新大学入試最新情報_北大まとめ

新大学入試初年度をまもなく迎えますが、どういった点が変更になるのでしょうか。北大の変更点についてまとめていきたいと思います。

 

【変更点】試験名称の変更

新大学入試の特徴である、一般選抜・総合型選抜の変更。一般入試→一般選抜、AO入試→総合型選抜へ名称変更。

 

【変更点】新型コロナウイルス感染症への対応

一般選抜の追試験を予定。(対象:新型コロナウイルス感染症に罹患又はその疑いがあった者のみ)

2021年3月 22 日(月)に実施し、同年3月 26 日(金)(予定)に合格者を発表。他、詳細につ いては、2020年 10 月2日(金)公表予定の「令和3年度一般選抜学生募集要項」にて公表。

 

●2021 年大学入学共通テスト「外国語(英語)」の配点は、リーディング 100 点満点とリスニング 100点満点の合計得点 200 点満点に、各募集単位で定めた傾斜率を乗じて利用。
●2021 年大学入学共通テスト「国語」の配点は、200 点満点に各募集単位で定めた傾斜率を乗じて利用。
●2021 年大学入学共通テスト「数学」の配点は、200 点満点(2科目の素点合計)に各募集単位で定めた傾斜率を乗じて利用。

 

【変更点】歯学部:一般選抜

・個別試験前期日程に面接が追加。配点75点
後期日程廃止

 

【変更点】歯学部:総合型選抜(旧AO入試)

・センター試験を課さない選抜から、共通テストを課す選抜へ変更。

 

【変更点】医学部:総合型選抜(旧AO入試)

・1次:調査書、個人評価書、自己推薦書、諸活動の記録
2次:課題論文、面接、センター試験の成績
から、
1次:調査書、コンピテンシー評価
2次:課題論文、面接、コンピテンシー評価、共通テストの成績
に変更。
※コンピテンシー評価は、「学習活動」及び諸活動について、医学部医学科が求める資質及び能力をもった人物を選抜するという観点から評価する。高等学校等の教員が多段階評価のうえ、Webから入力することとなる。
※自己推薦書及び諸活動の記録の提出はなくなった訳ではなく、第2次選考の面接に関する参考資料として提出が必要。

 

【変更点】理学部 地球惑星科学:総合型選抜(旧AO入試)

・センター試験を課さない選抜から、共通テストを課す選抜へ変更。
・第2次選考の課題論文を論理性と判断力を問う総合問題に変更

 

【変更点】水産学部:総合型選抜(旧AO入試)

・センター試験を課さない選抜から、共通テストを課す選抜へ変更。
・第2次選考の課題論文を廃止、面接のみに変更。面接では、英語、数学、理科について、 高い理解力を有しているか問う他、目的意識、積極性(意欲)、実行力、協調性、コミュ ニケーション能力等を問う。

 

新大学入試の大きな特徴として、「大学入学共通テストへの変更」「一般選抜、学校推薦型選抜、総合型選抜の実施」があります。特に「学校推薦型選抜、総合型選抜」については、従来の推薦、AO入試で問題のあった基礎学力の確認について「大学入学共通テストを課す」大学が増えていきます。今回の変更により、北大の総合型選抜はすべて「大学入学共通テストを課す」ことになります。

北大を志望される方は、北大のホームページや、入試選抜要項などをしっかりと読んでおきましょう。

 

 

お問い合わせボタン

 

~最新の情報をお届けします~

ミライ研究室専用LINE、Z会の無料メールマガジンで最新の情報をお届けします。

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから