中学受験コース6年生 専科

中学受験をめざす小学6年生のための専科講座のご紹介と合格者の声です。
難関国私立中学入試でよく出題されるものの対策のたてにくい分野を集中的に演習する「頻出分野別演習」、最難関のうちの開成、灘など6校の対策をする「志望校別予想演習」の2つの講座で、より万全の入試対策を実現します。

頻出分野別演習

難関中学入試の頻出分野でありながら対策の立てにくい分野を、短期集中で確実な得点源にするための講座です。いずれの講座もさらなる得点アップのためのポイントを凝縮し、ゆるぎない応用力を養成。1講座から受講できるので、学習の進捗状況にあわせて最適な時期に取り組めます。

 

志望校別予想演習

筑波大附属駒場、開成、桜蔭、灘、甲陽学院、神戸女学院の6校の志望者向けに、受験に必要な教科をセットにして提供する講座です。徹底した過去問分析に基づく全3回の「入試予想問題」で本番さながらの演習に取り組むことにより、志望校への入試対策を万全にします。

     

     

    2021年度合格者の声

    ※<専科受講講座>では、各講座を以下のように表記しています。

    <頻出分野別演習>
    国語・超長文対策:超/国語・難関記述対策:難/算数・立体図形難問対策:立/算数・平面図形難問対策:平/理科・理的思考問題対策:論/理科・複雑計算問題対策 :複/社会・文章記述対策:文<志望校別演習>
    筑波大附属駒場:筑、開成:開、桜蔭:桜、灘:灘、甲陽学院:甲、神戸女学院:神

     

    開成中学校合格 E・Aさん

    国語の読解はもともと得意で、1期で「超長文対策」と「難関記述対策」を受講。そのときはまだ粗削りな部分も残っていたのですが、これらの講座で理解があいまいだったポイントをはっきり認識してつぶすことができました。また、いちはやく受験レベルの問題に取り組むこともでき、このタイミングで受けてよかったと思っています。志望校別予想演習の「開成」は、自宅で解くため緊張感の維持には苦慮したものの、学校別対策の強化・充実につながり、国語の講座と同様に記述力の確認とレベルアップにも役立ちました。 (ご本人と保護者の方のお話より)

    • <専科受講講座>
    超・難

      渋谷教育学園幕張中学校 K・Tさん

      Z会の問題のよさは本科でも強く感じていましたが、専科はさらに解きごたえがありました。実は算数と国語は本科とともに5年で受講。その時点ではやはりかなりの背伸びで…。問題はとにかくよかったので、「平面図形」や「超長文」は6年になって解きなおし、弱点補強に活用しました。また、理科や社会の記述対策というのは、学校別に特化した問題ならあることはありますが、記述のとくに多い学校が第一志望だったので市販のものでは十分に対応できず、こうした講座が用意されているのはとてもありがたかったですね。(保護者の方のお話より)

      • <専科受講講座>
      超・難・立・平・論・複・文

        聖光学院中学校 T・Mさん

        メインの受験対策だった塾がコロナで5月に休校になったため8月まで通信生に変更、その間にZ会の専科を受講しました。とくに国語の詳しい採点基準がとても役立ちましたね。解答作成のポイントがよくわかるようになり、模試などでも的確に自己採点ができるようになったのは大きかったです。専科受講のきっかけは塾の志望校別の授業が始まるまで社会の記述に特化したものがないことでしたが、Z会はどの教科も解説と添削指導がとても丁寧。答案の赤字をしっかり読み、すべて復習したのが合格につながったと思います。(保護者の方のお話より)

        • <専科受講講座>
        超・難・立・平・論・文

        洛南高等学校附属中学校 S・Kさん

        わが家では頻出分野別演習を計画的に3期に分けて受講しました。1期は、まずは好きな算数から。しかし入試に近い難問ぞろいで、毎回集中しすぎて「頭痛いからもう寝る」と…。ここで早めに十分苦しんだためその後の演習がだいぶラクになりましたね。2期での理科も難しくて厳しい出来でしたが、応用力養成にはうってつけだったようです。3期ではいよいよ「超長文」に挑戦。洛南の国語は分量の多い長文3問、「直前期に注力し、その流れで本番に臨む」というかねてからの作戦に則り、Z会メインの受験対策を完遂しました。

          • <専科受講講座>
        超・立・平・論・複

          神戸女学院中学部 N・Iさ

          通っていた塾で志望校別の冬期特訓がなく、講師の先生には過去問を解くことを勧められたもののすでに1回終わっていたため、専科の「神戸女学院」を受講しました。大晦日から三が日で3回分すべて挑戦しましたが、過去問以外には類似の問題がなかったのでほんとうに助かりましたね。「難関記述対策」は、6月ごろからずっと取り組んできた国語の苦手克服の仕上げとして活用。お正月明けから本番までの間、1日に大問を1問ずつ解いて練習を継続させ、これまで養った記述のカンが鈍らないようにすることができました。(保護者の方のお話より)

            • <専科受講講座>

             

            お問い合わせ

            お電話でのお問い合わせ

            入会をご検討中の方

            【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

            0120-79-8739
            月〜土 午前10:00〜午後8:00
            (年末年始を除く、祝日も受付)

            会員の方

            【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

            0120-35-1039
            月〜土 午前10:00〜午後8:00
            (年末年始を除く、祝日も受付)

            WEBでのお問い合わせ

            会員サイトでのお問い合わせ

            ログインにお困りの方はこちら

            おすすめサービス