■第11回:『高利金融 貸金ビジネスの罠』を読んで

2016年1月18日

カテゴリ: 特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

『高利金融 貸金ビジネスの罠』を読んで

北健一『高利金融 貸金ビジネスの罠』(旬報社)を読む。

いやー、なかなか勉強になりました。

この方面での「規制緩和派=カネを貸す側」の後押しをしているのも、アメリカだったとは。

とはいえ、アメリカにしても、高利金融業をやっている人たちにしても、こう、長いスパンでモノを考えるということは、しないのだろうか。

著者は彼らのやり方を「焼畑農業」にたとえているが、もっとものように思われた。

消費者金融で働いていた人のコメント。

《「消費者金融は言ってみれば、たばこのようなものです。一度手を出すと、やめられない。がんばってやめても、再び手を出してしまう人が多い。……消費者金融のトラブルに巻き込まれないためのアドバイスは、たった一つです。『金は借りるな』ですね」》(p123)

業界寄りの学者は、「消費者向けのローンが増えれば増えるほど消費も増える」、したがって景気もよくなる、逆に「主要な購買が所得や資産保有が十分な水準に達するまで延期される」と、GDPにマイナスのインパクトを与えるのでよくない、と主張されている由。

これもなあ。「今、ここ」しか考えていない議論のように思える。あるいは、世の中全員、ローンの金利以上に所得が増え続け、資産価値が増え続ける、という前提なのか。そんなことが永遠に続くわけはないってこと、ちょっと考えればわかりそうなものだと思うんだけどね。

この記事に関連するおすすめ受験・学習情報

『まやかしだらけのプライベートブランド』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第18回:『まやかしだらけのプライベートブランド』を読んで

巷に溢れるプライベートブランドには注意せよ!という警告本のよ...

『百年前の私たち 雑書から見る男と女』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第17回:『百年前の私たち 雑書から見る男と女』を読んで

石原千秋『百年前の私たち 雑書から見る男と女』(講談社現代新...

『滝山コミューン一九七四』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第16回:『滝山コミューン一九七四』を読んで

原武史『滝山コミューン一九七四』(講談社)を読む。 著者の体...

『虚罪――ドキュメント 志布志事件』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第15回:『虚罪――ドキュメント 志布志事件』を読んで

朝日新聞「志布志事件」取材班『虚罪――ドキュメント 志布志事...

『「エコ罪びと」の告白』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第14回:『「エコ罪びと」の告白』を読んで

フレッド・ピアス『「エコ罪びと」の告白』(日本放送出版協会)...

『「月給百円」サラリーマン』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第13回:『「月給百円」サラリーマン』を読んで

岩瀬彰『「月給百円」サラリーマン』(講談社現代新書)を読む。...

『日本語が亡びるとき』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第12回:『日本語が亡びるとき』を読んで

水村美苗『日本語が亡びるとき』(筑摩書房)を読む。 著者の友...

『魚のいない海』を読んで

特別コラム「自分で考えることのできる中学生になろう」

■第10回:『魚のいない海』を読んで

フィリップ・キュリー/イヴ・ミズレー『魚のいない海』(NTT...

Z会でできる大学受験対策

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから