2022年度 大阪大学外国語学部以外 英語

2022年5月10日

カテゴリー : 難関大入試の基本情報

英文和訳、長文読解、英作文の3つの力がバランスよく問われる。

Ⅰは下線部和訳、Ⅱは長文読解、Ⅲは自由英作文、Ⅳは和文英訳の全4題の構成。限られた時間内でさまざまな形式の問題を解かなくてはならないため、各大問にかける時間を意識して解答を進める必要がある。

*分量:変化なし *難易度:やや易化(昨年度比)

 

■概要 (90分、文学部は105分)
* 出題・解答の形式

  • 記述式、客観式混合。

* 特記事項

  • Ⅱの長文読解について、2021年度に引き続き下線部和訳の出題がなく、内容説明問題の記述量はやや増加した。
  • Ⅲの自由英作文は、解答語数が例年の「70語程度」から「80語程度」に増加した。

 

■各問の分析(難易度は阪大受験生を母集団とする基準で判定しています)

Ⅰ(A):英文和訳(犬は罪悪感を持つのか) [やや易]
英文のテーマはわかりやすく、文構造・語彙ともに難解な箇所は見られないが、強いて挙げるならば 1文目の目的語に当たる what they think is ~(彼らが〜だと思うもの)を正しく把握できるかどうか、“guilty look” を自然な日本語に訳せるかどうかがポイント。取り組みやすい設問だけに、actually、at that moment、relatively、simply といった副詞(句)などの細かい部分まで訳し漏らさないこと、文脈に合った自然な日本語にすることを意識し、得点を稼ぎたいところであった。
Ⅰ(B):英文和訳(宗教衰退の理由) [標準]
A同様に英文テーマはわかりやすかったと思われる。文構造としては1文目がかなり長いので要注意。主語 The notion に2つの that 節が並列でつながっているのを見抜けるかどうかがポイント。2文目についても、As 節がどこまでなのかを理解し文構造を正しく把握すること、そして As の意味合いを正しく捉えることがポイントであった。難語や日本語に訳しにくい箇所は見当たらないが、下線部最後の no longer as necessary の as を見落とさず、省略されている比較対照を文脈から判断して「以前ほどは」と訳出する必要があった。
Ⅱ:長文読解(人間の手が持つ高い能力) [標準]
約720語の論説文で、2021年度に引き続き下線部和訳の出題はない。内容説明問題は2021年度から1題増え、それぞれの解答字数も増えているため、全体として記述量はやや増加している。
(1)の語句言い換え問題は(ii)(iii)が難語だが、文脈から判断し正解したいところ。(2)は確実に正解したい問題。(3)(4)(6)の内容説明問題は、いずれも解答該当箇所の特定に苦労はしないはず。該当箇所を丁寧に読み取り、必要な情報を抽出してまとめよう。(5)は解答該当箇所が複数パラグラフに及ぶが、情報を「人間の手」に関するものと「類人猿の手」に関するものに整理しながら読み進めていけば、大きな問題はないはず。
Ⅲ:自由英作文(機械やAIが人間に取って代わることができない・取って代わってほしくない仕事とは) [標準]
近年は70語程度という語数指定が続いていたが、2022年度は80語程度となり、10語増加した。
論を展開するのに10語余裕ができたこと、「機械やAI」はしばしば話題となる身近なテーマであること、「取って代わることができない、もしくは取って代わってほしくない」いずれか書きやすい方を選択できることを考えると、比較的取り組みやすかったのではないかと思われる。自分が書きやすい内容を選び、自然かつ適切な論旨展開でミスなく表現できるかどうかがポイントであった点は例年通り。
Ⅳ(A):和文英訳(宇宙の奇跡) [標準]
全体的に標準的な文法・語彙で表現が可能で難解な箇所は見当たらないが、「条件が整う/そろう」の表し方には少し迷った人もいたかもしれない。1文目は仮定法で表すという点にも注意すること。「奇跡的というほど低い」は「ほぼ奇跡だ」などと言い換え可能。
Ⅳ(B)(イ):和文英訳(人と人との関わり合いとしての会話が相手を傷つける可能性) [標準]
例年の文学部志願者向けの問題と比較すると、抽象度が低めで多少取り組みやすかったと思われる。とはいえ、「関わり合い」「失言「信頼関係を深める」「〜以上」など、訳出に迷うであろう箇所がところどころに見られた。また最終文は1文が長いので、どのように英文を組み立てていくかに注意が必要であった。
Ⅳ(B)(ロ):和文英訳(撤退する勇気や決断) [標準]
日本文はわかりやすく、標準的な文法・語彙で表現が可能。「雲行きが怪しくなる」「進路」「途中で見切る」あたりをどう表現するかがポイントだろう。1文目は登山での例え話となっているので、「退却する」は「登山をやめて戻る」などと言い換えてもよい。

 

■合否の分かれ目
阪大英語の特徴の1つは、試験時間に対し、多くの設問に取り組まなければいけないことである。2022年度の問題は全体的に標準的な難易度であったため、事前に時間配分も含めた対策をしておき、本番で想定通りに解き進められたどうかが合否の分かれ目であったと言えるかもしれない。また、Ⅱの長文読解は記述量がやや増加したため、ここで時間を使いすぎることなく解き進められたかどうかによっても差がついただろう。

 

■阪大英語の要求
要求① 語彙と文法・構文知識の確立
早い時期に入試標準レベルの語彙と文法・構文をしっかり覚えて、表現力の基礎を培おう。自由英作文のテーマは、具体的なものから抽象的なものまで幅広い。やみくもに書く練習をするのではなく、模範解答の書き取りや熟読、添削を受けた後に自分の解答をリライトするなど、復習を徹底的に行いたい。
要求② 長めの英文に太刀打ちできる速読力と精読力
英文の読解に対して問題量が多い。長文読解では、英文全体のキーワードやキーセンテンスに着目して大まかな流れをつかみつつ、設問に目を通しておき、解く際の根拠となる箇所に印を付けながら読むとメリハリがつき、解答のスピードアップにもつながる。
要求③ 論理的な思考力と表現力
長文読解において内容説明問題は高い頻度で出題される。設問指示に従い、求められている解答を吟味するようにしたい。筋道を立てて解答を考え表現する力は、その他の問題形式にも共通して言えることである。

 

■阪大英語攻略のために
基礎力の完成
基本的な語彙の持つ幅広い意味をふまえながら、それを英訳・和訳で応用する力の基礎を培おう。ただし、そのような力は一朝一夕では獲得できないため、日々の英語学習の中で意識的に身に付けていく必要がある。大学入試必修レベルの単語集による学習を何度も繰り返し行い、いつでも実戦的な問題に取り組めるよう、準備をしておこう。
レベルUP
要求②を満たせるように、阪大形式の内容説明問題や適語選択を含む長文読解に取り組み、練習を重ねよう。また、英文和訳・和文英訳・自由英作文も毎年出題されるため、特定の大問形式に偏ることなくバランスよく演習をすることが大切である。また、必ず過去問に目を通しておくこと。
阪大レベルの演習
ここまでの学習が順調であれば、要求③もある程度は満たされているはず。過去問と、最新の傾向を反映した予想問題などを活用し、総仕上げをしよう。ただし、共通テストも侮らず、確実に高得点を取れるようにしておくことが大切である。共通テスト終了後も決して気を抜かず、最後まで粘り強く勉強を続けられれば、本番当日の自信につながるだろう。

この記事に関連するおすすめ受験・学習情報

難関大入試の基本情報

進路選択を考える

VUCAの時代を生きていく、という前提 現在は、VUCA(ブ...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 Z会入試分析

文部科学省発表の2022年度国公立大学入学者選抜の確定志願者...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 東京大学 英語

確実に内容を理解するだけでなく、適切に表現する記述力もポイン...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 北海道大学 英語

例年通り、総合的な読解力、英作文力、文法力が求められる出題。...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 東北大学 英語

精読による文脈把握力と日本語・英語の確かな表現力が必須条件。...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 東京工業大学 英語

長文2題の出題が定着。文脈を押さえながら長文を読み進める力が...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 大阪大学外国語学部 英語

英文和訳、長文読解、英作文、リスニングの4つの力がバランスよ...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 名古屋大学 英語

読解した内容を、適切に表現するための記述力の養成がポイント。...

続きを読む

Z会でできる大学受験対策

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから