公益信託増進会自然環境保全研究活動助成基金(Z会ファンド)

近年、環境問題に対する人々の関心は高く、自然環境保全のための対策も行政レベル、市民レベルで様々にとられるようになりました。しかし、それでも生態・生息状況・生息数などが明らかでないために保護対策が施されないまま絶滅の危機にさらされている小動物がいます。そうした小動物の調査・研究に携わっている研究者・研究機関に対する助成も十分とは言えません。

そこでZ会は絶滅に瀕した小動物の生息環境の保全・研究に専心している個人・機関に対する助成を目的としたこのZ会ファンドを設立いたしました。

  【財団法人自然環境研究センター】(運営を財団法人自然環境研究センターに委託しております)
  http://www.jwrc.or.jp/shintaku/


2018年度の受給者および研究内容

研究者名(所属) 石川俊之(滋賀大学教育学部・准教授)
研究題 外来種との競合下にあるナリタヨコエビの生息微環境の研究
助成金 34万円

研究者名(所属) 岸本圭子(新潟大学朱鷺・自然再生学研究センター・准教授)
研究題 佐渡島固有種サドガエルの生態および生息環境の解明
助成金 37.8万円

研究者名(所属) 茂木万理菜(宇都宮大学大学院農学研究科・修士課程1年次)
研究題 圃場整備により強化された「中干し」がトウキョウダルマガエル(Pelophyax porosus porosus)の生活史に及ぼす影響の解明
助成金 49.7万円

研究者名(所属) 栗田隆気(千葉県立中央博物館・研究員)
研究題 慶良間諸島におけるケラマトカゲモドキの生息状況調査
助成金 49.2万円

研究者名(所属) 野澤文人(琉球大学大学院理工学研究科・博士前期課程)
研究題 ヤンバルクイナの好適生息環境の解明
助成金 48.1万円