CEFRとは

最近よく目にする「CEFR(セファール)」とは何か。日本人の英語学習に適した「CEFR-J」?新大学入試や学習指導要領との関連性とあわせて説明します。

 

 

言語能力の国際標準規格「C E F R 」

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages/ ヨーロッパ言語共通参照枠)とは、「その言語を使って何ができるか」を測る、言語能力の熟達度を測る国際的な尺度です。

例えば、「私は英語はCEFR B1、フランス語はA2,ドイツ語はA1 です。」と言うと、それぞれの言語がどれくらい使えるのか相手に伝わります。国境を越えた就職など人々の流動性が高く、第3外国語で仕事をすることも珍しくないヨーロッパでは日常で使われています。

情報や人のシームレスな移動によって多言語・多民族・多文化化していく世界では、複数の言語を共通の軸で見渡す考え方はますます重要になっていくでしょう。

 

 

新学習指導要領や新大学入試でも活用される「CEFR」

現在の日本ではあまり聞きなれない尺度ですが、実は新学習指導要領では、英語の4技能それぞれについて、Can-do つまり「●●することができる」という到達目標が設定されています。

この到達目標の基準となっているのが、CEFR です。

新学習指導要領では、一昔前の中学生が学んでいたことを小学校高学年で学ぶことになり、それにより、高校までの到達レベルも高まります。

「大学入学共通テスト」では、民間の資格・検定試験を併用して4 技能(聴く・読む・書く・話す)を評価しますが、各検定試験の結果(スコア・合否)と、それをCEFR に対応した段階別評価に置き直した成績が、大学入試センターから大学に送付される仕組みになります。

国際標準であるCEFRに沿った英語の学習に取り組むことが、そのまま学習指導要領が目指す英語の運用能力を身に付けることに役立ち、かつ、志望大学が入学者に求める英語運用能力を証明してくれることになります。

 

 

日本人の英語学習に適した「CEFR-J」

CEFR 基準で日本人の英語力をはかった場合、現状、大学卒業後も80%がA1・A2 レベルにとどまっており、特に【Writing( 書く)】【Speaking( 話す)】の発信技能はA1 レベルに集中していると言われています。本来、英語の学習では、文法や単語を覚えたら、それを言葉としてどのように使えるかということが重要ですが、覚えたことを実際に使える力が十分につけられていませんでした。

さらに、英語教育の実情にあてはめると、CEFR レベルを1つ上げるのに複数年を要するので、同じレベルでもばらつきが大きく、到達点が見えづらくなってしまいます。

このような状況を鑑み、投野 由紀夫 教授 (東京外国語大学)が中心となって、CEFR に準拠しながらもより日本人の英語学習に適した「CEFR-J」という指標が開発されました。

国際標準であるCEFRに沿い、さらに日本人の英語学習に適した「CEFR-J」に沿って英語の学習に取り組むことが、実社会で活きて使えることばとしての英語を育むことにつながります。

 

 

未来を共創する21世紀型Online Academy Z会Asteria

新大学入試で用いられる語学力の国際指標「CEFR(セファール)」基準で、4技能をバランスよく伸ばせる「英語4技能講座」、統計を含む分野別学習で学ぶ「数学新系統講座」。オンラインで他の受講生と主体的・対話的で深い学び(いわゆる、アクティブ・ラーニング)を実現した「総合探究講座」。知識に加え、社会で必要な力が問われる新入試に向けた一朝一夕では身につかない力を育めます。※受講にはiPadが必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

*お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
*下記のお問い合わせ先は、Z会の通信教育 お客様センターとは異なります。
*曜日・時間帯によってお電話がつながりにくい場合があります。

Web上でのお申し込み方法、Z会Asteriaの対応端末・推奨環境、ログインやアプリに関するお問い合わせ

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322
月曜~土曜 月曜~土曜 10:00~20:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

Z会Asteriaのご受講・講座内容
に関するお問い合わせ

【Z会Asteria事務局】

0120-83-0022
月曜~土曜 10:00~12:00、13:00~18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら