指導担当者による大学入学共通テスト対策アドバイス


Z会では、初年度の試験はもちろん、試行調査の問題も含めて継続的に分析を行い、「共通テストで求められる力」「必要な対策」を見出してきました。この特集では、そんなZ会が公開してきた記事をご紹介。センター試験と共通テストの違いや、共通テストの科目別対策法などを解説した記事をぜひご覧ください。

共通テストの全体像

大学入試をめざすとき、多くの受験生が挑むのが大学入学共通テスト(以下、共通テスト)です。2020年までおこなわれていた大学入試センター試験(以下、センター試験)にかわって今春から取り入れられ、48万4000人あまりが受けました。ここでは、共通テストの全体像を確認してみましょう。(「Z会の通信教育」中高事業本部大学受験指導課課長 中村一貴)

共通テストでは、「思考力」や「知識を活用する力」が求められる

共通テストが導入された背景にはこれからの世の中の変化を見すえ、高校や大学での学びのあり方を見直す大学入試改革の流れがあります。従来のセンター試験での観点に対し、受験生の思考力や判断力、表現力をより適切に問う出題に改めようと検討が進められました。

当初は国語と数学で記述式で解答する問題を盛り込んだり、英語で民間の資格・検定試験を活用したりする考えでしたが、これらの実施は見送られました。一方、複数の資料を結びつけて考察したり、学習した知識を日常生活のなかで活用したりする力をはかるなど、出題の内容そのものは大きくかわりました。

共通テストは国公立大入試には必須、私大入試でも共通テスト利用が増加

国立や公立の大学を志望する受験生にとって共通テストは基本的に必須で、最初の「関門」と位置づけることができます。一般選抜の場合、大半の国公立大学では共通テストの結果と、各大学が実施する個別試験(2次試験)の合計で合否が判定されます。共通テストの成績で第1次段階の選抜をおこない、一定のラインをクリアしないと個別試験を受けられないという大学もあります。

私立大学をめざす受験生にとっても共通テストは重要です。さまざまな形態の入試がおこなわれ、たとえば一般選抜と共通テストを利用する入試の両方を実施する私立大学も少なくありません

また、学校推薦型選抜や総合型選抜など一般選抜以外でも、共通テストを受けて一定の基準をクリアすることを求める大学もめだちます。

共通テストは現中3の受験時に大きな変更を予定

共通テストが次に大きく変化するのは2025年で、この春から中3になった生徒らがはじめて受験することになりそうです。2022年4月から高校で新しい学習指導要領が全面実施されることから、その内容に沿うかたちに共通テストも刷新。新指導要領で新たに設けられる教科の「情報」が追加され、地理歴史・公民では科目編成が見直されます

中高生のみなさんは共通テストに対応できる力をしっかり身につけることを目標に掲げ、その実現をめざしてほしいと思います。

※この文章は「朝日中高生新聞」に掲載されています。

【教科別】指導担当者による共通テスト対策アドバイス

(new) 英語筆記  (new) 英語リスニング  (new) 数学  (new) 国語 
理科  地歴公民 

共通テスト対策アドバイスに関する新着記事一覧

「共通テスト対策アドバイス」その他の記事を見る
 

Z会の共通テスト対策講座

◆[専科]共通テスト攻略演習
共通テストの傾向をふまえた教材に取り組みます。毎月の演習で、基礎固めから最終仕上げまで段階的に対策を進められます。


    ◆[Z会の映像]共通テスト対策映像授業
    「授業」を中心に学習を進めたい方におすすめ。Z会精鋭講師陣による質の高い解説講義(映像授業)で、共通テストの攻略ポイントを学びます。

      Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから