東大地理~得点アップのための3つのポイント~

東大地理の入試問題には「論述の問題数が多い」「図表の読取りを用いた問題が多い」という特徴があります。

東大地理を実際に受験した先輩方からも

  • 「時間が足りなかった、最後まで解けなかった…」
  • 「図表問題にてこずった…」
  • 「日本地誌が対応不足で答えられなかった…」

などの体験談が寄せられています。
本番で悔しい思いをしないよう、今からでもできる東大地理得点アップのコツをお教えします!

 

◆時間を意識しよう!

東大地理の論述問題は、1問の字数が30~90字と少ないため、「なんか楽そう」と思っている人も多いでしょう。しかし、これが20問近くも出題され、総字数が1000字を超えるとなると話は別です。試験時間150分で2科目を解答するため、地理は1問を2~3分で解答する計算になります。また、1問の配点が少ないため、1点1点、確実に正解する必要があります。
「解けるはずの問題なのに、時間が足りずに解答できなかった」というのは非常にもったいないです。東大地理の問題は難しい内容の問題は少ないため、時間配分をしっかり行い、すべての問題に解答するようにしましょう。時間を計りながら過去問や即応問題に取り組み、時間感覚を体に叩き込んでおくとよいでしょう。

なお、東大地理の論述問題は問題文に「○○について説明しなさい」「△△と□□を比較して説明しなさい」のように、答えるべき内容が示されています。問題内容をよく読み、問われたことに対してバランスよく答えることを心がけましょう。

 

◆図表を攻略せよ!

東大地理では図表が多く示され、その特徴や理由を説明する論述問題、該当する地名や項目名を解答する単答問題などが出題されます。図では分布が集中するところ、表では数値が偏っているところ、急に上昇したところに着目し、それがどうして起こったのかを、説明できるようにする必要があります。
統計は細かい順位や数値を覚えるというより、大まかに傾向をつかむようにしましょう。理由をメモするのもよい方法です。
また、図表の国名や項目名を答える単答問題は、東大では出題の割合が高いので、確実に得点しましょう。判断の引き出しを増やすために、地理の基礎知識を確認しておくこともおすすめします。

 

◆日本地誌対策を忘れずに!

東大地理では例年、日本地誌が大問単位で出題されています。日本地誌は高校地理での扱いが少ないため、対策が手薄になりがちな範囲でもあります。日本のことだからと軽視せず、地域ごとに都市・人口・産業の特徴まとめたものを見返したり、他の国公立大の日本に関する問題を解いたりするようにしましょう。
また、過去には地形図の読図問題も出題されていますので、地形図から地形や土地利用の特徴を簡単に説明できるようにしておきましょう。京都大学やセンター地理の地形図問題などを数年分まとめて解くのも勉強になります。新聞やニュースの内容も、問題のテーマになることがありますので、地理に直結しそうな内容をチェックしておくことをおすすめします。

 

◆最後に

試験本番直前のこの時期、不安から新しいことに手を出しがちですが、間違えた問題にもう一度取り組むなど、これまでの復習も行いましょう。同じような問題が出題されたときに大きなアドバンテージとなります。
また、地理は世界史のようにどの問題から取り掛かるか、という順番はありませんので、問題をよく見て、解けそうなものから取り組んでいくのも着実に得点するポイントとなります。

これらのことを頭に置き、東大合格を掴み取ってください。Z会スタッフ一同、応援しています!

 

◆最後の追い上げに効く!Z会の直前対策講座 申込受付中!

○Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズ
東大の入試傾向をふまえた予想問題を2回分出題。
解答解説には「採点基準」も掲載。減点や失点のポイントが明確にわかります。
圧倒的な即応度だから、入試直前対策に最適です!
『直前予想演習シリーズ』の詳細はこちらから

○Z会の映像 大学受験生向け講座
冬期講習・直前講習の申し込み受付中!
入試に即応したオリジナル問題の演習と解説講義で、問題への取り組み方・解き方を伝授します!
Z会の映像 大学受験生向け講座の詳細はこちらから