答
国家一般職行政では
16科目各5題で、16科目から8科目の選択解答
と若干の違いはありますが
他の試験と異なり、科目ごとの出題数が同じです。

特別区の場合、科目選択ではありませんが
8科目勉強すれば必要解答数をカバーできますね。

解答する科目を早い時期に絞り
選んだ科目には同程度に力を入れることが
得点力アップのポイントになります。

(2)採用面接を受けて内定をもらう

どこでもそうでしょ、と思いました?
実は少し(いや、大きく)違います。
国家公務員と地方公務員の採用試験の違いの1つが
官庁訪問です。

国家公務員の場合
1次試験後*、志望官庁を訪問し
内定をもらわないと採用になりません。
国家公務員採用試験では
官庁訪問が最大の関門とさえ言えます。
*2018年度は最終合格発表後でした。年により異同があります。

特別区の受験生は、最終合格後に
各区からの連絡を受けて採用面接に臨みます。
面接の後に、面接を受けた区から内定が出ます。

内定を獲得するためには
志望官庁・機関、志望区を
しっかりと研究することが大切です。

さて
国家一般職行政、特別区1類事務の合格を
Z会公務員講座で目指すなら

地方上級・国家一般職本科
*講座名をクリックすると講座ページに飛びます
に取り組みます。

この講座の標準学習時間は490時間でしたね。

◆特別区を受験の場合◆

特別区の1次試験は5月第1日曜日です。
そこで
10月から3月までの6カ月で一通り終える計画だと
勉強時間は、1週当たり18時間50分
均等に割ると、1日当たり2時間45分です。

ここから特別区の試験に合わせて学習課題を削ります。

特別区の教養試験では
知識分野は20問中12問の選択解答です。

内訳は
人文科学、社会科学、社会事情が各4問
自然科学が8問です。
専門科目で勉強する社会科学人文科学は削除
自然科学は高校でやった科目だけ取り組みましょう。

専門科目は
(1)法律中心なら
 憲法、民法(2科目分)、行政法
 政治学、経営学、社会学、ミクロ経済学
(2)経済系中心なら
 ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学
 憲法、民法(2科目分)、政治学、経営学または社会学
といった選択になるでしょう。

いずれの場合も
総学習時間は約370時間
1日当たり2時間5分程度になります。

◆国家一般職(行政)を受験の場合◆

国家一般職の1次試験は6月第3日曜日です。
そこで
10月から4月までの7カ月で一通り終える計画だと
勉強時間は、1週当たり16時間20分
1日当たり2時間20分です。

ここから国家一般職対応で学習課題を削ります。

まず、教養知識分野の社会科学は削除します。
自然科学は高校でやった科目だけにします。

専門科目は負担の少ない組み合わせを選択し
また、取り組みやすい英語基礎を選択するとします。
(1)法律中心なら
 憲法、民法(2科目分)、行政法、政治学、経営学、社会学
(+英語基礎)
(2)経済系中心なら
 ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、憲法、民法(2科目分)
 政治学(+英語基礎)
といった選択になるでしょう。

法律中心なら
総学習時間は約346時間
1日当たり1時間40分
経済系中心なら
総学習時間は約376時間
1日当たり1時間50分
になります。

いかがですか。
あなた自身がはっきりとした見通しをもって計画するだけで
ずいぶん楽な受験対策になることが分かりましたね。

公務員試験、あるいは受験対策について
分からないことがあれば
Z会キャリアアップコースまで相談してください。
問い合わせ窓口はこちら
*こちらをクリックすると投稿フォームに飛びます
24時間いつでも受け付けています。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前10:00〜午後3:00
(祝日・年末年始を除く)

 

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322

月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

 

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。