講座案内

一人ひとり、教科によっても異なる
得意不得意、進度や習熟度。

中学生タブレットコースは、
一人ひとりの「異なる」地点から、
いまのキミにぴったりな課題を提案し続けます。

Z会ならではの良問と解説、添削指導、AIが
キミの「わかる」「できる」を実現。
無理なく全教科に自信がつきます。

中学生タブレットコースの
新しい学習をご覧ください

講座案内


Z会で、ゆるぎない英語力を身につける。Z会で、ゆるぎない英語力を身につける。

基礎力からハイレベルな英語力を問う出題まで、実力に合わせて技能ごとに力を伸ばせる充実の学習内容。
人による添削指導やオンラインレッスンでのマンツーマン実践演習も。
これらを通じて伸ばした英語力を、Z会独自の検定試験で実力診断し、フィードバックを受けることで、さらに次の課題が見えてきます。
あなたに最適化された英語学習サイクルを重ね、社会で使える英語力を“いま”から身につけていきましょう。

 

<実力が積み上がる「評価」
のある学習サイクル>

<実力が積み上がる「評価」 のある学習サイクル>

<実力が積み上がる「評価」 のある学習サイクル><選べる2つの英語講座>

<選べる2つの英語講座>本科英語へ<選べる2つの英語講座>本科英語へ
<選べる2つの英語講座>Asteria英語へ<選べる2つの英語講座>Asteria英語へ

 

英語(本科英語)

英語が「使える」手応えを感じながら、
入試で問われる聴解力・読解力・表現力を磨きます

要点学習

添削問題

問題演習

デジタルで「聞く」「話す」を
より学びやすく

「Speaking&Listening」では、一度は聞いたことがある馴染みのある表現を、音声を使い実際に口に出してみる実践的な演習をしながら、文法学習への架け橋とします。

さまざまな形式の「読む」「書く」
問題を通して文法活用の幅を広げる

添削問題以外の問題は、解いたその場で正誤を自動判定。添削問題ではペンで書き込むことで、伝えたいことを考え、覚えた表現を使って英語で表す力を養います。

取得済みの外部英語検定試験やレベルチェックの結果に基づき、4技能の開始レベルを設定できます。
単元学習の到達度も加味しながら、4技能の力を個別に伸ばしていきます。

英語のカリキュラムと対応教科書

ご入会の時期に応じて、取り組むおすすめ単元が表示されます。入試対策には8月以降取り組めます。

中1

単元1中学英語へようこそ
単元2be動詞(I am〜)
単元3be動詞(He〔She〕is〜)
単元4一般動詞/can
単元5名詞の複数形/代名詞の基本
単元6特別演習:個別強化AI集中特訓1
単元73人称単数/疑問詞where,when
単元8命令文/疑問詞how,which
単元9現在進行形/There~の文
単元10特別演習:場面で学ぶ 中1英語
単元11一般動詞の過去形
単元12be動詞の過去形

中2

単元1特別演習:過去形特訓
単元2未来表現 /文型
単元3接続詞
単元4不定詞の基本
単元5助動詞
単元6特別演習:個別強化AI集中特訓2
単元7動名詞
単元8比較の基本
単元9比較の応用
単元10特別演習:場面で学ぶ 中2英語
単元11受動態
単元12〈主語+動詞+目的語+補語〉の文

中3

単元1中2の復習
単元2現在完了
単元3名詞・代名詞/不定詞の応用
単元4不定詞の発展
単元5分詞・間接疑問・付加疑問
単元6接続詞・前置詞(発展)
単元7感嘆文・使役動詞・知覚動詞
単元8関係代名詞
単元9仮定法
入試対策1入試対策:思考力・判断力・表現力完成
入試対策2入試対策:重要事項徹底チェック
難関対策1入試直前:難関対策演習1
難関対策2入試直前:難関対策演習2
難関対策3入試直前:難関対策演習3
難関対策4入試直前:難関対策演習4
難関対策5入試直前:難関対策演習プラス

以下の教科書にあわせて、学習順序を自分で調整することができます。

●『NEW HORIZON』東京書籍 ●『NEW CROWN』三省堂
●『ONE WORLD』教育出版 ●『Here We Go!』光村図書
●『BLUE SKY』啓林館 ●『Sunshine』開隆堂

英語の1単元の内訳例(約30分×8コマ)

  • ①演習
    Speaking & Listening
  • ②要点学習1
  • ③要点学習2
  • ⑤演習 Reading添削問題付き
  • ⑥演習 Writing添削問題付き
  • ⑦中1中2:個別強化AIプログラム
    中3:入試問題10分チャレンジ
  • ⑧個別強化AIプログラム

※個別強化AIプログラムは、⑦⑧で1カ月に2技能ずつ強化していきます。

※週平均2コマペースの学習が目安となります。

※難関国公私立高校を受験する方は、難関対策5まで学習する必要があり、中3からは週3コマのペースで取り組みます。

学校や高校入試にとらわれずに
実践的な力を伸ばせる英語の特別講座

Listening_A1.3

Listening_A2.2

Reading_A1.3

Reading_A2.2

Speaking_A1.3

Speaking_A2.2

Writing_A1.3

Writing_A2.2

デジタルとAIにより、
英語4技能を入試だけでなく実社会で
必要なレベルまで鍛えられます

「Asteria」は
こんな方におすすめです

※「Asteria」は学校や入試にとらわれず、無学年で英語の4技能を奥深く伸ばしていきますので、タブレットコースに付随する定期テスト対策や入試対策・学習サポートは含まれておりません。

英語4技能を奥深く伸ばす

日常生活で実際に起こりうる場面を想定した「活きた英語」を重視した問題を出題。技能ごと、自分に合ったレベルから学習を進めていけます。

「書く」「話す」は、人による指導も加え
表現力・発信力を磨く

添削問題ではテーマに沿った英作文に挑戦。また、外国人講師とのオンラインレッスンで月に1回(約25分・予約制)、実践的なスピーキングの力を鍛えます。※オンラインレッスンの時間帯等は、こちらをご覧ください。

日本人の英語学習に特化させた
「CEFR-J」を採用

「Asteria」は日本だけでなく世界で求められる力を育むために、世界中で使われている言語指標CEFRを更に日本人の英語学習に特化させた「CEFR-J」を採用。「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能ごとに、何ができるかを知り、できることが増えていく喜びを感じながら学習を進めていくことができます。本講座のカリキュラムはPreA1~B2.2レベルを網羅しており、学校の授業や高校入試の枠を超えて、学習者一人ひとりの学習目的に応じて、B1~B2レベルまで英語力を高めることを目標としています。

英語CAN-DOテスト
特別優待受験

自宅で英語4技能の力を測定できる「英語CAN-DOテスト」。中学生向けコースを受講いただくと、受験料なしで特別優待受験できます。新教育指導要領でも重要視される4技能の力。実践的な英語力を客観的に知ることで、次の目標設定につながります。

※実施時期は8月、「中学生向けコース」「Asteria」をご受講の方が対象です。
※ご自宅でタブレットまたはパソコンで取り組むテストです。受験には、マイクなどの音声を認識できる機器が必要です。

デジタルをフル活用し、
活きた英語の学び場が広がる

※ソフトウェアキーボードを用いて答える出題もあります。

数学

答えまでの過程を効率よく学び、
個別最適な演習を行うことで、
数学の問題を解くことに自信が持てます

問題演習

問題演習

添削問題

橋野先生のプラスα_問題

解答に至るプロセスや数学的な
考え方を確実にインプット

単元の重要事項について、映像と練習問題の組み合わせで学習を進めます。学校授業の予習として取り組むこともでき、応用学習につなげる基礎力を身につけることができます。

スモールステップでの実戦演習と
個別特訓

テストや入試で得点差がつきやすいのは「複数の視点で捉える問題」「考える力が問われる問題」です。解法の暗記ではなく、考え方を学んで演習することで応用力を養い、個別添削指導を受けることで「考えて説明する問題」も着実に理解できます。

AIが弱点と得意を解析しながら個別に出題する問題に取り組むことで、
各単元の「これが解けるようになれば合格!」という内容・レベルまで力の底上げをはかります。

数学のカリキュラムと対応教科書

ご入会の時期に応じて、取り組むおすすめ単元が表示されます。入試対策には8月以降取り組めます。

中1

単元1正の数・負の数1《加減》
単元2正の数・負の数2《乗除》
単元3文字と式
単元41次方程式1《計算》
単元51次方程式2《文章題》
単元6特別演習:差がつく!中1数式
単元7比例・反比例
単元8平面図形
単元9空間図形
単元10特別演習:差がつく!中1関数図形
単元11資料の整理
単元12式の計算

中2

単元1特別演習:中2春のパワーアップ演習
単元2連立方程式1《計算》
単元3連立方程式2《文章題》
単元41次関数1《式とグラフ》
単元51次関数2《応用》
単元6特別演習:差がつく!中2数式関数
単元7平行と合同
単元8三角形
単元9四角形
単元10特別演習:差がつく!中2関数図形
単元11確率
単元12踏破せよ!中3への道

中3

単元1展開と因数分解
単元2平方根
単元32次方程式
単元42乗に比例する関数
単元5座標平面と図形
単元6相似
単元7
単元8三平方の定理
単元9標本調査,三平方の定理の応用
入試対策1入試対策:思考力・判断力・表現力完成
入試対策2入試対策:重要事項徹底チェック
難関対策1入試直前:難関対策演習1
難関対策2入試直前:難関対策演習2
難関対策3入試直前:難関対策演習3
難関対策4入試直前:難関対策演習4
難関対策5入試直前:難関対策演習プラス

以下の教科書にあわせて、学習順序を自分で調整することができます。

●学校図書 ●啓林館 ●東京書籍 ●数研出版 ●大日本図書
●日本文教出版 ●教育出版

数学の1単元の内訳例(約30分×8コマ)

  • ①要点学習1
  • ②要点学習2
  • ③演習1
  • ④演習2
  • ⑤演習3添削問題付き
  • ⑥演習4添削問題付き
  • ⑦中1中2:橋野先生のプラスα
    中3:入試問題10分チャレンジ
  • ⑧個別強化AIプログラム

※週平均2コマベースの学習が目安となります。

※難関国公私立高校を受験する方は、難関対策5まで学習する必要があり、中3からは週3コマのペースで取り組みます。

タブレットでの学びの記録が
次の学びに変わる

国語

知識を確実に身につけながら、
体系的な読解のコツをつかみ、
論理的に解答を導く力と記述力を鍛えます。

要点

要点

添削問題

問題演習

解答作成に必要な視点を学び
根拠を持って解く力を育成

選択肢問題の解説では、その選択肢の「どこ」が「なぜ」間違いなのかを明示。記述問題では「中学生が陥りやすい誤答例」とその減点理由を解説。誤答を常に意識させることで、「なんとなく」ではなく論理的に解く力を鍛えます。

高校入試での出題が増えている
新傾向の読解問題も

会話文や資料・グラフなどを扱った新傾向の読解問題にも取り組み、思考力・判断力・表現力を鍛えます。

上位生であっても後回しにしがちな「漢字や語句などの知識事項」を中心に、
頻出問題を個別に反復学習することで、完全習得をめざします。

国語のカリキュラムと対応教科書

ご入会の時期に応じて、取り組むおすすめ単元が表示されます。入試対策には8月以降取り組めます。

中1

単元1根拠を考えて解く
単元2小説:場面と気持ち
単元3説明文:話題をつかむ
単元4説明文:指示語
単元5小説:心情を表す言葉
単元6特別演習:得点アップ!中1国語
単元7古典:初めての古典
単元8詩:作者の思い
単元9説明文:問題文の構成
単元10特別演習:差がつく!中1国語
単元11説明文:要旨をつかむ
単元12小説:作品の背景

中2

単元1特別演習:理解度チェックテスト
単元2小説:心情説明
単元3短歌:情景と心情
単元4説明文:展開のしかた
単元5小説:人物像
単元6特別演習:得点アップ!中2国語
単元7古典:物語・漢詩
単元8論説文:根拠と主張
単元9随筆:筆者の思い
単元10特別演習:差がつく!中2国語
単元11論説文:構成・要約
単元12小説:心情の変化

