わが家もやってます!Z会幼児コース体験談

わが家もやってます!Z会幼児コース体験談
通信教育に興味があるけれど、「ほんとに毎月やりきれるのかな?」「みんなどんなふうに取り組んでいるんだろう」「市販の教材と何が違うの?」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここではZ会幼児コースの会員の方の、Z会を選んだ理由や教材への取り組み方などをご紹介!
受講をご検討中の方は、実際の会員さんの生の声をぜひ参考にしてみてくださいね。
 

 

Z会を始めた理由は何ですか?

「考える力」がつくと感じたことが決め手に

入園を機に、学習をより身近なものとして取り入れたく、通信教育を検討しました。Z会のおためし教材を見たところ、ワーク教材では答えが1つではない問題が多く、子どもと一緒に親としてもさまざまな考え方を学ぶことができると感じました。自分で考える力をしっかり身につけてほしいと思っていたので、ほかの教材よりも「考える力」がつくと感じたことが決め手になりました。
実際に受講してみると、子どもがあきずにどんどん取り組みたくなる内容になっていたのがよかったです。少し考えさせられるような問題では、家族で「こういう答えもありだと思う」といった話し合いをすることもあり、思考力が身につくとてもおもしろい内容でした。
(東京都 小1 中村柊太さんのお母様)


Z会歴年少の4月~

通園幼稚園

習い事ピアノ(週1回)、ロボットプログラミング(週1回)

 

休日の家族時間を大事にしたい

3歳になったころ、だんだん形を認識し始めたり、数に興味を示したりしたのがきっかけで、通信教育を検討し始めました。通信教育を受講している友人から「付録が多いと物が増えて困る」といった話も聞いていたので、Z会の教材は付録も少なくシンプルで、分量もちょうどいいと思えたことが決め手でした。
また、平日は仕事をしている分、休日は家族の時間をしっかりもちたいと考えていて、『ぺあぜっと』で親子一緒に何かをつくったり、お料理をしたり、意識しないと自分からはなかなか取り組めないようなテーマがあることにも魅力を感じました。
実際に受講して、本人も工作や料理の取り組みが気に入っています。手先をしっかり使えるよい機会だと思いますし、最後までやりきるという経験を何回も重ねることで、忍耐力もついてきました。幅広いテーマで達成感が得られる『ぺあぜっと』の体験課題で、将来必要な力が着実に身につき始めていることを感じています。
(神奈川県 年長 T・Nさんのお母様)


Z会歴年少の4月~

通園保育園

習い事スイミング(週1回)

 

受講前に不安はありましたか?

親の負担が心配でしたが…

『ぺあぜっと』の体験課題はけっこう負担があるのかなと思っていたのですが、実際に始めてみると、休みの日のちょうどいい過ごし方が見つかって、親子の時間を濃いものにすることができたと思います。おうちで取り組めるので、雨で外に出られないときにも助かりました。
ワークに関しては、最初は隣でつきっきりで見なければいけないことに少し不安もありました。年中で始めたころはひらがなが読めないので問題文を読んであげていたのですが、ひらがなが読めるようになってきた年長くらいからは、横につかなくても一人でだいたい取り組めるようになりました。
ワークを進めるのが日々のルーティンになり、机に向かう習慣がついたので、小学校入学前に無理なく学習習慣をつけるのにとても役立ちましたね。
(大阪府 小1 松浦陽菜子さんのお母様)


Z会歴年中の4月~

通園幼稚園

習い事新体操(週1回)、習字(週1回)

 

時間が限られるなかでのZ会活用のコツは?

「やるべきもの」ではなく、「やって楽しいもの」という位置づけで

あまり全部をやろうとしすぎないことです。ワークもとくに1日何ページやるとは決めておらず、ペラペラとめくって子どもが「今日はこれをやる!」と言ったものから進めています。日によって1日1ページしかやらない日もあれば、10ページくらいまとめてやる日もあるなど、そのときの子どもの気分に合わせて取り組んでいます。進行具合にはこだわりすぎないことで、勉強に抵抗感をもたずに楽しく継続できています。
共働きで慌ただしい日々ですが、Z会の教材で親子一緒に考えて、工夫する、その時間が何より楽しく充実しています。受講前に比べてコミュニケーションが活発になり、親子関係がよりよくなりました。大人も子どももZ会は「やるべきもの」ではなく、「やって楽しいもの」という位置づけで取り組んでいます。
(東京都 年中 西村匠生さんのお母様)


Z会歴年少の4月~

通園保育園

習い事スイミング(週1回)

 

幼児コースを受講してよかったことは何ですか?

