2022年度 大阪大学外国語学部 英語

2022年5月10日

カテゴリー : 難関大入試の基本情報

英文和訳、長文読解、英作文、リスニングの4つの力がバランスよく問われる。

Ⅰは下線部和訳、Ⅱは長文読解、Ⅲは自由英作文、Ⅳは和文英訳、Ⅴはリスニングの全5題の構成。英文読解力や英作文力に加えて、リスニングの力も試される。120分という長い時間でさまざまな形式の問題を解かなくてはならないため、最後まで集中力を切らさずに取り組めるかがカギである。

*分量:変化なし *難易度:やや易化(昨年度比)

 

■概要 (120 分)(リスニングテストの実施時間を含む)
* 出題・解答の形式

  • 記述式

* 特記事項

  • 大問の出題数・形式に大きな変化はなかった。
  • Ⅱの長文読解について、英文の語数が2021年度から170語弱減少したが、解答の負担や記述量は大きく変わっていない。

 

■各問の分析(難易度は阪大受験生を母集団とする基準で判定しています。ⅠとⅢは外国語学部以外と同じ問題です。)

Ⅱ:長文読解(脳による、カテゴリー化に基づく現実の捉え方) [標準]
英文の語数は約 1,070 語で、2021年度より170語弱減少した。テーマ・論理展開ともにわかりやすく比較的読みやすかったものの、例年通りすべての設問が記述式で、負担の大きい大問であったことに変わりはない。
設問は、下線部和訳が3題、内容説明問題が3題の計6題。下線部和訳について、(1)(5)は1文がかなり長いが、英文の構造把握にはそこまで苦労しないだろう。(3)の in schools =「群れで」はあまり見たことがないかもしれないが、文脈および語のイメージで容易に察しがつくはず。(5)の whittle は難語だが、続く down という語から「減らす」というイメージを持って意味を推測したい。(2)(4)(6)の内容説明問題は、いずれも解答の該当箇所は概ね特定できるだろうが、どこまで解答に含めるべきなのか、どのようにまとめるべきなのかに迷う。
Ⅳ:和文英訳(価値観や文化の違いを乗り越えるには

―ウスビ・サコ『アフリカ出身 サコ学長、日本を語る』より) [標準]

下線部は例年通り3箇所。2021年度の論説調の文章ではなく、近年出題が続いていた口語表現の多い文章からの出題に戻った。
筆者の言わんとすることを汲み取り、省略を補ったり、自分が表現しやすい文章にある程度和文和訳したりしつつ取り組む必要があった。(1)は比較的取り組みやすかったが、「『遠くへ行っちゃった』『寂しい』という感覚」をどう訳すかがポイント。(2)は「価値観がぶつかる」「折り合い」あたりの訳し方に迷う。(3)は「我慢できなくなる」の目的語を文脈から補って訳出する必要があった。

Ⅴ:リスニング(ゾウアザラシの生態) [標準]
例年通りすべて記述式の設問。事前に設問文に目を通し、解答に必要な情報を聴き逃さないようにすることが肝要であった。
放送文は約540語で2021年度とほぼ変わりはなかったが、解答の該当箇所は2021年度よりも幾分わかりやすく、使われている語彙も標準的なものであった。(4)はメスのゾウアザラシの捕食活動の話より前にマッコウクジラの話が出てくることもあり、sperm whale というキーワードを聞き逃さないよう注意が必要であった。(5)は聞き取った情報から多少の計算が必要になるが、less than 20 percent of the day を聞き取れてさえいれば大きな問題はなかったはず。

 

■合否の分かれ目
Ⅱの長文読解は、記述量が多く、うまく解答をまとめ上げるのに時間を要するが、ここであまり時間をかけすぎるとⅢの自由英作文やⅣの和文英訳にかける時間が少なくなってしまう。Ⅱでどうしても正確に解答しづらい設問があった場合、部分点を確保して潔く次の設問に移るという姿勢も必要である。

 

■阪大英語の要求
要求① 語彙と文法・構文知識の確立
基本的な語彙と文法や構文の知識で対応できる場合も多いので、早い時期に入試標準レベルの語彙と文法・構文をしっかり覚えて、表現力の基礎も培おう。これは自由英作文の対策にもつながる。
要求② 長めの英文に太刀打ちできる速読力と精読力
長文読解は、英文全体のキーワードやキーセンテンスに着目して大まかな流れをつかみつつ、設問に目を通しておき解答の根拠となる箇所に印を付けながら読むなど、効果的に読み進めたい。
要求③ 正確なリスニング力と情報を整理する力
リスニング問題は完全記述式の解答方式であることが特徴。聴き取った内容から複数の情報を把握・整理する力が求められる一方、根拠となる細部の情報を正確に聴き取って訳せるかも試されている。
要求④ 論理的な思考力と表現力
外国語学部における長文読解の設問は、すべて記述式である場合が多い。添削問題を活用し、求められる該当箇所・解答の分量を見極める力を磨いていこう。

 

■阪大英語攻略のために
基礎力の完成
外国語学部の和訳・英訳では、純粋な語彙の量だけでなく、複数の語義やイディオムなど、1つ1つの語彙に対する深い理解が求められる。日々の英語学習の中で、単語集・熟語集による学習を通して意識的に身に付けていきたい。大学入試必修レベルの単語集・熟語集を繰り返しやっておき、いつでも実戦的な問題に取り組めるように準備をしておくとよい。並行して英作文対策として、基本例文の和文英訳にも取り組むこと。
レベルUP
要求②を満たせるように、阪大形式の内容説明問題を含む長文読解に取り組み、練習を重ねよう。また、要求③の達成に向けて、阪大はもちろん一橋大・東大などのリスニング問題も利用して演習量を増やそう。また、必ず過去問には目を通しておくこと。
阪大レベルの演習
ここまでの学習が順調であれば、要求④もある程度は満たされているはず。過去問題と、最新の傾向を反映した予想問題などを活用し、総仕上げをしよう。ただし、共通テストでも確実に高得点を取れるようにしておくこと。リスニングは継続して練習しよう。もちろん、共通テスト終了後も決して気を抜かないことである。最後まで充実した勉強を続けられたということが、本番当日の自信につながる。

この記事に関連するおすすめ受験・学習情報

難関大入試の基本情報

2022年度 Z会入試分析

文部科学省発表の2022年度国公立大学入学者選抜の確定志願者...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 東京大学 英語

確実に内容を理解するだけでなく、適切に表現する記述力もポイン...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 北海道大学 英語

例年通り、総合的な読解力、英作文力、文法力が求められる出題。...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 東北大学 英語

精読による文脈把握力と日本語・英語の確かな表現力が必須条件。...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 東京工業大学 英語

長文2題の出題が定着。文脈を押さえながら長文を読み進める力が...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 大阪大学外国語学部以外 英語

英文和訳、長文読解、英作文の3つの力がバランスよく問われる。...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 名古屋大学 英語

読解した内容を、適切に表現するための記述力の養成がポイント。...

続きを読む

難関大入試の基本情報

2022年度 九州大学 英語

時間との戦い!速読速解力・文脈を把握する精読力・確かな記述力...

続きを読む

Z会でできる大学受験対策

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから