第31回 受験(受検)お疲れ様でした。Z会の教室より、がんばったあなたへ

執筆者:Z会の教室 6K、6Aスタッフ一同
記事更新日:2022年02月04日

【連載】中学受験でうまくいかなかった君へ ~受験後も学びは続く~
 ①受験(受検)お疲れ様でした。がんばったあなたへ

こんにちは。Z会の教室です。この「親子で始める、中学準備」は、小学校卒業までの日々を有意義に過ごしたいという皆さんに向けて、勉強のアドバイスをお伝えする連載です。2月は特に中学受験(受検)を終えた皆さんに有意義な連載をお届けしたいと思います。

『2月の勝者』という漫画がヒットしましたが、受験(受検)にはどうしても「○」「×」が付きもの。連載タイトルに敢えて「うまくいかなかった」とネガティブな表現を付けました。既に合否が判明した受験生も、結果を待ち望む受検生も、タイトルを見て暗い気持ちになってしまうかもしれません。もちろん第一志望に合格した方にも読んでいただきたい記事ばかりなのですが、本連載では特に、受験(受検)を振り返って「思い通りにならなかったな」「こうしておけば良かったな」と思った皆さんのこれからの未来が明るくなるよう、少しでも前向きに、この経験をプラスにしてもらえるように、そんな願いを込めて連載をお届けします。

連載1回目は「Z会進学教室」6K(公立中高一貫校受検)コースと、「Z会東大進学教室」6A(国私立中学受験)コースの各教室長より、受験(受検)を終えた受講生の皆様へのメッセージです。教室に通った生徒の皆さんをはじめ、全ての受験生・受検生へお届けしたいメッセージです。ぜひ最後までお読みください。


Z会進学教室 成城教室 松尾秀祐教室長より

受検生の皆さま、受検お疲れ様でした!約1年間、本当によく頑張ってくれました。

~過酷な入試に挑戦~

都立中の合格はとてもハードルが高い入試です。その理由は明確で、実質倍率が高いからです。近年、落ち着いてきたとは言え、今だに5倍近くの倍率があります。私立中学の人気校でも3倍を超える学校はほとんどありません。

高校受験においても、都立高校の一般入試が2倍を超えることも滅多にありません。このような合格者よりも不合格者が圧倒的に多い入試に果敢に挑戦し、頑張ってきたことに大きな意味があります。

~受検までの準備期間~

公立中高一貫校受検は、一般的に2~3年をかけて受検対策していきますが、Z会進学教室では、約1年という短い期間で合格を目指して、頑張ってきました。そのため、授業スピードが早かったり、家庭学習(宿題)も多くて、大変な1年だったと思います。そんな大変な1年を経験したからこそ、得られたことはたくさんあります。

~適性検査を通じて身についた3つの力~

~①~
文系では、同じ題材の作文を切り口を変えて、再度書き直したりしました。また、担当の先生より添削された作文についても、さらに完成度の高い作文へと取り組んでいったと思います。こうした勉強から、物事に対する多角的な視点が身につけられたと思います。そして、要点を抑えて、どうやったら相手にわかりやすく伝わるのかを考え、それを文章にしていくことで、要約力もついたと思います。

~②~
理系では、与えられた資料から必要なことを読み取り、根拠を数値化して、論理的に説明する力が鍛えられたと思います。算数では、規則性の問題では法則を見つけて、答えを導き出すために、何度も試行錯誤しました。こういった粘り強く解く力も自然と身についているはずです。理科の問題では、なぜこうなるのか?と推考する問題をたくさん解き、洞察力も高められたと思います。

~③~
実際に体験してきた皆さまならわかるかと思いますが、適性検査の学習は、国語・算数・理科・社会の知識だけでは解けない問題がほとんどです。教科横断型の問題のため、1つの教科で学んだことを、アウトプットしていくことが必要です。これは、近年の大学入試と近い形となるため、数年後にも必ず役立つはずです。

~Z会からのお願い~

志望校へ合格した生徒、残念ながら不合格だった生徒もすぐに中学生になります。この1年間で学んだことを、ぜひ中学に進学しても活かしてください。

2~3月の学習次第では、せっかくの学習貯金を中学進学前に使い果たしてしまうことにもなります。受検直前期の学習量までは必要ありませんが、物凄いスピードで吸収してきたことを維持するには、受検後にも継続した学習が絶対に必要です。

中学でスタートダッシュをきれるように一緒に歩み続けましょう!