中3

単元1小説:心情把握
単元2論説文:言い換え表現
単元3随筆:表現・文章展開
単元4韻文:表現技法・主題
単元5古典:文脈把握
単元6論説文:総仕上げ
単元7小説・随筆:総仕上げ
単元8融合文:作品と解説
単元9記述・作文問題攻略法
入試対策1入試対策:思考力・判断力・表現力完成
入試対策2入試対策:重要事項徹底チェック
難関対策1入試直前:難関対策演習1
難関対策2入試直前:難関対策演習2
難関対策3入試直前:難関対策演習3
難関対策4入試直前:難関対策演習4
難関対策5入試直前:難関対策演習プラス

学習順序を自分で調整することができます。

国語の1単元の内訳例(約30分×8コマ)

  • ①要点学習
  • ②演習 読解演習1
  • ③演習 知識トレーニング
  • ④演習 読解演習2添削問題付き
  • ⑤演習 記述トレーニング
  • ⑥演習 読解演習3添削問題付き
  • ⑦中1中2:演習 速読トレーニング
    中3:入試問題10分チャレンジ
  • ⑧個別強化AIプログラム

※週平均2コマペースの学習が目安となります。

※難関国公私立高校を受験する方は、難関対策5まで学習する必要があり、中3からは週3コマのペースで取り組みます。

タブレットでも、書いて学ぶ

理科

知識を習得するとともに、
思考力・表現力を養成することで
理科で出題されるさまざまな問題で高得点を獲得できます

要点

要点

問題演習

問題演習

添削問題

重要事項の反復学習で
効率よく知識を定着

知識を定着させるには、反復学習が効果的。重要事項は学習の流れの中で形を変えて何度も出てくるため、教材に沿って学習を進めれば自然に反復学習ができ、知識が定着します。

本質的な理解を問う考察問題で
論理的思考力を養う

高校入試では、実験や観察について単に知識の丸暗記では対応できない本質的な理解を問う考察問題が多く出題されています。問題演習とともに、考え方・着眼ポイントを詳しく示した解説で理解を深め、「論理的に考える力」を着実に養成していきます。

間違えた問題や会員の正答率が低い問題を解析して出題。
繰り返し取り組むことで確実な定着をめざします。

理科のカリキュラムと対応教科書

ご入会の時期に応じて、取り組むおすすめ単元が表示されます。入試対策には8月以降取り組めます。

中1

単元1中学スタートダッシュ
単元2いろいろな生物と共通点1
単元3いろいろな生物と共通点2
単元4身のまわりの物質1
単元5身のまわりの物質2
単元6特別演習:中1生物・化学
単元7身のまわりの物質3
単元8身近な物理現象1
単元9身近な物理現象2
単元10特別演習:中1化学と身近な理科実験
単元11大地の変化1
単元12大地の変化2

中2

単元1化学変化と原子・分子1
単元2化学変化と原子・分子2
単元3生物の体のつくりと働き1
単元1生物の体のつくりと働き2
単元1生物の体のつくりと働き3
単元1特別演習:中2化学と形式別特訓
単元1天気とその変化1
単元1天気とその変化2
単元1天気とその変化3
単元1特別演習:中2生物
単元1電流とその利用1
単元1電流とその利用2

中3

単元1化学変化とイオン1
単元2化学変化とイオン2
単元3生命の連続性
単元4運動とエネルギー1
単元5運動とエネルギー2
単元6運動とエネルギー3
単元7地球と宇宙1
単元8地球と宇宙2
単元9自然界のつり合い
入試対策1入試対策:思考力・判断力・表現力完成
入試対策2入試対策:重要事項徹底チェック
難関対策1入試直前:難関対策演習1
難関対策2入試直前:難関対策演習2
難関対策3入試直前:難関対策演習3
難関対策4入試直前:難関対策演習4
難関対策5入試直前:難関対策演習プラス

