丁寧な依頼にplease はNG?

依頼の表現というと,please をつけた命令文の形を

一番に思い浮かべる人が多いかもしれません。

 Please help me finish this report.

(このレポートを完成させるのを手伝ってください。)

 

もちろん英語としては正しいのですが、

please をつけても人に指示をするための命令文なので

丁寧な依頼表現とは言えないのです。

 

依頼をする際よく用いられるのは,助動詞を用いた疑問文です。

Can you help me finish this report?            

(このレポートを完成させるのを手伝ってもらえますか。)    

Will you help me move this cabinet?           

(このキャビネットを動かすのを手伝ってもらえますか。)

 

canやwillを過去形にすると丁寧さが増します。

 

Could you tell us a little more about this product’s features?

(この商品の特長についてもう少し教えていただけますか。)

Would you please change the color of the image?

(その画像の色を変えていただけますか。)

 

この過去形は「仮定法」という用法で、

遠慮がちなニュアンスを伝えることができ,

結果的に控えめで丁寧な表現となります。

 

依頼をする際は,相手との関係性

お願いしたい内容の負荷に応じて

表現を使い分けることがコツです。

 

ビジネスで英語を用いる際には、

相手や状況に応じて適切な表現を使いこなしたいものです。

キャリアアップコースの実践ビジネス英語講座では、

英語の「Function(依頼する、意見を述べる、報告するなどの機能)」ごとに

実際に遭遇しそうな場面で役立つ英文・表現の型を身に付けます。

 

今ならキャリアアップコースの英語全講座が10%オフ

この機会をお見逃しなく。