<筑駒・男子御三家>オンライン学習コース 4年生

event





【4年生】講座概要

◎対象    :
 筑駒・男子御三家など(*)をめざす小学4年生

(*)灘・桜蔭をはじめとする、以下の全国の最難関中学校受験準備にもご活用いただけます。
駒場東邦 渋谷教育学園渋谷 渋谷教育学園幕張 栄光学園 聖光学院 灘 甲陽学院 東大寺学園 西大和学園 桜蔭 豊島岡女子など

◎開講講座  :
 最難関講座 算数 / 最難関講座 国語

◎開講期間  :
 2024年10月~2025年2月

◎授業時間  :
 105分×全5回
 各講座とも1回あたり105分 

◎授業形態  :
 Web上での一斉受講

◎講座受講料 :
 各14,850円(1回あたり2,970円)(税込) 

※1講座からお申し込みいただけます。
※オンライン学習コースは、受講終了のお手続きをされない限り、小学6年生の講座終了まで自動継続となります。4年生をお申し込みの方は5年生に自動継続いたします。詳しくは、4年生の講座終了までに受講者専用サイトやメールなどでお知らせいたします。

視聴環境の確認について

●実際に授業を視聴するPCで、このページ内の[ダイジェスト映像]を必ずご確認ください。問題なく視聴できれば、視聴環境は満たされています。
●視聴環境の詳細については、申込方法のページ内の記載内容を必ずご確認ください。

受講特典のご案内

【7月15日(月・祝)まで】にオンライン学習コース4年生をお申し込みの方に、夏休みの自宅学習に役立つ特別教材(算数・国語)をプレゼント!

※プレゼントは7月下旬にお届けします。

受講特典

・算数
整数・小数の計算方法の復習と、文章題・図形などの単元演習が各回でセットになった、全30回の問題集です。
今までに学習した内容を復習することで、基礎内容の定着と強化、理解の甘いところや弱点がないかの確認ができます。

・国語
漢字や言葉、文法など、4年生の夏におさえておくべき言語事項を中心とした、全30回の問題集です。
言葉の知識を毎日の学習に取り入れて着実に身につけることで、秋以降の学習に必要となる読解力の基礎を固めることができます。

 

お申込みはこちら 

 

【4年生】授業の流れ[ダイジェスト映像]

オンライン学習コースの授業の様子を映像でご紹介します。

授業の流れについて、詳細はこちらへ

オンライン学習コースの授業の様子を映像でご紹介!
■ダイジェスト映像

 

このダイジェスト映像が問題なく視聴できれば、視聴環境は満たされています。
<本講座をご受講の方は、必ず視聴可能であることをご確認ください>
●視聴環境の詳細については、申込方法のページ内の記載内容を必ずご確認ください。

 

【4年生】講座内容

筑駒、そして、開成・麻布・武蔵の男子御三家。
これらは、望めばだれもがねらえる、という学校ではありません。
通っている小学校では向かうところ敵なしの神童、であってもです。
 
誤解をおそれずに言えば、このような最難関校には厳然たる「受験資格」があり、
高学年で本格的な試験対策を始めるまでに、必ず身につけておかなくてはならないものがある
と、私たちは考えます。
 
それは、「問題を解くための学力」ではなく、「問題に立ち向かう姿勢」 とでもいうべきもの。
 
この姿勢を、お子さまが確実に体得できるよう、
[Z会×エクタス]最難関中学受験プレミアム講座は、
今しかできない、今だからすべき、特別な学びをお約束します。
そしてお子さまがそれぞれの志望校合格へ向かって、最短距離を走り抜けるための下地を作り上げます。
 

◎最難関講座 算数

トライアル&エラーを徹底的に繰り返した先に、「センス」は必ず芽生える。

最難関中学で出題される算数の問題は、4分の3ほどがいわゆる「定石」と呼ばれるような解法・公式に則って解く問題です。しかし残りの問題は、限られた時間の中で、工夫しながら試行錯誤を行うことによってしか解答を得られない問題が出題されます。
多くの塾では、学年が上がるに従って解法・公式を学習する頻度が多くなっていきますが、「最難関講座 算数」では、「提示された条件下で問題と格闘する」経験を通して、解法を教えてもらうという受動的な姿勢ではなく、自ら考え、手を動かして正解の糸口をたぐり寄せるという能動的な学習姿勢、そして「絶対正解を見つける!」という強い意志を育むことを目的としています。

●担当講師  : 滝澤 幹 講師

●指導方針  :
算数の学習では、問題を類型化し、それぞれにふさわしい解法パターンやツール(図やグラフ・表など)の効率的な使い方などを覚えることが中心になってしまいがちです。その結果、「解き方を知らないからできない」という生徒が大勢います。しかし、中学受験に限らずすべての問題は「解き方を知らないからこそ手を使って調べ、考えぬく」ことが重要です。
本講座では、良質な入試問題をベースに小4用にアレンジした問題を使用しています。一筋縄には解けない問題もありますが、すぐ解答を教えるのではなく、適切なヒントによって、生徒自身が、自らの力で正解を導き出す喜びを感じ、また最終的に解法を教わったとしても、なぜそのその解法で正解が導き出せるのかというもやもやが完全に晴れるまで、考え抜く経験をたくさんしてもらいたいと考えています。
●カリキュラム:
ひたすら調べ試行錯誤をくり返す力を育てるために、良質な入試問題を4年生用にアレンジ。4年生の現時点での知識を用いて対応できる「ひたすら試行錯誤する(しかない)」入試レベル相当の問題に挑戦。
※算数の問題は6題程度

カリキュラム_4年算数

※授業内容は変更になる場合があります。

●教材見本  :
 算数 解説映像見本

◎最難関講座 国語

活字を追うことに慣れ、書くことに慣れる。それがすべての出発点になる。

一般的に他塾では、4年生の成績上位者は算数ができる子ばかり。それほど国語が苦手な生徒が多いのです。 なぜか? ひとえにみな、とくに男子は、「活字を読むことに慣れていない」からです。
「最難関講座 国語」の目的は、4年生のうちに「ことばを使いこなす」基盤を築くこと。まず、10,000字超の名文(有名な物語の一部)を講師とともに読み合わせ、テキストを「文字ではなく、文章として読む」方法を伝授。そのうえで、設問の意図を正確に判断し、問題文の切り貼りでなく、自分のことばで答えを書き上げる訓練を繰り返します。

●担当講師  : 小島 浩昭 講師

●指導方針  :
国語では、大きく分けて「読解力・表現力・知識力」の三つの力が必要です。本講座では、読解力・表現力の養成に重点を置きます。筑駒・御三家などの最難関中学に求められるのは、単に文字として読むのではなく、ストーリーはもちろん文章の主題まで考えながら読みこなす力、それを設問の意図に合わせて書き表す力です。このことに鑑み、講座の前期はいわゆる「名作」の「超」長文を一定時間で読み切る練習、後期は実際の入試問題スタイルの問題演習を行います。
●カリキュラム:
国語に必要な(1)読解力(2)表現力(3)知識力のうち(1)(2)の養成に重点を置く。前半2回は10,000字程度の物語を読み合わせた後で、後半はテスト形式で記述問題に取り組む。

カリキュラム_4年国語

※授業内容は変更になる場合があります。

●教材見本  :
 解説映像見本

授業スケジュール

算数授業スケジュール
国語授業スケジュール

算数の配信①~③、国語の配信①・②は同じ内容です。国語は配信①の日程、算数は配信②の日程など、組み合わせてご受講することも可能です。
※各授業の一斉受講の実施日です。一斉受講以降、講師の授業は何度でも視聴・学習できます。
※配信①後の次の平日のAM10:00から、アーカイブを視聴できます。
※授業スケジュールは変更になる場合がございます。


 

お問い合わせ

お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。

Z会幼児・小学生コース 
お客様センター

0120-35-1039(通話料無料)
受付時間 月曜日~土曜日 
午前10:00~午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

メールでのお問い合わせ先:pre-ocha@zkai.co.jp