本科 京大コース 日本史

幅広い知識と、迅速かつ正確に解答をまとめる論述力を養成 京大日本史は、史料問題を含む多数の単答問題と200字論述2問から構成されます。攻略のカギは、全時代・全分野にわたる幅広い知識と、迅速かつ正確に解答をまとめる確かな論述力。本講座では、膨大な出題範囲の中から入試で出題されやすい内容を厳選したカリキュラムで、効率よく知識の定着をはかります。また、入試で差がつきやすい史料問題と論述問題を年間を通して出題し、確実に得点を積み上げる答案作成力を養います。

【講座について】

教材

添削指導

合格までの戦略

 

教材

例:必修テーマ

「必修テーマ」で、入試問題を
正しく読み解くための方法論を学ぶ

入試では、単元をまたいだ分野融合問題が頻出。このため、単元学習で得た知識を、分野にとらわれずフル活用する力が求められます。
 
そこでZ会は緻密な入試分析にもとづき、単元を超えた独自の切り口で重要ポイントを整理した解説テキスト「必修テーマ」を用意。最初の6カ月で、入試の出題意図に共通する「根本的な考え方」を、詳しく手ほどきします。問題を解く前に必修テーマに取り組むことで、単元学習で得た知識を入試で応用する力が身につきます。
 
日本史では、教科書の内容を理解しやすい形にまとめ直した「知識整理」と、視覚的に整理した「図表」。必要な知識を適切な形で定着させ、入試問題に対応できる実戦的な知識力を養います。

【各月の必修テーマ】

「必修テーマ」は、3月〜8月までの添削問題に収録されています

 

添削指導

苦手・理解不足なポイントを
示した上で、解答作成の指針を伝授する

添削指導では、解答ごとに誤り・減点理由を示した上で、出題された時代・テーマのうち、どの部分の理解が不足しているのかといった、全体的な視点からアドバイス。さらに、解答作成の指針も伝授します。

 

減点理由や足りない要素をアドバイスした上で、一人ひとりの答案に沿って、高得点がとれる解答の指針・表現を伝授します。

 

合格までの戦略

3段階学習プログラムで、
段階的に力を引き上げる

入試本番から逆算して、合格に必要な力を段階的に身につけられる学習プログラムを設定。各時期の学習目標や日本史の特性を踏まえた教材と指導で、着実に力を志望大入試レベルに引き上げ、合格へと導きます。
 

3月〜8月:実戦トレーニング期 9月〜12月:実戦演習期 1月〜2月:直前演習期

実戦トレーニング期

この時期の学習の流れ

各時代の政治・外交・経済・文化の
つながりを複数の視点から考察

実戦トレーニング期では、各時代における政治・外交・経済・文化の関連性を把握する、「線」での理解を定着させます。
  • 必修テーマは、「知識整理」と「図表」で構成。教科書の記述から視野を広げた歴史のとらえ方を学び、入試で問われる視点を身につけます。
  • さらに、必修テーマの「実力アップ」では、問題の解き方をレクチャー。各時代で出題されやすい問題形式に焦点を当てた解法で、入試に対応できる力を養います。

実戦演習期

この時期の学習の流れ

複数の時代・分野をまたいだ出題で、
「面」での理解を強化する

実戦演習期では、実戦トレーニング期で把握した時代ごと・分野ごとの特徴を踏まえ、知識の関連づけを強化します。添削問題では、複数の時代・分野をまたいだ出題で、歴史事項の関連性を把握し、様々な角度から歴史をとらえる力を養成。あらゆる形式・難易度の問題に対応できる応用力を鍛えます。添削指導では、減点理由や解答に足りない要素を示し、解答作成の指針を伝授します。

直前演習期

この時期の学習の流れ

入試の特徴・傾向を踏まえた問題で、
合格力を高める

直前演習期では、入試の特徴・傾向に沿った形式の出題で、実戦演習期までに身につけた知識を応用し、答案に表現する力を強化します。入試本番を想定した問題で解法を伝授し、日本史対策の総仕上げを行います。
 

お問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

Z会MyPage

ログインにお困りの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

通話料無料

0120-65-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

通話料無料

0120-75-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)