教科・講座


国語

筋道を立てて考え、豊かに表現する力を身につけます。

Z会ではすべての教科の土台として国語を重視しています。さまざまな種類の文章に数多くふれることで、的確に文章のポイントがつかめる読解力と、自分の考えを正しく他者に伝えられる表現力を養います。

 

小学生タブレットコースで身につく、国語の3つの力

1. 登場人物の心情を 的確につかむ力

物語文では、登場人物のさまざまな経験や考えを描いた文章を取り上げます。心情を的確につかむ力が身につき、また、お子さまの内面的な世界も広がります。

2. 文章の論理展開を正確につかむ力

説明文では、自然環境や社会活動に関する多様な文章を取り上げます。論理展開をとらえながら読む力が身につき、また、お子さまの興味・関心が広がります。

3. 自分の考えを文章で表現する力

表現の課題では、相手や目的、場面に応じた表現の方法を学びます。実際に使ってみる練習を重ねることによって、自分の意見を自由に書き表すことができるようになります。

【スペシャル問題】長い文章を正確に読む力を鍛える問題も!

通常よりも500字程度長い文章の読解問題を取り上げます。長い文章でも臆せずに読む姿勢や、内容を正確に読み取る力が鍛えられていきます。

算数

算数の「しくみ」を理解し、将来のためのしっかりとした土台をつくります。

試行錯誤しながら新しい考え方を獲得するのが算数の本質的な楽しさであるとZ会は考えます。算数のおもしろさと奥深さを体験しながら柔軟な思考力を養い、中学校の数学に備えます。

 

小学生タブレットコースで身につく、算数の3つの力

1. 試行錯誤して解決する力

仮定を立てて確かめ、うまくいかなければ別の手を考える。試行錯誤を繰り返すことで、見通しを立てる感覚が養われ、粘り強く問題に取り組み解決する力が定着します。

2. 適切な解法を選択する力

問題の着眼点を学び、複数の解き方を知ることで、ひと目見ただけでは解き方がわからない問題でも、要所を見抜き、用いるべき解法を選択する力が身につきます。

3. 筋道を立てて説明する力

答えを出すだけではなく、過程もしっかり考えて表現する学びを通して、きちんとした根拠にもとづいて自分の考えを整理し、そのことをわかりやすく伝える力が育まれます。

【スペシャル問題】知識を新しい考え方に活用する力を鍛える問題も!

これまでの学習をふまえた上で、新しい考え方に出合い、それを活用する問題にも取り組みます。知識を活かせる範囲が広がることで、より深い思考力が養われます。

理科

実験や観察の結果から何が言えるかを説明できる力を身につけます。

理科は自分の身のまわりに潜む「?」を解くカギになる教科。Z会の理科は身近なものを出発点に、お子さまの好奇心を引き出し、科学的なものの見方を養います。

 

小学生タブレットコースで身につく、理科の3つの力

1. 物事の本質を理解する力

実験や身のまわりの現象において、なぜそのようなことが起きたのかを追求する習慣をつけることで、物事の本質を理解する力が身につきます。

2. 一つ先を見通す力

現状を正確に理解し、根拠のある仮説を立て、結果に対する考察を行うことで、筋道を立てて考える力が身につき、一つ先を見通すことができるようになります。

3. 解決策を提案する力

自分のもつ知識や、与えられた条件、周りの状況などをもとに論理的に考えることで、目的を達成するための方法を提案する力が身につきます。

【スペシャル問題】読解力を鍛える問題も!

説明を読み解き、新しい知識や条件を理解する力も養います。得た情報をもとに考察をし、正解を導く過程で、すべての教科や、日常生活においても重要な力が身につきます。

社会

家庭から世界まで視野を広げ、社会について考える土台を作ります。

社会科は、本来自分を取り巻く社会について考えるためのもの。Z会では知識の習得はもちろん、「知識を活用して考えること」と「実際の社会に目を向けること」を重視しています。

 

小学生タブレットコースで身につく、社会の3つの力

1. 資料を読み解いて考える力

地図・写真・年表など、さまざまな資料を読む機会を通して、資料から情報を読み取る力や、得た情報と自分の知識を組み合わせて考える力を身につけることができます。

2. 知識を正しく運用する力

要点から得た知識をほかの知識と結びつけたり、得た知識が文章の中で正しく使われているかどうかを判断したりすることを通して、知識を定着させ、正しく運用できるようにします。

3. 理由・目的・背景を考察する力

現在の状態をもたらした理由や、ものごとが起こった背景など、「なぜ」を考える訓練を通して、理由・目的・背景を考察する力を身につけることができます。

【スペシャル問題】多角的な視点から思考する問題も!

ものごとをさまざまな視点からとらえたり、複数のものを比較検討したりする問題を通して、多角的な視点から思考する力を身につけることができます。

英語

身近な表現を英語で学びながら、4技能をバランスよく伸ばします。

3・4年生では外国語活動が必修化され、5・6年生になると英語は「教科」となり、成績がつくようになります。Z会では、小学生の段階から「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の育成に取り組み、将来につながる「英語運用力」を育成します。

 

小学生タブレットコースで身につく、英語の3つの力

1.「言いたい」を表現する力

ストーリー仕立ての教材で、生活の中でそのまま使える表現を学べます。場に応じた表現がわかると、「言いたい」気持ちが刺激され、英語が口から出てくるようになります。

2. 必要な情報を聞き取る力

英語の聞き取りで大切なのは、必要な情報をおさえること。必要な情報に絞って聞く練習ができる楽しい問題を出題しますので、ポイントをおさえた聞き方が自然と身につきます。

3. 身近なことを英語で書く力

英語の書き方のルールも学習します。日本語との語順の違いを意識しながら自分で英文を書いてみることで、身近なことを「言う」だけでなく、「書く」力も養います。

正しく発音できたかどうかを確認する出題も!

お手本音声を真似して発音すると、どれくらい上手に言えたか判定してくれる発音判定機能付きですので、正しく発音しようとする姿勢が身につきます。自分の発音を聞くこともできますので、お手本音声と聞き比べてみましょう。

総合学習

教科の枠組みを超えた取り組みで、将来につながる多様な力を育みます。

教科学習で身につけた知識を活用したり、普段の学習領域を超えた新たな取り組みに挑戦したりすることで、視野を広げ、思考の論理性や柔軟性を育みます。

小学生タブレットコースで身につく、総合学習の3つの力

1. 資料を読み解いて考える力

要点や確認問題において、新しい知識やさまざまな資料を読む機会を得ることで、情報を読み取る力や得た情報と自分の知識を組み合わせて考える力が身につきます。

2. 課題を発見・解決する力

テーマ学習や問題への取り組みを通じて、実生活や社会における課題と向き合うことで、自ら課題を見つける力とそれを解決していく力が伸びていきます。

3. 相手にわかりやすく伝える力

答えを出すだけではなく、過程もしっかり考えて表現する学びを通して、きちんとした根拠にもとづいて自分の考えを整理し、そのことをわかりやすく伝える力が育まれます。

広い視野から、柔軟に考える力を鍛える問題も!

教科の枠組みを超えたさまざまなテーマの学習に取り組むことで、幅広い知識や柔軟に考える力が身につくとともに、思考や行動の幅が広がります。

プログラミング学習

楽しく学べるデジタル学習で「プログラミング的思考」の土台を築きます。

小学校で2020年度から導入が予定されている「プログラミング教育」に備え、デジタル教材「プログラミング学習 Z-pro」を2020年4月より導入します。

追加費用なしで始められる!

「プログラミング学習 Z-pro」は、年4回配信のデジタル教材です。小学生タブレットコースをご受講中であれば、お申し込み・追加費用不要で取り組めます。

粘り強く考え抜く力を育成

課題を解決するために、手順を整理したり論理的に考えたりしながら試行錯誤を繰り返す中で、「論理的思考力」「問題解決力」「創造力」の3つの力が鍛えられ、「プログラミング的思考」を伸ばす土台が作られていきます。

粘り強く考え抜く力を育成

※「プログラミング学習 Z-pro」は、株式会社Z会と株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの協業により、プログラミング的思考の育成を目指した体験型プログラミング教材です。
※画像は開発中の3年生用の画面です。内容やデザインは変更になることがあります。

 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-79-8739
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-35-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

ログインにお困りの方はこちら

おすすめサービス