学習の成果が目に見えて現れたことで、英語に向き合う自信がつきました。

180点アップ(315→495)
法政大学経済学部在学中

ぷうつーさん

TOEIC®400点突破 100UPトレーニング 2018/10月〜

スコア495(L295,R200)第237回(2018.10/受講中)

TOEIC対策をせずに受けた結果から、英語力の弱さを認識し、受講を決意しました。

自分が今まで学んでいた学校の科目は、英語が重要視されていませんでした。さらに、自分が学ぶべき分野の重要性や忙しさもあって、自分自身あまり英語の勉強に気乗りせず、常に後回しにしている状態でした。

しかし、あるとき今後の生活や進路に向けて、英語の語学力が必要になったため、完全初見でTOEICを受けてみたところ、自分の英語の弱さが浮き彫りになり、これはまずいと思いました。そんな中でいろいろTOEICについて調べてみたところ、ちょうど100UPトレーニング講座の広告を見つけ、これを受けてみようというお試し感覚で受講を決意しました。

やる気を落とさずに、毎日続けることを重視しました。

基本的に実践したTOEICの勉強法は、講座の動画講義にあった学習法です。最初はやる気を継続させて、なるべく学習のテンポを切らさないように、1日10分や15分でもいいので、学習の動画を見たり、テキストを読みました。毎日少しずつでも、とにかく英語の苦手意識をなくし、また徐々に自分の耳をリスニングに慣れさせることを重視しました。

2つ目は、とにかく単語を覚えることです。これも最初は1日ひとつでも良いので少しずつ覚えていくことを重視しました。単語さえ覚えておけば、たとえ英文の内容が読んだだけでは分からなくとも、単語の意味から逆算することで理解することもできるからです。

最後に重視したことは、学習のテンポです。どこかのPartで必ず学習がつまずくところは出てくるとは思いますが、私はとりあえず全部やってみるということを自分の中での目標として定め、やる気を落とさずに毎日続けるということを大切にしました。

取り組んだ分だけ伸びることが実感できたことは、人生の糧になる。

試験直前の勉強法は単語と文法の復習を中心に勉強していました。通常行っている各Partの学習と並行して1日ひとつずつまた最初から進めていきました。これもまた1日10分でも大丈夫で、とにかくやったことが大事であると自分のなかの目標として取り組みました。

受験前と後で変わったことは、とにかくやった成果が目に見えて点数に現れたため、自分のなかで英語に対して向き合うための自信がついたことです。やった分だけ伸びるということが実感できたことは、これからの人生の糧になると思います。いろいろ多くを述べてきましたが、結局言いたいことは、やってよかったに尽きると思います。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)