以下の教科書にあわせて、学習順序を自分で調整することができます。

●東京書籍 ●啓林館 ●教育出版 ●大日本図書 ●学校図書

理科の1単元の内訳例(約30分×8コマ)

  • ①要点学習1
  • ②演習1添削問題付き
  • ③要点学習2
  • ④演習2添削問題付き
  • ⑤要点学習3
  • ⑥演習3添削問題付き
  • ⑦中1中2:図で理解
    中3:入試問題10分チャレンジ
  • ⑧個別強化AIプログラム

※週平均2コマペースの学習が目安となります。

※難関国公私立高校を受験する方は、難関対策5まで学習する必要があり、中3からは週3コマのペースで取り組みます。

社会

複数の視点から語句や事象を捉えることで、
地理・歴史・公民を多面的に
理解できるようになります

要点

問題演習

問題演習

添削問題

複数の視点から捉える反復学習で
記憶の引き出しを増やす

たとえば「ヨーロッパの気候」というテーマに対して、文章での説明だけでなく、地図や表で視覚的に整理。つまずきやすいポイントは映像で角度を変えながら理解し、問題演習に入っていくための基礎がしっかり身につきます。

論述問題・正誤問題・資料(史料)
問題を解く力をしっかり養成

論述問題・正誤問題などの出題形式別に解法を研究するコーナーでは、答えを導くまでの思考のプロセスを学びます。こうした学習を通して複数の視点から重要語句・事象を理解し、入試につながる実戦力を養います。

知識が身についていない分野は知識事項を中心に、知識が身についている分野はより発展的な内容の演習に取り組み、苦手の補強と得意の伸長をはかります。

社会のカリキュラムと対応教科書

ご入会の時期に応じて、取り組むおすすめ単元が表示されます。入試対策には8月以降取り組めます。

中1

単元1中学スタートダッシュ
単元2地理:世界と日本の地域構成
単元3地理:世界各地の生活
単元4歴史:文明のはじまり
単元5歴史:古代の日本1
単元6特別演習:世界遺産で学ぶ地理・歴史
単元7歴史:古代の日本2
単元8地理:世界の諸地域1
単元9地理:世界の諸地域2
単元10特別演習:世界と日本の地理・歴史
単元11地理:世界の諸地域3
単元12歴史:中世の日本

中2

単元1特別演習:原始時代~中世の歴史
単元2歴史:近世の日本1
単元3歴史:近世の日本2
単元1地理:地形図/日本の地形
単元1地理:気候・人口・農業
単元1特別演習:東海道で学ぶ地理・歴史
単元1地理:工業・交通/九州地方
単元1地理:中国・四国~中部地方
単元1地理:関東~北海道地方
単元1特別演習:日本の地理
単元1歴史:明治時代1
単元1歴史:明治時代2

中3

単元1歴史:明治時代3
単元2歴史:第一次世界大戦
単元3歴史:第二次世界大戦
単元4歴史:現代の世界
単元5公民:現代社会と人権思想
単元6公民:現代の民主政治と日本
単元7公民:政治のしくみ/消費者と経済
単元8公民:政府・企業と経済
単元9公民:これからの経済と国際社会
入試対策1入試対策:思考力・判断力・表現力完成
入試対策2入試対策:重要事項徹底チェック
難関対策1入試直前:難関対策演習1
難関対策2入試直前:難関対策演習2
難関対策3入試直前:難関対策演習3
難関対策4入試直前:難関対策演習4
難関対策5入試直前:難関対策プラス

以下の教科書にあわせて、学習順序を自分で調整することができます。

●教育出版 ●帝国書院 ●日本文教出版 ●山川出版社
●東京書籍

社会の1単元の内訳例(約30分×8コマ)

  • ①要点学習1
  • ②演習1添削問題付き
  • ③要点学習2
  • ④演習2添削問題付き
  • ⑤要点学習3
  • ⑥演習3添削問題付き
  • ⑦中1中2:図で理解
    中3:入試問題10分チャレンジ
  • ⑧個別強化AIプログラム

※難関国公私立高校を受験する方は、難関対策5まで学習する必要があり、中3からは週3コマのペースで取り組みます。