京都大学 工学部 合格

K. Tさん 国立高校出身

K.Tさんの指導を担当した前原宏平講師(理科1類・2年)

プレアデスの本科受講生として通塾していただき、見事に京大合格を勝ち取ったK. Tさんに、プレアデスでの学習や受験を終えた現時点での心境などについて、思ったこと、感じたことを率直に伺いました。2019年3月、東大合格者の喜びの声をお届けしたいと思います。

―合格おめでとうございます。
K.Tさん ありがとうございます!
 
―まずは今の心境を教えてください。
K.Tさん 嬉しいです。ただ、自分の実力からみると「合格は問題の相性が良かった」と思うところもあり、ほっとしています。
 
―今回の試験の感想を教えてください。
K.Tさん 最後の京大模試(冬の京大本番プレテスト)の時より、国語・英語・化学は手応えがありました。数学の問題は、京大としては標準的(むしろ易しめ)だったと思いますが、問題の中には検算しても合わないものもあり少し戸惑いました。時間配分でみすをしてしまったと思います。物理では出題されないと予想していた「波動」の問題が出て少し焦りましたが、解答可能な問題を見つけて何とか取り組みました。
 
―京都大学を志望された理由を教えてください。
東京大学を考えたこともありましたが、京都大学では1回生から専門の分野に触れる機会の多さが決め手となりました。また、京都大学は化学の分野で世界的な評価が高い(東大と張り合っている)ことも魅力的に感じました。
 
―集団塾と個別塾がある中で、どうして個別指導を選んだのですか?
K.Tさん 一対一で丁寧に指導してもらえるので、疑問点などをその場で質問できるからです。また、自分のスケジュールの管理をサポートしてもらえる点、自分の弱点に焦点を絞って教えてもらえる点も魅力的です。
 
―個別指導の中で、プレアデスを選んだ理由はなんですか?
K.Tさん 僕は地方在住で、オンラインで質の高い授業を受けられると思ったからです。オンライン授業は、パソコンの画面を通してなので、適度に先生と距離が置けて、分からなくても分かった反応をしなければならないというプレッシャーを感じないですむ一方で、一対一の個別指導で集中力を保てたところが自分に合っていました。
 
―プレアデスの授業を受けるときに意識していたことはなんですか。
K.Tさん 分かったふりをするのではなく、分からないことはちゃんと質問できるようになるべく「素の自分」を出すようにしていました。また、自分にとって必要なことは何かを意識しながら授業を受けるようにしました。
 
―受験生活をふりかえって、受験勉強で大切だと思うことはなんですか?
K.Tさん 志望校決定が遅いと,同じくらいの学力でも受かる確率が低くなってしまうと思います。早めに志望校を定め、ブレないで突き進むのが大切だと思います。
 
―後輩に向けて一言お願いします。
K.Tさん 問題・出題形式に慣れることが大事だと思います。過去問には早い時期に一度目を通し、高3の夏以降からは本格的に数多く取り組みました。京大の出題形式になれることができれば、本来の学力以上の点数が出ると思います。基礎学力も疎かにできません。京都大学を目指すのであれば、暗記量ではなく本質を理解しながら取り組めばよいと思います。
 

OTHER SCHOOLS