親子の会話をもとに、絵をかいて提出する課題

▽分量
月1回
▽取り組み方
親子で・休日に

※絵以外はお子さまのことばをもとに保護者の方がご記入ください。

「親子の会話」からことばの力と発想力を

さまざまな体験を蓄積していく年中期。テーマに沿って話をし、絵にかくことで、その体験を思い出し、ことばにおきかえる力を養います。手書きの「おへんじシート」を一人ひとりにお届け。お返事が届くことで、表現することを楽しいと感じられるようになる効果もあります。

「ぺあぜっとシート」の3つの効果

【効果1】お子さまの自由な発想を促します

お子さまが話したことをおうちの方に書き留めていただきます。テーマがあることで、ふだんはあまり話すことのない話題について話すきっかけに。お子さまの気づきやちょっとしたひと言から親子で会話を広げていくことが、豊かな発想力を育てます。
 
 【テーマ例】
  ・あなたがあたたかいとおもうものは?
  ・いいにおいだとおもうものは?
  ・つかってみたいどうぐは?
  ・さいきんみたどうぶつやむしは? など

【効果2】体験を思い出し、ことばや絵におきかえる力が育ちます

お子さまが頭の中で未整理だった過去の体験の中から、テーマにあったものを選んで話し、絵にかくことで、体験を振り返って整理する力が育ちます。 

【効果3】人に伝えることが楽しくなります

「おへんじシート」

「ぺあぜっとシート」にかかれた会話内容や絵を丁寧に読み取り、担任指導者がお子さまに向けて心を込めたお返事を書いてお届けします。保護者の方とは別の、第三者からのあたたかい励ましが、自分の考えや思いを表現しようとするお子さまの意欲を支えます。
 ※お子さまが絵をかきたがらない場合は、保護者の方が会話内容のみ記入して提出していただいてかまいません。担任指導者が会話内容をもとに、お子さまの思いや気づきに対してコメントを書き「おへんじシート」をお返しします。

お子さま専属の「担任指導者」によるあたたかいサポート

■添削指導に定評のあるZ会ならではの「担任指導者制」
Z会では、年度末までの1年間、同じ担任指導者がお子さまの「おへんじシート」を担当します。毎月のやりとりが続くうちに、お子さまとの間にあたたかい心の交流が生まれます。
 
■「おへんじシート」はすべて手書き 
手紙よりもメール全盛の今だからこそ、子どもたちに、自分あての手紙が届く喜びを知ってほしい――。だから、Z会は手書きにこだわります。文字への興味が強い時期であることを考慮し、担任指導者の字の美しさも重視しています。 

▼その他の教材を詳しく見る

お問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

Z会MyPage

ログインにお困りの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

通話料無料

0120-79-8739

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

通話料無料

0120-35-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)