夏休みは復習×基礎固めが大事!_2017.6

夏休みは復習×基礎固めが大事!

夏休みは部活やイベントで何かと忙しく、つい、勉強を後回しにしてしまいがちです。
しかし、夏休み明けからは、1年の中でも最も学習量が多く、また大切な内容を学習する期間なので、夏休みの間に今までの学習内容をしっかり復習をして基礎を固めて、準備をしておきましょう。どんな準備をしたらよいのかを、Z会が伝授します。

 

◆「復習」ってどんな効果があるの?

効果1 知識の定着に役立つ
人は一回覚えたことでも、時間がたつとどんどん忘れていってしまいます。
知識をしっかり定着させるためには、一度学習したことを何度も反復することが効果的です。
復習をすると、すでに覚えている知識をよりしっかりと定着させられるだけでなく、すでに忘れてしまっていることを再認識し、改めて覚え直すこともできます。

効果2 “あやふやなところ”をつぶせる
学習直後は、きちんと理解できていなくても、なんとなく正解できてしまうところがあります。
しかし、時間をあけてもう一度解き直してみると解けない…という“あやふやなところ”は要注意です。
ここを確実に理解すれば、同じ間違いを繰り返さないようになります。

効果3 バラバラの知識が整理整頓される
学習直後や、初めて問題を解いたときには、一つひとつの知識が頭の中でバラバラの状態になっていることがよくあります。
しかし、時間をおいて見直すことで、いろいろな知識の相互関係が理解でき、知識が整理された状態になります。

 

◆「復習って大事だ」と思った瞬間

みなさんは普段からきちんと復習できていますか?
Z会員の方に、復習について「やってよかった」体験、「やらずにいて困った」体験について聞いてみました。

 

復習しておいてよかった!

復習してなくて困った!

 

◆効率よく復習して基礎力固めをしよう

「復習をしよう!」と思うとつい全部の教科、全部の範囲をやりたくなるもの。
しかし、それを無計画にやり始めてしまうと、効率が悪かったり、気持ちだけが先行して息切れしてしまったりして、本当に必要なことができないまま夏休みが終わってしまった…なんてことになりかねません。復習する上で大切なのは、やるべき教科・単元の優先順位をつけて取り組んでいくことです。

今、Z会の資料請求をすると夏限定の問題集がもらえます。
短期間で復習できるように、英語・数学・国語の主要3教科の中で夏の間に復習してほしい分野を厳選しています。現在すでに会員の方はZ会MyPageまたは中高アプリからご覧いただけますので、ぜひこの機会に取り組んでみてください。
効率よく復習して、より有意義な夏休みを過ごしましょう!

 

◆夏の学びスタートキャンペーン実施中

キャンペーン期間は6/1(木)~8/31(木)まで。今すぐご請求ください!

中学生の方向け
英数国の1学期の復習が短時間でできる
学年別「夏ドリル 英数国」

学年別「夏ドリル 英数国」

 

英語・数学・国語のうち、夏休み前までに学習した「これだけは押さえておきたい」題材を取り上げています。
夏の間に取り組むことで、復習を効果的に進めることができます。

高校生の方向け
一回5分、大学入試への基礎固め!
学年別「大学入試基礎のキソドリル」

学年別「大学入試基礎のキソドリル」

高校生の今、大切なことは、基礎となる部分を身につけておき、本格的な応用問題や本番の入試問題を土台を築くこと。
高1・2年生のうちに基礎をどれだけ確実にしておくかによって、これからの伸びが左右されます。

◎夏休みに1学期の総復習をしておくことが大事!
苦手ができやすい2学期。すでに1学期に習った単元で苦手のある人は、それを残したまま2学期を迎えるのは危険です。
忙しい毎日の中で、さらに苦手がどんどん大きくなってしまいます。

夏休みのうちに1学期の総復習に取り組み、苦手を徹底的につぶすとともに、まわりに差をつける実力を育みましょう。

夏休みを有効に使って、実力をつけていくことで新学期からの学習にも必ず役立ちます。
しっかり復習して夏休み明けの最初の登校日にすがすがしい朝を迎えましょう!

お問い合わせボタン

 

~最新の情報をお届けします~

ミライ研究室専用LINE、Z会の無料メールマガジンで最新の情報をお届けします。