■第4回:『崩壊する新聞』を読んで

2015年11月20日

カテゴリ: 特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

『崩壊する新聞』を読んで

黒薮哲哉『崩壊する新聞』(花伝社)を読む。

内容は、再販制度をめぐるアレコレや、押し紙問題などについて。

再販制度のアレコレをめぐる新聞社側の主張だが、戸別配達制度の維持、というより、専売店制度の維持という側面が強いらしい。専売店制度を維持する限り、メーカー=新聞社側が、パワーを行使できる、という意味で。

これ、街の電器屋さんとヤマダ電機にたとえるとわかりやすい。街の食料品店とイトーヨーカ堂でもイメージできるか。

もちろん、街の電器屋さんや食料品店が、新聞における専売店さん。

街の電器屋さんや食料品店の時代は、メーカーのほうが圧倒的にパワーを持っていたけど(「卸しているのだから、値段はこっちの言うとおりにね」)、巨大な小売チェーンが出てきた結果、パワーはそっちに移りましたよね(「顧客をより知っているのは我々だし、大量に売っているのだから、この卸値でこのスペックの商品を、メーカーさん作ってね」)。

上記のようなパワーシフトを避けたい気持ちはよくわかるのだが、時代の流れとして、専売店的なものがいずれ廃れるのは、間違いないような気もする。だとしたら、古い構図を守ることに注力するよりも、新しい構図に備えておいたほうがいいのではないか。

「押し紙問題」については、コラム「第二回:『日米決戦下の格差と平等』を読んで」で「幽霊人口」のことを書きましたが、それに似た構図がある、と感じましたね。

この記事に関連するおすすめ受験・学習情報

『まやかしだらけのプライベートブランド』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第18回:『まやかしだらけのプライベートブランド』を読んで

巷に溢れるプライベートブランドには注意せよ!という警告本のよ...

『百年前の私たち 雑書から見る男と女』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第17回:『百年前の私たち 雑書から見る男と女』を読んで

石原千秋『百年前の私たち 雑書から見る男と女』(講談社現代新...

『滝山コミューン一九七四』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第16回:『滝山コミューン一九七四』を読んで

原武史『滝山コミューン一九七四』(講談社)を読む。 著者の体...

『虚罪――ドキュメント 志布志事件』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第15回:『虚罪――ドキュメント 志布志事件』を読んで

朝日新聞「志布志事件」取材班『虚罪――ドキュメント 志布志事...

『「エコ罪びと」の告白』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第14回:『「エコ罪びと」の告白』を読んで

フレッド・ピアス『「エコ罪びと」の告白』(日本放送出版協会)...

『「月給百円」サラリーマン』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第13回:『「月給百円」サラリーマン』を読んで

岩瀬彰『「月給百円」サラリーマン』(講談社現代新書)を読む。...

『日本語が亡びるとき』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第12回:『日本語が亡びるとき』を読んで

水村美苗『日本語が亡びるとき』(筑摩書房)を読む。 著者の友...

『高利金融 貸金ビジネスの罠』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第11回:『高利金融 貸金ビジネスの罠』を読んで

北健一『高利金融 貸金ビジネスの罠』(旬報社)を読む。 いや...

Z会でできる大学受験対策

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから