難関大学 新大学入試についての最新情報【随時更新】

難関国公立大の新大学入試についての最新情報
難関国公立大の新大学入試についての最新情報

2019年12月17日、文部科学大臣より、当初予定していた、2021年1月からの大学入学共通テストでの数学と国語の記述式問題導入を見送るとの発表がありました。
また、2020年1月29日、数学と国語の試験時間について、正式な発表がありました。

文部科学大臣発表(2019/12/17)

・当初予定していた2021年1月からの大学入学共通テストでの数学と国語の記述式問題の導入を見送る

大学入試センター発表(2020/1/29)

・2021年1月実施の大学入学共通テストの数学と国語の試験時間を公表。

【国語】全問マーク式で実施。試験時間80分(導入前の発表では試験時間100分、2020年度センター試験では80分)
【数学I 数学I・数学A】全問マーク式で実施。試験時間70分。(導入前の発表では試験時間70分、2020年度センター試験では60分)

 

また、2019年11月1日、文部科学大臣より、2021年度以降の大学入試「大学入試英語成績提供システム」を使用した英語資格・検定試験の実施を見送るとの発表がありました。

  大学入試センター発表(2019/11/15)

大学入学共通テストの英語の配点や出題方法について、今年6月に示した以下の方針を変更せず実施する、と発表しました。

【配点について】
・現行のセンター試験の英語
「筆記」200点、「リスニング」50点 計250点満点
・大学入学共通テスト
「リーディング」(筆記から名称を変更)100点、「リスニング」100点 計200点満点

【出題について】
発音、アクセント、語句整序等を単独で問う問題を出題しない

大学入試センターホームページ

 

これにより、大学入試改革の2つの柱の実施が見送られることになりました。それを受けて、各大学が新大学入試について発表している内容を順次更新・公開していくと思われます。本ページでは、難関大学から発表があり次第、順次その内容を公開していきます。

 

●東京大学

2021年度(令和3年度)の一般選抜では、英語資格・検定試験結果を活用しない。(2019年11月)
 東京大学ホームページ

 

●京都大学

一般選抜で、英語資格・検定試験結果活用しない
大学入学共通テストの英語を受験した出願者にCEFRのA2以上の英語運用能力を有することの確認はしない。(2019年11月)

 京都大学ホームページ

 

北海道大学

令和3年度入試(令和2年度実施)及びそれ以降の入試では、文部科学省及び大学入試センターによる英語認定試験活用方針等が定まるまでの間、一般選抜での独自の活用は行わない。(2019年11月)
 北海道大学ホームページ

 

筑波大学

大学入学共通テストの英語の成績に、英語資格・検定試験結果を活用した加点を行わない
筑波大学独自に英語資格・検定試験結果の提出を求め、出願資格として利用したり、個別学力検査等の成績に加点したりすることもしない
大学入学共通テストの点数(200点)のみを用い、リーディングの成績(100点満点)の1.6倍(160点満点)とリスニングの成績(100点満点)の0.4倍(40点満点)を合計して用いる(200点満点)(2019年11月)

 筑波大学ホームページ

 

東京工業大学

一般選抜の英語の配点について、筆記試験を150点満点とし、英語資格・検定試験結果活用しない
英語資格・検定試験成績を出願資格としない(2019年11月)

 東京工業大学ホームページ

 

一橋大学

・大学入学共通テス国語の記述式問題の配点を発表。
・令和 2(2020)年度一般選抜での英語資格・検定試験の用見送り(2019年11月)

 一橋大学ホームページ

 

名古屋大学

英語の試験に関する国の新しい方針が決まるまでは英語資格・検定試験結果の活用を見送り。
一般入試及び推薦入試の全志願者にCEFRのA2レベル以上に相当する英語力を出願資格として求めない(2019年11月)

 名古屋大学ホームページ

 

大阪大学

一般選抜に英語資格・検定試験結果を活用しない
出願要件として用いることや、加点等も行わない
(2019年11月)

 大阪大学ホームページ

 

神戸大学

一般選抜に英語資格・検定試験結果を出願要件として活用しない(2019年11月)
 神戸大学ホームページ

 

広島大学

英語資格・検定試験結果を出願要件として活用しない
ただし、「広島大学が指定する英語民間試験」を受験し、CEFRの相当レベルがB2以上の場合、大学入学共通テストの外国語(英語)の得点を満点とみなす。(2019年11月)

 広島大学ホームページ

 

九州大学

一般選抜において、出願資格として「大学入試英語成績提供システムの成績」を利用することとしていたが、取りやめる。
令和2年度(2020 年度)入学者選抜と同様の取り扱いとする。(2019年11月)

 九州大学ホームページ

 

早稲田大学

【政治経済学部】
一般入試で英語資格・検定試験結果をを活用しない。
以前公表時より、配点や学部試験の時間を変更。(2019年11月)

 早稲田大学政治経済学部ホームページ

 

引き続き、難関大学からの発表等がありましたら、本ページを更新してまいります。

 

お問い合わせボタン

 

~最新の情報をお届けします~

ミライ研究室専用LINE、Z会の無料メールマガジンで最新の情報をお届けします。