CUD・文化支援・環境保全

Z会のCUD(カラーユニバーサルデザイン)への取り組みについて

CUD(カラーユニバーサルデザイン)とは?

いわゆる色弱者と呼ばれる方(色覚異常・色盲・色弱・色覚障害・色覚特性とも称されますが、遺伝による5つの色覚型の少数の方々)は、日本では男性の20人に1人、女性の500人に1人、日本全体では300万人以上いるとされています。世界では2億人を超える人数で、血液型がAB型の男性の比率に匹敵します。これらの方は、視力(目の分解能)は普通と変わらず細かいものまで十分見えますが、一部の色の組み合わせについて、一般色覚型と言われる多数の方と見え方が異なります。

こうした多様な色覚を持つさまざまな人に配慮して、なるべく全ての人に情報がきちんと伝わるように利用者側の視点に立ってつくられたデザインを、カラーユニバーサルデザイン(COLOR UNIVERSAL DESIGN)といいます。

 

Z会とCUD ~ CUDO団体賛助会員

COLOR UNIVERSAL DESIGN
年間に数件ではありますが、「Z会の教材は、色弱者に考慮したものになっていますか?」「Z会の問題集を買ったのですが、色インクが見にくいです」といったお問い合わせやご意見をいただくことがありました。

これをきっかけに、教材の色遣いについて調べていくうちに、フルカラー教材が当たり前となってきた昨今、こうした色覚の違いによって、白黒の教材だったころよりも学びにくくなっている方たちが少なからず存在することを知り、上述の「カラーユニバーサルデザイン」ということばに出会いました。

Z会は、2009年3月4日、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)の団体賛助会員となりました。今後少しずつではありますが、CUDOの協力のもと、教材のCUD化に取り組んで行きます。

 

文化支援・協賛

物理チャレンジ/生物チャレンジ

中学生・高校生を主な対象とした各種コンテストに協賛しています。

 

子規選集

創立70周年記念出版として『子規選集』全15巻を刊行しています。21世紀への励ましに満ちた子規の文学の世界へ 読みやすい「新かな」で導きます。

 

 

環境保全

公益信託増進会自然環境保全研究活動助成基金(Z会ファンド)

近年、環境問題に対する人々の関心は高く、自然環境保全のための対策も行政レベル、市民レベルで様々にとられるようになりました。しかし、それでも生態・生息状況・生息数などが明らかでないために保護対策が施されないまま絶滅の危機にさらされている小動物がいます。そうした小動物の調査・研究に携わっている研究者・研究機関に対する助成も十分とは言えません。

そこでZ会は絶滅に瀕した小動物の生息環境の保全・研究に専心している個人・機関に対する助成を目的としたこのZ会ファンドを設立いたしました。

【一般財団法人自然環境研究センター】(運営を一般財団法人自然環境研究センターに委託しております)
http://www.jwrc.or.jp/service/shintaku/index.htm(※外部サイトへ移動します)

 
2020年度の受給者および研究内容

研究者名(所属) 松本 浩司(愛媛大学附属高等学校・教諭)
研究題 マツカサガイの緊急避難生息域外保全と再導入に必要な条件の解明
助成金 50万円
研究者名(所属) 渡邊 通人(特定非営利活動法人富士山自然保護センター・理事・自然共生研究室長)
研究題 環境省絶滅危惧ⅠB類コヒョウモンモドキの生息地復元を通した豊かな産地草原環境の再生に関する調査研究
助成金 50万円
研究者名(所属) 石井 亘(地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所・主査)
研究題 大阪府豊能郡豊能町牧地区でのギフチョウの産卵環境保全の研究
助成金 48万円
研究者名(所属) 小池 伸介(東京農工大学大学院農学研究院・准教授)
研究題 希少草原性チョウ類の代替生息地としての放棄スキー場の評価
助成金 43万円
研究者名(所属) 宮平 拓実(琉球大学理工学研究科海洋自然科学専攻・院生)
研究題 沖縄島における埋在性魚類の保全に関する生態的基礎研究~埋在性魚類を用いた干潟域の保全の検討~
助成金 50万円
研究者名(所属) 青山 光生(宇都宮大学農学部農業環境工学科・学部4年生)
研究題 山際周辺の水田水域を利用するトウホクサンショウウオ(Hynobius lichenatus)のバイオロギング調査と生息地保全策の検討
助成金 47.1万円

 

お問い合わせ