筑駒・開成中学入試「傾向」と「対策」

Z会中学受験コースの教材開発者、Z会中学受験学習アドバイザーが、
中学受験の全国最難関「筑駒」と「開成」の入試問題の傾向と対策をわかりやすく解説します!

 

筑駒・開成合格のための推奨学習スケジュール
すべての中学受験生にとって、「各学習項目の完全理解」は大前提であり、しっかりとした土台を築いたのちの受験対策の柱は、志望校に応じて「問題演習の内容を段階的に、徹底的に深めていく」ということに他なりません。
入試の難度が上がれば上がるほど、この準備を本番までにどれだけ十分に、そして余裕をもって行うことができたかが、合否を左右すると言えるでしょう。

 

 

筑波大学附属駒場中学校 入試出題傾向と対策

問題文を正確に読み取る「読解力」と得点できる「記述力」

【傾向】
筑駒の読解問題は、説明文、物語か随筆、詩という3題で構成されるのが一般的である。漢字の書き取り問題は、独立した大問として一つのことわざを漢字に直す場合と、読解問題の中の小問として出題される場合がある。
設問の形式は、ほぼ全てが記述問題で、「どういうことですか」「なぜですか」など、最小限の問いかけしかされないシンプルなものであり、自分で設問の意図を見極めることが求められる。解答欄は罫線のない枠だけの場合のほか、罫線で1~2行程度に区切られている場合がある。1行に30字を目安として、30~90字程度でコンパクトにまとめる。いずれも本文全体の文脈をふまえた読解が求められ、傍線部付近の部分的な理解だけでは合格レベルの答案は書けない。筋道を立てて端的に説明しなければならない難問である。

【対策】
問題文を正確に読み取り、ときには本文中にはっきりとは書かれていない事柄まで、本文に書かれている内容から合理的に推論できるような読解力を養成することが大切だ。対比の構造に関する出題もよく見られるので、それを意識して読むこともポイントとなる。さらに、設問の出題意図を把握し、解答欄に応じて30~90字程度で端的にまとめる記述力を養いたい。筑駒の記述は、たくさん書けばよいというものではない。明確な論理で、コンパクトにまとめること。まずは自分で解答を書きあげ、模範解答と比べながら、解き直し、加筆したり削ったりしながら答えを書き直して合格レベルの答案に仕上げていく練習をしておくとよい。
また、筑駒の受験においては、詩の対策を十分にしておく必要がある。短い言葉・限られた情報の中から、作者が何を伝えようとしているのかを深く正確に読み取れるよう、6年生の8月ごろからは、筑駒の詩の出題形式にあわせた演習を積んでいきたい。

 

☆22年度入試問題の傾向
「説明文、物語、ことわざ(故事成語)を漢字に直す問題、詩」という大問四題の出題だった。文章読解は全て記述問題で、計12問を短い時間で端的にまとめなければならない。説明文では、一見読みやすい文章のように思われるが設問の難度が高く、筆者の意図するところを正確にくみ取って解答する必要があり、物語文では、展開とともに変化する心情や、外に見せている態度と心の底の気持ちが異なる理由の説明が求められるなど、どちらも高度な読解力と記述力が問われる出題である。詩は、短い言葉でとても奥深い内容が描かれている。詩人が選び抜いた一つ一つの言葉にこめられた思いを吟味して、丁寧に解釈せねばならない難問である。

時間勝負。手際よく解答・検証できるかがポイント

試験時間40分に対し出題されるのは大問4題と、時間に対して分量が多いため、短時間でいかに正確に処理できるかがカギとなる。各大問について、小問2~4題が出題され、多くの問題で、問題文のルール説明や前の小問が後の問題のヒントとなっており、各大問とも最終問題以外は難易度がそれほど高くない。そのため高得点の争いになりやすく、計算ミスなど軽微な失点が許されない試験になっている。
試験内容としては「周期性・規則性」に着目した出題が多い。1周期内の内容や、周期のいちばん最後の部分などを詳細に把握する必要があるため、短時間で丁寧かつ効率的に作業する力が問われる試験といえる。毎年バラエティに富んだ出題がされるのもこの「周期性・規則性」のため、夏以降、入試問題に取り組める基礎体力がついてきたら、筑駒の過去の入試問題は是非とも数年分解いておきたい。

●数の性質…倍数・約数に注目する問題、N進法や各位の数に注目する問題、周期算や数列に関する問題など、数の性質を利用した操作と規則性の問題が非常によく見られる。

●図形…平面図形の相似や対称性を用いる問題が多い。ときには,求める部位について非常に緻密に考えなければならない条件設定も見られる。自分で図をかいて考える習慣はもちろん、注意したい箇所のみ改めてかき直す、など条件を整理して取り組む姿勢を身につけておきたい。

●速さ…複数の点の移動や複数の図形の変化を考察する問題が多い。移動のルールが複雑であったり、位置関係を細かく確認する必要があったりと、状況の細かい把握が必要になりやすい。表やグラフなどで時間ごとの状況を整理する練習をしておきたい。
 

☆22年度入試問題の傾向
筑駒らしい、算数への興味を掻き立ててくる大問4題だった。図形要素が珍しく薄い、数・場合の数・速さ・文章題の構成。
40分で解ききるのはとても厳しいラインナップのため、手を付ける順番などは工夫を要する。得意分野にもよるが、大問1・3は最後まで、大問2・4も最終問題を除いて確実に解ききっておきたい。

物事のしくみや変化について科学的な理解を深めておきたい

物理・化学・生物・地学のすべての分野についてまんべんなく出題される。難しい問題は多くないが、身のまわりの現象に絡めた出題が多いため、暗記だけではなく、物事のしくみや変化について科学的な理解を深めておくとよいだろう。また、問題文が長く、読解力が必要になる問題が多く出題される傾向がある。

・物理
力学(てこや滑車)と力学以外の問題の2問が出されることが多い。力学以外では、回路と電流の問題や、光の進み方の問題が出題されることもあるので、物理分野の基本的な知識はしっかり身につけておく必要がある。力学の問題は特に難度が高いため、本番で慌てないように過去問など、さまざまな問題に取り組み、解き方や考え方を身につけておくとよい。また、つまずいてしまったときは早めに見切りをつけて先に進み、他の問題で確実に点をとる気持ちも大切である。
・化学
水溶液や燃焼についての実験を絡めた出題が多いため、過去問を解いて実験問題に慣れておくとよい。難しい計算問題の出題は少なめだが、問題文が長い傾向にあるので、読解力が必要になる。
・生物
教科書の内容を踏まえたうえでの出題が多いが、教科書の範囲を超えた内容の問題も出題されることがある。教科書レベルの知識は6年生の夏までに身につけ、それ以上の深い知識は過去問など、多くの問題にふれることで身につけていくとよい。
・地学
会話形式の出題が多い。基本的な内容が多いため、教科書レベルの知識はしっかりと身につけておくとよい。また、時事問題を絡めて出題されることが多いため、災害や自然現象の原理を確認しておくことが大切である。
 

☆22年度入試問題の傾向
例年通り、大問7題構成で物理・化学・生物・地学の4分野から出題された。大問7の電流の問題は複雑そうに見えるが、すべての場合について考える時間があれば解けるので、他の問題を正確に素早く解き、大問6と大問7にどれだけの時間を割くことができたかが合否の分かれ目であったと言えるだろう。

歴史の流れや物事の因果関係の確実な理解とスピードが必要

例年、地理・歴史・公民の各分野から1題ずつ出題されている。地理は基本レベルの出題が中心であるが、地図や統計資料を用いた出題が多い。歴史はどの時代からもほぼ満遍なく出題されており、時代順に並べかえる、同じ時代の出来事を選ぶといった出題も見られる。公民は時事問題を含めて、日本の政治や世界の政治に関連する出題が多く見られる。出題形式としては、正文や誤文を選択させる問題が中心であるが、中でも「正しい文をすべて選びなさい」というように、正解の数が指定されていない出題が特徴である。近年は20~30字程度の文章記述問題も出題されている。

筑駒攻略に向けて、6年生の夏休みまでに全分野の学習を一通り済ませ、夏休みには問題演習を行いながら知識の正確な理解と定着を図り、秋以降に過去問を使いながら、時間配分を含めて、実戦的な演習をするとよい。分野ごとの対策としては、地理は統計資料を用いた出題が多いので、数値の大小や変化の様子に着目するといった資料の読み取りの練習を積むとよい。歴史は人物やできごとの名前を覚えることも必要であるが、歴史の流れをきちんと理解しておくことが重要である。公民はふだんから国際情勢を含めた時事問題に関心を持ち、現代社会で起きていることの原因や問題点を考えるようにしておくとよい。また、リード文が長いため、文章を早く、正確に読み取る力が求められる。模擬試験や過去問に取り組む際には、リード文で年代や統計数値に線を引きながら読む、問題の選択肢に先に目を通しておくといったことも意識しておくことが望ましい。
 

☆22年度入試問題の傾向
例年どおり、大問3題構成、地理・歴史・公民から1題ずつ出題された。
歴史は、昨年同様、班ごとの発表内容をまとめた資料からの出題であった。基本知識を問う問題が中心であるが、公民はふだんから社会問題について深く関心を持つようにしておきたい。

 


Z会では、筑波大学附属駒場中学受験生向けの講座を多数開講中!

 


 

開成中学校 入試出題傾向と対策

難解な文章を正確に読み取る「読解力」と簡潔にまとめる「記述力」

【傾向】
開成の読解問題は2題で構成されることが一般的だが、超長文が1題という場合もある。文章のテーマは多岐に渡り、物語では小学生には理解するのが難しい複雑な心情を読み取る必要があったり、説明文では大人が読むような新書レベルの内容の読解が要求されたりすることもある。
設問の形式としては、近年は記述問題が中心で、「傍線部はどういうことですか」「なぜですか」「どういう気持ちですか」というシンプルなものだ。解答欄はコンパクトに2~3行でまとめるもの、または、字数指定があり30~75字程度で短く端的に答えるものとなっており、いずれも難解な本文を正確に読み取る読解力と、深い内容を簡潔にまとめる記述力が求められる。

【対策】
入試頻出のさまざまなテーマの文章に触れて、視野を広げつつ、苦手な分野を作らないようにしてほしい。物語でも、説明文でも、随筆でも、どんな文章が出題されても、高いレベルで対応できる揺るぎない読解力と記述力を養う必要がある。開成の記述問題の特徴は、短いこと。だらだらと本文からつぎはぎしたような解答では、合格点は望めない。短くてすっきりとしていながらも、要点をおさえた解答を書く練習を積むことが大切だ。まず何を聞かれているのかをよく考え、設問の意図を把握して、解答の方向性を絞り込んで、簡潔にまとめる。そして、聞かれていることに対して、必要な要素を過不足なく盛り込むこと。しっかりと自分自身で解答を書きあげ、それを模範解答と比べたうえで、答えを書き直す練習を行おう。また、漢字や言葉の知識問題などの学習も漏らしてはいけない。開成は隙のない総合的な国語の力を問うてくる。6年生の夏までには、小学校で習う漢字や言葉の知識、敬語などについても、ひととおりおさえておきたいものだ。
 

☆22年度入試問題の傾向
物語の超長文1題の出題であった。文字数は約12,400字。漢字の書き取りが4問、記述問題が5問。昨年に続き、全て字数指定があり、25~75字で答える。なかには登場人物の心情について「自分の言葉で説明しなさい」という条件がつくものもある。複雑な心情が描かれる難度の高い文章を速く正確に読み取る力と、深い内容を端的にまとめる記述力が要求される難問である。

求められるのは特級の空間把握力と論理的思考力

大問3~4題で、難易度の変化、小問集合の有無などの形式面の変化ともに毎年大きい。解答用紙には図形問題で出た図形がそのまま掲載されており、考え方や式などを記述するよう求めている。速さ・相似なども出題されるが、最も大きな特徴として挙げられるのは、難度の高い立体図形(空間図形)と、超長文のルール説明のもと出題される操作や論理の問題だろう。

●立体図形…立体の切断・投影に関する出題が多い。小屋の窓から日光が入った場合の床や壁に当たる日光の様子を考えるなど、個性的な出題も目立つ。こういった問題に入試本番、初見で取り組みかつ正解を導き出すためには、立体図形に対してかなりの知識やセンスが求められる。一通り算数のカリキュラムを学習し終えた後、立体図形の扱いについては特に重点的に演習しておいたほうがよいだろう。

●長文読解と論理思考…年にもよるが、大問1題程度、超長文の出題が見られる。はじめに操作やルール説明、その後、具体的事例などを図も含め提示している。具体例があるために長文化するのだが、それだけ細かい事例を要する複雑な操作やルールを出されるということであり、内容を把握するために時間をとられる可能性が高い。その上で出題される問題は文章記述問題や該当解をすべて答える問題など高度な論理的思考力を求めるものが多く、最終問題などはルールの本質を見極めないと解ききれない内容となっている。
 

☆22年度入試問題の傾向
大問4題で、大問1は小問集合形式。近年見られた長文要素が控えめで、難易度の観点でもここ数年の試験と比較して解きやすかった。丁寧さを重視した問題が多く、いかにケアレスミスを防いだかが焦点になったと思われる。

確実に点を取れる基礎力と問題文を読み解く力

開成の理科は物理・化学・生物・地学のすべての分野についてまんべんなく出題される。出題される問題は基本的または典型的な問題が多いので、理科の平均点は高くなる傾向にあるが、近年は難度の高い問題の割合も増えてきている。

物理では力学、化学では水溶液と実験器具、生物は植物と動物、地学では天文の単元がよく出題される傾向にあるので、これらの単元についてはより力を入れて対策をしておくとよいだろう。しかし、これら以外の単元も出題されることがあるので弱点ができないように、どの分野も幅広く対策をしておこう。
知識を問うものだけではなく、実験の結果を踏まえた問題までさまざまな問題が出題される。実験や観察の結果が表やグラフで表されていることが多いため、情報を正確に読み取る力を身につけておきたい。出題形式は選択式が多いが、記述やグラフの作図の問題も出題されるので、過去問を使って様々な問題に対応できるようにしておくとよい。
平均点が高くなる傾向にあるので、70点満点中50~60点を取れるように基本的な問題の点を確実に取れる基礎力と、難しい問題もあきらめずに最後まで取り組める粘り強さを身につけることが大切である。

開成の理科は基本的な問題が多いので、他の受験生との差がつきにくい。ケアレスミスをしないことと、基本的・典型的な問題で確実に得点することを意識して問題演習をしていこう。
 

☆22年度入試問題の傾向
例年通り、大問4題構成で物理・化学・生物・地学の4分野から1題ずつ出題された。基本的な知識を問う問題が多かった。また、特に物理は文章量が多く、読解に時間がかかった受験生も多かったと思われるが、計算自体は比較的簡単だったので、落ち着いて取り組めば得点できただろう。

スタンダードな問題をスピーディーに正確に

開成の社会は、分野としては、歴史と地理からの出題が中心で、公民(政治や国際)からの出題は少なめであるが、近年は公民からの出題が以前より多くなっている。大問数は2~4題と、年度によって異なり、1つの大問の中で複数の分野の小問が問われることも珍しくない。小問数は50~60問程度で、試験時間を考慮すると、かなりボリュームのある出題である。出題形式は、言葉を書かせたり選ばせたりするシンプルな問題や、正文や誤文を選択させる問題が中心で、文章記述問題も例年数問出題されている。近年は難しめの問題の出題も増えてはいるものの、難関校の中では、平易な問題の割合が比較的高いといえる。

開成の社会の入試問題は、偏った特徴があるわけではなく、スタンダードなタイプの問題なので、一般的な中学受験の社会の学習を着実に進めていけばよいが、6年生の夏休み以降は、入試を意識して、「〇分以内に解く」「正しい漢字で書く」といった条件を課して取り組むとよい。また、地形図の読図や気候など、各種資料を用いた問題が必出なので、そうした問題が載っている問題集や開成の過去問に積極的に取り組み,出題パターンに慣れておくとよい。そして、開成中学の位置する荒川区や東京・江戸に関連するご当地問題が例年出題されているので、教科書やテキストの東京・江戸関連の地図や関係資料に注意を払っておく必要があるが、深追い学習は禁物である。他の難関校と同様、正文や誤文の選択問題が一定数出題されるが、日ごろの問題演習の取り組みにおいて、例えば、4つの文から1つの正文を選ぶ問題の場合、残りの3つの誤文は、それぞれどこが誤っているのかを正確に指摘できるように、あいまいなままやり過ごさないようにしておくと、入試で惜しい間違いを減らすことができる。そのためにも、問題の答え合わせの際には、自身の正誤にかかわらず、解説(考え方)にもしっかり目を通す学習態度が望ましい。

 

☆22年度入試問題の傾向
出題傾向や形式に大きな変更はなかった。合格者平均と全体平均に大きな開きがないので、平易な問題で失点しないこと、難度の高い問題で確実に得点することが求められる。
第1問がZ会の「中学受験コース6年生専科 志望校別予想問題演習 開成」と同じテーマ・形式の出題であった。受講生には有利だっただろう。

 


Z会では、開成中学受験生向けの講座を多数開講中!

 


 

 

 

お問い合わせ

WEBでのお問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

ログインにお困りの方はこちら


お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-79-8739
月~土 午前10:00~午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

会員の方からよくいただくご質問の回答
お電話でのお問い合わせの前に、まずはご覧ください

現在、終日お電話が大変混み合っております。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

0120-35-1039
月~土 午前10:00~午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)