大学入学共通テスト基本情報

まずは、大学入学共通テストの制度を理解するところからはじめましょう。令和5年度試験の出題科目・時間割・出願から合格発表までの流れなどについて整理します。

令和5年度共通テストの教科・科目

※受験教科・科目は、各大学が定めるので、各大学の要項にて必ず確認してください。

◆国語

出題科目 国語                           
解答時間・配点 80分・200点
科目選択方法

◆地理歴史・公民

出題科目 世界史A/世界史B/日本史A/日本史B/地理A/地理B  
現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済
解答時間・配点 1科目:60分・100点
2科目:120分・200点
科目選択方法 10科目から最大2科目を選択※1※2

※1:地理歴史においては、同一名称のA・B出題科目、公民においては、同一名称を含む出題科目同士の選択はできない。
※2:地歴・公民の受験する科目数の選択方法は出願時に申請するものとする。

◆数学(グループ①・グループ②)

出題科目 ①:数学I/数学I・数学A
②:数学II/数学II・数学B/簿記・会計/情報関係基礎    
解答時間・配点 ①:70分・100点
②:60分・100点
科目選択方法 ①:2科目から1科目選択
②:4科目から1科目選択※3

※3:数学グループ②の各科目のうち『簿記・会計』『情報関係基礎』の問題冊子の配付を希望する場合、出願時に申請する。

◆理科(グループ①・グループ②)

出題科目 ①:物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎
②:物理/化学/生物/地学
解答時間・配点 ①:2科目で、60分・100点
②:1科目の場合、60分・100点 / 2科目の場合、120分・200点
科目選択方法

8科目から、次のいずれかの方法で選択※4※5

A:理科①から2科目選択
B:理科②から1科目選択
C:理科①から2科目および理科②から1科目選択
D:理科②から2科目選択

※4:理科の受験する科目の選択方法は出願時に申請するものとする。
※5:理科①については、1科目のみの受験は認めない。

◆外国語

出題科目 英語/ドイツ語/フランス語/中国語/韓国語
解答時間・配点 英語:リーディング80分・100点、リスニング30分・100点  
その他:筆記80分・200点
科目選択方法 5科目から1科目選択(リスニングは英語のみ)※6※7

※6:外国語の各科目のうち『ドイツ語』『フランス語』『中国語』『韓国語』の問題冊子の配付を希望する場合は、出願時に申請する。
※7:外国語において『英語』を選択する受験者は、原則として、リーディングとリスニングの双方を解答する。

 

令和5年度共通テストの形式

主として多肢選択による客観式の検査方式により出題され、解答はマーク方式。

 

令和5年度共通テストの検定料

払込期間 2022年9月1日(木)~10月6日(木)
検定料 3教科以上受験:18,000円
2教科以下受験 12,000円
成績通知手数料(※希望者のみ) 800円

 

令和5年度共通テスト当日の時間割

時間割を見てわかるように、5教科7科目以上を課す学部・学科を受験する場合、長丁場になることを知っておきましょう。

◆第1日

(2科目受験の場合)9:30~11:40※1
(1科目受験の場合)10:40~11:40
地理歴史・公民
13:00~14:20 国語
15:10~16:30 外国語【筆記】
17:10~18:10※2 外国語【リスニング】(『英語』のみ)

※1:「地理歴史、公民」の試験時間において2科目を受験する場合は、解答順に第1解答科目及び第2解答科目に区分し各60分間で解答を行うが、第1解答科目及び第2解答科目の間に答案回収等を行うために必要な時間を加え、試験時間は130分とする。 なお、第1解答科目と第2解答科目の間の10分間は答案の回収、解答用紙の配付を行うため、受験者は着席が必要で、トイレ等での一時退室はできない。
※2:リスニングは、音声問題を用い30分間で解答を行うが、解答開始前に受験者に配付したICプレーヤーの作動確認・音量調節を受験者本人が行うために必要な時間を加え、試験時間は60分とする。

◆第2日

9:30~10:30※3 理科①               
11:20~12:30 数学①
13:50~14:50 数学②
(2科目受験の場合)15:40~17:50※4
(1科目受験の場合)16:50~17:50
理科②

※3:理科のグループ①については、2科目を受験するものとし、1科目のみの受験は認めない。 なお、解答する科目の順序、解答時間の配分は自由。
※4:「理科②」の試験時間において2科目を受験する場合は、解答順に第1解答科目及び第2解答科目に区分し各60分間で解答を行うが、第1解答科目及び第2解答科目の間に答案回収等を行うために必要な時間を加え、試験時間は130分とする。 なお、第1解答科目と第2解答科目の間の10分間は答案の回収、解答用紙の配付を行うため、受験者は着席が必要で、トイレ等での一時退室はできない。

 

令和5年度共通テストの出願から合格発表までの流れ

受験案内の入手、出願から合格発表までの流れを、注意すべき点とともに整理します。

受験案内の入手 9月1日(木)より、希望者に「受験案内」が配付される。
出願 受付期間は9月26日(月)~10月6日(木)(消印有効)。
現役生は学校経由で出願する。
登録内容の確認 10月下旬までに「確認はがき」が送られ、志願票記入事項の登録内容についての照合確認をする。
受験票などの到着 12月中旬までに「受験票」などが送られてくる。
受験の準備 受験に必要な準備を行う(例年だと、受験票・写真票への写真の添付など)。指定された試験会場へのルートも必ず確認しておこう。
本試験実施

1/13以降の最初の土曜日及び翌日の日曜日に実施される。

2023年1月14日(土)・15日(日)

正解等の発表 試験問題、正解・配点は、大学入試センターのホームページにて、試験実施後速やかに発表される。
平均点等の中間発表 2023年1月18日(水)(予定)
得点調整実施の有無の発表 2023年1月20日(金)(予定)
追試験実施 2023年1月28日(土)・29日(日)
平均点等の最終発表 2023年2月6日(月)(予定)
成績通知書の到着 出願時に希望した受験者には2023年4月3日(月)以降に共通テストの成績通知が送付される。

 

Z会の共通テスト対策

Z会では、大学入学共通テストを分析し、傾向と対策をまとめています。共通テスト対策にぜひご活用ください。

 

高3生向け Z会の共通テスト対策講座

◆[専科]共通テスト攻略演習
共通テストの傾向をふまえた教材に取り組みます。毎月の演習で、基礎固めから最終仕上げまで段階的に対策を進められます。


◆[Z会の映像]共通テスト対策映像授業
「授業」を中心に学習を進めたい方におすすめ。Z会精鋭講師陣による質の高い解説講義(映像授業)で、共通テストの攻略ポイントを学びます。

 

外部リンク(大学入試センターのページ)

大学入学共通テストQ&A

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから