英語4技能が必要な理由は?どう学べばよいの?

2019年2月2日

カテゴリー : 英語4技能の現状と課題

2020年度からの新学習指導要領に関する情報が耳に入ってくることも増えてきました。大きな変革の1つが英語です。これからは4技能が問われるようになりますが、その内容と背景、さらに力をつけるために心がけたいことを紹介します。  

英語4技能って?どうして4技能が求められるようになったの?

英語の4技能とは「読む・聞く・書く・話す」力のことです。 本記事をご覧になっている中高生の保護者世代が受けてきた英語の授業は、ReadingとWritingの2技能が中心だったことと思います。 その後、センター試験にListeningが導入されるということで大騒ぎという状況になりましたが、徐々に高校入試や個別大学入試でもListening試験の実施がなされ、その比重も上がってきました。とはいえ、授業・試験のいずれをとっても、文法・読解が中心でたまに作文とリスニング、という3技能の時代が続いています。 しかしこれからは、Speakingも追加され、4技能が本格的に問われるようになります。 これまでは、英語は単なる受験科目としての側面も強く、たくさんのことを覚えても実際に英語を使う場面も限られていました。 ところが、街にでれば英語が日常的に聞こえてくる国際社会の今。実際に英語を使こなせることが求められており、これからますますその場面が増えていくことになるでしょう。 せっかく中高6年間学んだのに、実際に使わないと単なる暗記テストで終わってしまいますしね。 4技能は、読む・聞くの「受信」技能と書く・話すの「発信」技能とに分けられます。 受信技能と発信技能をバランスよく身につけ、相手と、英語を用いてことばのキャッチボールができるようになる― 言語や文化に対する理解を深め、積極的に世界中の人とコミュニケーションを図ろうとする姿勢を育成し、実際にできるようにすることが今回の改革の狙いです。  

どうしたら4技能の力がつくの?学習のポイントは?

1つの技能が追加されるだけ…?と思いがちですが、日本人にとっては、「読んでください」「聞いてください」よりも、「書いてください」さらには、「話してください」の方が戸惑ってしまうことが多くあります。それは、日常で『実際に使う機会』が乏しいことが要因としてひとつあげられます。 保護者の世代では問われなかったもの。それゆえ学習しなかったものがこれからは問われます。 今のままではまずいという変革から始まっていますので、自身が体験した学び方からも意識して変えていく必要があります。   4技能をバランスよく身につけるために意識していただきたいこと。ぜひ、『英語を使う場』をお子さまの学習・日常の中に増やしていってください。 英語は”ことば”です。ことばというものは一朝一夕では身につきません。決まった範囲を集中的に暗記して、テストや入試が終わったら次の範囲へ…ではなく、長い時間をかけて自身の身体の一部にしていくように学んでいきましょう。水泳やピアノのような習い事を行っていくのと同じ考え方です。 また、成功体験も大事です。外国の方に自分のことばが通じた!わかってもらえた!嬉しい!もっともっとできるようになりたい! そうすることで、英語の勉強だけでなく、海外の世界への興味がわき、お子さま自身の世界を広げていくことにもつながります。 コミュニケーションの学習は、お子さまひとりで黙々と進めるには限界があります。また一気に変化が進むなかで、今の中学生・高校生には、4技能を身につけるのに適切な学習手段が公教育だけで十分に用意がされているとは言いがたいです。4技能習得のためのさまざまな知見や指導ノウハウをもった英会話スクールや塾、通信教育会社、オンライン英会話などをうまく利用することをお勧めします。 4技能の力が問われる時代、「4技能で学ぶ」ことが肝要です。  

Z会Asteria 英語4技能講座では…iPadで『英語を使う』環境を疑似体験

「駅でアナウンスが理解できる」「店で注文ができる」など、できるようになる項目を明確にした上での出題です

日常生活で実際に起こりうる場面でを想定した「活きた英語」を重視した問題を出題。実生活で直面する様々な場面で学習を行います。 英語を使っている自分の姿がイメージしやすくなることで、自信を持ちながら「実社会で活きて使える英語力」を学んでいくことができます。 iPadなので時間や場所を選ばず、アプリを立ち上げればすぐに『英語を使う世界』が広がりますので、お子さまの生活の中に無理なく『英語を使う場』を増やしていけます。 Speakingのオンラインレッスンは、1 回約25分間、外国人講師による1対1、オールイングリッシュでの個別指導が受けられます。 1対1なので、周りの状況に影響されることなく会話を進められますし、講師は受講される方の到達度を判断してレッスンをリードしますので、安心してご受講いただけます。 ぜひ、『英語を使う場』として、Z会Asteriaの英語4技能講座をご検討ください。   Z会Asteria 英語4技能講座 の詳細をみる  

この記事に関連するおすすめ受験・学習情報

英語4技能の現状と課題

英語で「書く」力の重要性_2019.9

夏休みは計画通りに学習が進みましたか?休み明けと同時にテスト...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

どうなる?どうする?英語4技能試験_2019.8

2019年度の高校2年生以下の学年では、現在使用されているセ...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

夏休みは英語の力を高めるチャンス!~「読む」編~_2019.8

夏休みの学習、計画通りに進んでいますか?8月からは、計画の見...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

夏休みは英語の力を高めるチャンス!~「話す」編~_2019.7

夏休みまでのカウントダウンがすでに始まっていますね。学習計画...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

夏休みは英語の力を高めるチャンス!~「聞く」編~_2019.6

夏休みが近づいてきましたね。部活に学校の宿題に…という方も多...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

〔英語〕全国学力・学習状況調査 中3英語を解いてみた~「話すこと」編~(2019年4月実施)

今回は「話すこと」のパートについて掘り下げてみたいと思います...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

〔英語〕全国学力・学習状況調査 中3英語を解いてみた~「書くこと」編~(2019年4月実施)

毎年春、小学校6年生と中学校3年生を対象に行われる「全国学力...

続きを読む

英語4技能の現状と課題

CEFRとは

最近よく目にする「CEFR(セファール)」とは何か。(「大学...

続きを読む

Z会でできる大学受験対策

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから