2023年度 大阪大学外国語学部以外 英語

2023年5月12日

カテゴリー : 大学受験

英文和訳、長文読解、英作文の3つの力がバランスよく問われる。

Ⅰは下線部和訳、Ⅱは長文読解、Ⅲは自由英作文、Ⅳは和文英訳の全4題の構成。限られた時間内でさまざまな形式の問題を解かなくてはならないため、各大問にかける時間を意識して解答を進める必要がある。

*分量:変化なし *難易度:変化なし(昨年度比)

 

■概要 (90分、文学部は105分)
* 出題・解答の形式

  • 記述式、客観式混合。

* 特記事項

  • Ⅱの長文読解について、2022年度に引き続き下線部和訳の出題がなかった。
  • Ⅲの自由英作文は、2022年度に引き続き「80語程度」だった。

 

■各問の分析(難易度は阪大受験生を母集団とする基準で判定しています)

Ⅰ(A):英文和訳(人間のエネルギーの源) [やや易]
英文のテーマはわかりやすく、文構造・語彙ともにさほど難解な箇所は見られないが、強いて挙げるならば 1文目の a tenth、the rest や2文目の now that SV の構造を正しく訳せたかがポイント。2文目は、まず主節を訳してから although 節を訳すようにすると、自然で伝わりやすい日本語で表現することができる。
Ⅰ(B):英文和訳(人間の創造性に対する評価) [標準]
Aに比べるとやや内容のつかみにくいテーマだが、文構造はわかりやすい。しかし、訳しにくい箇所が多く見られるので、自然な日本語で表現できるかがポイントである。
1文目の後半、and 以降は「時代によって変化してきた」というニュアンスをしっかりとつかんだ上で、それを損なわないような日本語にしよう。比較表現にも注意。2文目も構造はシンプルだが、日本語にしづらい general fascination や stand out、fuel などの語句を正確に表現できたかで差がついただろう。
Ⅱ:長文読解(色と感情の関係) [やや易]
約730語の論説文で、2021年度、2022年度に引き続き下線部和訳の出題はない。2022年度より小問が1問増えたが、記述量はやや減少している。
(1)の語句言い換え問題は(iii)(ⅳ)(v)が難語だが、文脈から判断し正解したいところ。(2)(3)の下線部が指し示す表現を抜き出す問題は、いずれも該当箇所が直前にあり平易。(4)(5)の記述問題は、いずれも解答該当箇所の特定は容易だが、字数制限がないこともありまとめ方がやや難しかったかもしれない。(6)(7)は本文の内容を理解していれば、容易に正解にたどり着けるはず。
Ⅲ:自由英作文(効率やスピードを追求することの是非) [標準]
2022年度に引き続き、語数指定は80語程度だった。効率化・高速化という現代的で身近なテーマであること、「利点もしくは問題点」いずれか書きやすい方を選択できることを考えると、比較的取り組みやすかったのではないかと思われる。
自分が書きやすい内容を選び、自然かつ適切な論旨展開でミスなく表現できるかどうかがポイントであった点は例年通り。
Ⅳ(A):和文英訳(人々の共通性に目を向けることの大切さ) [標準]
わかりやすいテーマではあるが、「心の余裕を生む」「目を奪われる」などの訳しにくい表現は、自分の知っている語句に読み換えることができるかがポイント。また、2文目は長く論理関係がやや複雑であるので、日本文が意味する内容を正確に矛盾なく表現するのは意外に難しかったであろう。
Ⅳ(B)(イ):和文英訳(海外文学の楽しみ方) [やや難]
2022年度はやや取り組みやすかったが、2023年度は例年通り抽象的で漠然とした日本文であり、以前の難度に戻ったと言えるだろう。
特に第1段落は表面的に訳しても意味が伝わりづらいので、まず日本語で意味を解釈してから英語にする必要がある。第2段落は比較的訳しやすいが、「目に見える世界」「解像度が高くなる」などを知っている英語を使って自然に表現できるかがポイント。
Ⅳ(B)(ロ):和文英訳(文化的・歴史的なものである五感) [標準]
直訳では訳しにくい箇所があるが、日本文自体はわかりやすく、うまく和文和訳さえできれば標準的な文法・語彙で表現が可能。1文目の「個々人の主観的・身体的作用」「文化的・歴史的なもの」や2文目の「によって異なる」などは、特に工夫が必要である。

 

■合否の分かれ目
阪大英語の特徴の1つは、試験時間に対し、多くの設問に取り組まなければいけないことである。2023年度の問題は全体的に標準的な難易度であったため、事前に時間配分も含めた対策をしておき、本番で想定通りに解き進められたどうかが合否の分かれ目であったと言えるかもしれない。また、Ⅱの長文読解は記述量がやや増加したため、ここで時間を使いすぎることなく解き進められたかどうかによっても差がついただろう。

 

■阪大英語の要求
要求① 語彙と文法・構文知識の確立
早い時期に入試標準レベルの語彙と文法・構文をしっかり覚えて、表現力の基礎を培おう。自由英作文のテーマは、具体的なものから抽象的なものまで幅広い。やみくもに書く練習をするのではなく、模範解答の書き取りや熟読、添削を受けた後に自分の解答をリライトするなど、復習を徹底的に行いたい。
要求② 長めの英文に太刀打ちできる速読力と精読力
英文の読解に対して問題量が多い。長文読解では、英文全体のキーワードやキーセンテンスに着目して大まかな流れをつかみつつ、設問に目を通しておき、解く際の根拠となる箇所に印を付けながら読むとメリハリがつき、解答のスピードアップにもつながる。
要求③ 論理的な思考力と表現力
長文読解において内容説明問題は高い頻度で出題される。設問指示に従い、求められている解答を吟味するようにしたい。筋道を立てて解答を考え表現する力は、その他の問題形式にも共通して言えることである。

 

■阪大英語攻略のために
基礎力の完成
基本的な語彙の持つ幅広い意味をふまえながら、それを英訳・和訳で応用する力の基礎を培おう。ただし、そのような力は一朝一夕では獲得できないため、日々の英語学習の中で意識的に身に付けていく必要がある。大学入試必修レベルの単語集による学習を何度も繰り返し行い、いつでも実戦的な問題に取り組めるよう、準備をしておこう。
レベルUP
要求②を満たせるように、阪大形式の内容説明問題や適語選択を含む長文読解に取り組み、練習を重ねよう。また、英文和訳・和文英訳・自由英作文も毎年出題されるため、特定の大問形式に偏ることなくバランスよく演習をすることが大切である。また、必ず過去問に目を通しておくこと。
阪大レベルの演習
ここまでの学習が順調であれば、要求③もある程度は満たされているはず。過去問と、最新の傾向を反映した予想問題などを活用し、総仕上げをしよう。ただし、共通テストも侮らず、確実に高得点を取れるようにしておくことが大切である。共通テスト終了後も決して気を抜かず、最後まで粘り強く勉強を続けられれば、本番当日の自信につながるだろう。

 

 

難関大入試の英語対策はZ会

難関大合格者に支持され続けているZ会の添削指導で難関大水準の英作文力を!

自己採点が難しい英作文を伸ばすには、第三者の良質なフィードバックが近道です。
Z会の英語では、毎月本番さながらの記述課題に挑戦。
プロの丁寧な指導で、難関大合格に必要な「自身の考えを英語で伝える力」が身につきます。
難関大合格に向け、Z会で英語対策をしませんか。

 

◆大学受験生[本科]英語講座について詳しくはこちら

◆高校1・2年生[本科]英語講座について詳しくはこちら

Z会では各大学の入試を分析し、傾向を踏まえ、最適な講座をご提案しています。
難関大の入試対策はぜひZ会におまかせください。

 

◆志望大別推奨講座(大学受験生)

この記事に関連するおすすめ受験・学習情報

大学受験

塾には行かずZ会のみ。慶應義塾大学合格を支えたZ会の添削指導。

私立の難関、慶應義塾大学。長文読解や小論文・記述問題などで多...

続きを読む

大学受験

慶應義塾大学入試から紐解く「総合型選抜」の基本情報

入試制度が多様になる中では、高校生活自体が評価対象になること...

続きを読む

大学受験

【2024年度版】難関大入試の基本情報トップ

受験勉強は、まず「入試を正しく知る」ことからはじまります。受...

続きを読む

大学受験

【2024年度版】慶應義塾大学入試基本情報

合格のカギ 学部別の特徴を踏まえ、バランス良く対策学部ごとに...

続きを読む

大学受験

【2024年度版】早稲田大学入試基本情報

合格のカギ 『早稲田』と一括りにせず、学部別の対策を学部によ...

続きを読む

大学受験

【2024年度版】一橋大学入試基本情報

画像提供:一橋大学 合格のカギ 独特な出題に立ち向かう、専用...

続きを読む

大学受験

【2024年度版】東京工業大学入試基本情報

合格のカギ 質の高い演習で、とにかく理数を極めること理数に特...

続きを読む

大学受験

【2024年度版】九州大学入試基本情報

画像提供:九州大学 合格のカギ 英・数を軸に、特徴的な科目の...

続きを読む

Z会でできる受験対策

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから