「京大日本史」指導担当者による受験対策アドバイス(2020年夏編)

今年は休校期間があったことにより学校の授業が遅れており、日本史の学習が十分に進んでいない人も多いかと思います。そこで、Z会の京大コース担当者が、2020年夏の「京大日本史」の学習ポイントをご紹介。休校もふまえた合格から逆算した「この夏の到達目標」「この夏にやるべきこと」を解説します。

 

この夏の到達目標 -京大日本史攻略のために-

1)全時代・全分野を通して、基礎知識を習得する

京大日本史では例年、70問の単答記述問題(年度によっては短文記述問題も出題される)と、200字の論述問題が2問出題されます。毎年、幅広い時代・分野から満遍なく出題されるので、全時代・全分野にわたる知識と、それを正確に書ける力が必須です。昭和戦後史や文化史の出題も多く見られるので、漏れのないよう学習することが大切です。

 

2)論述問題対策を始める

論述問題は、一朝一夕で書けるようになるものではありません。まずは、論述問題に慣れることが大切です。

 

この夏にやるべき「京大日本史」受験対策

1)全時代・全分野を一通り学習する

既習範囲については、基礎知識を定着させるため、しっかりと復習をしましょう。定着度合いをはかるために、分量が少ない問題集に取り組み、1冊仕上げるのもよいでしょう。

未習範囲については、教科書を一通り読み、大きな流れと、重要語句を押さえましょう。

未習部分が多い、独学で教科書を読み進めるのに不安があるという人におすすめなのが、Z会の通信教育[本科]京大コース『夏の厳選&速習特別号』(※最終申込〆切は8/29(土)です)です。

3月〜8月号の中から厳選した添削問題に加えて、押さえておきたいポイントをまとめた「必修テーマ」と、ベテラン講師による「必修テーマ」の解説講義映像もついているので、独学でも効率よく学習することができます。

京大日本史では史料問題も出題されます。未見史料も必出で、史料読解力を要する出題もありますが、史料に関連する事項や、史料中の語句に関連した出題も多く見られます。史料中のキーワードに気づき、具体的な歴史事項と結びつけるには、やはり知識が重要です。

この夏に、全時代・全分野の基礎知識を押さえる学習をしておくことで、秋以降の入試の出題形式・内容を意識した実戦的な演習の土台を作っておきましょう。

 

2)論述問題に取り組む

京大日本史で出題される論述問題では、単純な事項説明ではなく、歴史事象の展開・変遷や、複数の事象の比較などが問われます。

最初から200字の論述問題に取り組むのではなく、まずは、少ない字数で、また事項説明のような書きやすいテーマでかまいませんので、実際に自分の手で、設問要求に応じて解答に盛り込む要素を取捨選択し、指定字数以内にまとめる練習をしましょう。

論述問題では、採点者に伝わる文章になっているかどうかも重要です。添削を受けるなどして改善点を明らかにし、論理的な解答にまとめる力も養っていきましょう。

 

Z会の京大受験対策講座

Z会なら、ご自宅で万全の京大受験対策ができます!

京大の先輩からのおすすめコメントをご紹介!

◯Z会の添削問題は、難易度の高い問題や自分では採点しにくい問題に取り組むことができ、とても役立ちました。(京都大学総合人間学部2回生)


◆[本科]志望大別コース
大学受験生向け講座[本科]は、毎月の学習で実戦力を高めていく講座です。入試本番を見据えた志望大別の内容で、得点力を磨きます。


    ◆[特講]過去問添削 京大
    「やりっぱなし」になりがちな過去問演習に「添削」をプラス。Z会だからこその正確な採点&適切なアドバイスで、合格に向けてやるべきことが明確になります。


      <科目担当者からのメッセージ>

      日本史は、最後まで伸びる科目ですが、分量が多いので学習を後回しにすると、「まだ勉強が終わっていない時代がある」となりかねません。夏の間に、スキマ時間も上手に使って、コツコツ学習していくことをおすすめします。

      CVエリア

      「Z会の通信教育」では、東大・京大受験生向けの講座を多数開講中!

      無料の資料請求も受付中!