Eメールの件名、それでOK? ~英文メールの書き方 1分間レッスン2~

Eメールを書く時、件名をどうするか迷うことは多いと思います。
自分がEメールを受け取る場合を考えてみるとよいのですが、
たくさんのメールを受け取った時には
件名をざっと眺めて重要そうなものから開封しますよね。

Information (お知らせ)
Hi there(やあ、こんにちは)

のような、抽象的で漠然とした件名は相手の目にとまらずに
見過ごされてしまったり、悪くするとスパムメールE704と間違われて
しまう可能性もあります。

相手の方のスムーズな対応を引き出すためには
メールの内容が一目でわかる、
具体的で簡潔な件名をつけることが大切です。
例えば

Order for LCD TV T-987   液晶テレビT-987の注文
Farewell Party for Ms. Yoko Tanaka タナカヨウコさんの送別会
Project meeting on March 5th        3月5日の企画会議
Invoice number 2580 請求書番号2580
Notification of summer vacation period 夏期休業のお知らせ

などなど。

 

簡潔に、でも簡潔にしすぎて具体性がないのもNG
バランスが難しいですね。

通信講座「英文ビジネスEメール」講座では、
実務経験豊富な添削指導者が、1つ1つの答案を
場面を踏まえて丁寧にブラッシュアップします。
決められた設定だけなく、自分が遭遇しそうな自由な設定で
書くこともできます。
いつもちょっと不安を抱えながら英文Eメールを書いている皆さん、
是非一度お試しください。

「英文ビジネスEメール」講座の詳細は★こちら

英文メールの書き方 1分間レッスンBack Number
1. 締めくくりはSincerely?