自分で工夫する力がつきました

自分で工夫することが多くなりました。工作や絵を見るたび、創造力や独創性には驚かされます。園で廃材を使った工作をしたときには、トイレットペーパーの芯を工夫してくっつけて「ヘビをつくってみた!」「バドミントンのラケットをつくってみた!」などと、自分のつくりたいものをしっかりと形にすることができていました。そのように自分で考えて、工夫をするくせがついてきているのも、Z会のおかげなのかなと感じています。これからも学ぶことを楽しみながら、新たな発見を重ねていってほしいです。
(千葉県 年長 S・Tさんのお母様)


Z会歴年少の4月~

通園保育園

習い事チアリーディング(週1回)

 

「学ぶ楽しさ」を実感しています

物事への興味が広がって、学ぶことは楽しいことだという感覚が身についてきたなと感じています。『ぺあぜっと』でたんぽぽを観察する取り組みがあった際には、図書館に行ったときに自分からたんぽぽの絵本を見つけてきて、「これ借りて!」と言ったことも。与えられたものをこなすのではなく、「これやってみる!」と自分から意欲的に取り組もうとする姿勢が身についたことに変化を感じています。自分のペースでいろいろなことを吸収して成長していく姿を、これからもあたたかく見守っていきたいですね。
(静岡県 年中 Y・Uさんのお母様)


Z会歴年少の4月~

通園幼稚園

習い事バレエ(週1回)

 

 

データで見る!Z会幼児コース会員

Z会を選んだ一番の理由は?


「ほかの教材より考える力がつく」が19.9%で1位に。5位の「考えさせる出題がある」と合わせると、約4分の1の方が「考える力」を重視してZ会を選んだことがわかります。
そのほか、Z会の特長である「実体験」や「シンプルな教材」が決め手になった方も多いようです。
 

通っているのは幼稚園?保育園?


幼稚園に通っている方の割合が保育園よりやや多いものの、あまり大きな差はないという結果に。
実体験の課題などは「負担が大きそう。共働き家庭では無理かも…」と思われるかもしれませんが、皆さんご家庭の事情やお子さまに合わせたやり方で教材に取り組んでくださっているようです。
 

習い事はどのくらいやっている?


多くのお子さまは1~2つの習い事をされているようです。なかには5つ以上というお子さまも!
可能性が未知数な幼児期にいろいろな経験をさせてあげたいとの思いから、複数の習い事をされているお子さまも多いのではないでしょうか。
Z会幼児コースは年少~年長のお子さまがあきずにやり切れる分量で設計していますので、習い事とも無理なく両立が可能です。
 

中学受験(受検)は考えている?


中学受験(受検)することを決めているご家庭は約2割。まだ本格的な学習が始まる年齢ではないため、半数近くは「未定」という結果になりました。
中学受験(受検)をするにせよ、しないにせよ、大切なのは幼児期にたくさん「学ぶことは楽しい!」という経験を積んでおくこと。この経験が、将来、自律的に学習に取り組むための土台になるのです。

Z会の多彩な体験課題や、考えさせる問題を重視したワーク教材で、お子さまの「自ら学びに向かう力」を育んでみませんか?

 
会員のみなさまの体験談はいかがだったでしょうか。
資料請求で幼児コースのおためし教材をお届けしていますので、ぜひ実際にお手に取って、受講をご検討ください。

 
※体験談は取材・アンケート当時の学年で掲載しています。
※表出のデータは、2021年幼児コース会員アンケートより算出しています。

 
Z会の通信教育 幼児コースはイード・アワード2020通信教育 幼児の部にて総合満足度 最優秀賞を受賞しました。

お問い合わせ

WEBでのお問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

ログインにお困りの方はこちら


お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-79-8739
月~土 午前10:00~午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

会員の方からよくいただくご質問の回答
お電話でのお問い合わせの前に、まずはご覧ください

現在、終日お電話が大変混み合っております。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

0120-35-1039
月~土 午前10:00~午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)