Z会東大進学教室 各教室より

Z会中学受験コース本科生の皆様・中学受験をご経験された全国の小6生の皆様、受験勉強本当にお疲れさまでした。

中学受験の小学生・中高一貫校の中学生・高校生の指導をしているZ会東大進学教室【池袋・御茶ノ水・新宿・渋谷】より、 中学受験(受検)を終えられた皆様にメッセージです。

Z会御茶ノ水教室より

中学入試、皆さまお疲れさまでした。まずは一息つきましょう。そしてZ会の教室での日々を思い返しましょう。

さて、一息つけましたか? えっ、早!短!と思ったかもしれませんね。思い出してみてください。中学受験をしよう!と思ったきっかけって何でしたか?「あの学校でこういうことがしたいな」とか、「あの学校、水泳が強いから絶対に行きたい」とか、色々なきっかけがあると思います。実際に進学する学校に通っている自分を想像してください。また新しい目標を見つけましょう。

最終的な目標は志望大学合格です。中学受験は最終の目的地ではありません。通過点のひとつです。これから第一志望の学校に進学する人も第一志望ではない学校に進学する人もいると思います。どの学校に入学するとしても、自信を持って進むことが重要です。普段、教室で「自分を信じて」と言い続けた理由もそこにあります。Z会は今後も皆さんをサポートし続けます。中学生になる前に、自信をもって中学生になるために、まずは「新中1スタート講座」に参加しましょう。中学受験の勉強をしていた皆さんは、先取り学習の重要性をわかってますよね。御茶ノ水教室で皆さんをお待ちしています。

Z会新宿教室より

中学入試、お疲れさまでした!!みなさん本当によく頑張りました。1年前のみなさんと比べると、すごく成長したと思います。みなさん自身でもそう思いませんか?胸をはって中学へ入学してください!そして中学高校の6年間は、勉強・部活を目一杯楽しんで学び・活動してほしいと思います。Z会で学んだ『思考力』『表現力』は中学に入学してからも通ずる力です。学習習慣を絶やさずに、それらの力をさらにブラッシュアップしてください。小学生のコースはここでみなさん卒業となりますが、Z会の教室の授業は、中学・高校と続いていきます。次の目標に向けて、また一緒に頑張れたら嬉しいです。場合によっては、続けて通えない方もいるかもしれません。そういった方も、中学生活が落ち着いたら、教室へお顔を見せにきてくださいね!先生方も喜びます。Z会はいつまでもみなさんを応援しています!頑張ってください!

Z会池袋教室より

受験(受検)お疲れ様でした。中学受験コース本科生の皆様の勉強の様子を間近でみていて、本当に勉強頑張ってくれていたと思います。中学受験(受検)を通じて得た学習習慣・経験は、必ずその先の中高6年間に活きていきます。皆様の今後のさらなるご活躍心よりお祈り申し上げます。

入学までの間の過ごし方についてアドバイスです。入試が終わった後、中学入学までに時間が少し空くと思いますが、受験時ほどでなくても構いませんので、「勉強の習慣」は続けていくとよいです。一度学習習慣を失ってしまうと中学入学後に取り戻すのは案外大変です。せっかく高めた学力が入学までに大きく下がってしまうのももったいないですので、定期的に勉強に取り組むように意識してみて下さい。その際に1日講座として「新中1スタート講座」もありますので、ぜひご活用いただければと思います。

Z会渋谷教室より

受験(受検)お疲れ様でした!皆さん、本当によく頑張りました!この努力はきっと人生の糧になります!

一旦ひと段落ついて、安堵感と受験勉強の解放から、勉強から距離を置いていませんか?中高と上がるにつれて、より高度な内容を学習していくことになります。これからのことを意識して、今のうちからできる準備をしていきましょう。

Z会では学ぶ楽しさを知ることができる授業を展開しています。貴重な6年間を仲間とともに切磋琢磨して学習しませんか?定期的にイベントや講演会なども実施しております。是非ご参加下さい。

Z会進学教室(難関高校受験/首都圏・仙台)

Z会進学教室(首都圏) 中学生

Z会東大進学教室【中高一貫中学生・高校生対象の大学受験の教室です。】

Z会東大進学教室 メテウス 中学生

Z会池袋教室:https://www.zkai.co.jp/juku/map/z-ikebukuro/

Z会御茶ノ水教室:https://www.zkai.co.jp/juku/map/z-ochanomizu/

Z会新宿教室:https://www.zkai.co.jp/juku/map/z-shinjuku/

Z会渋谷教室:https://www.zkai.co.jp/juku/map/z-shibuya/

「新中1スタート講座」の詳細はこちら

Z会進学教室(関西圏)
https://www.zkai.co.jp/juku/jr-k_zshin/

 

親子で始める、中学準備 TOPへ戻る


Z会の教室では、小6生向けに中学受験・高校受験に向けた指導を行っています。

Z会の教室で、苦手単元を克服したり、得意教科を伸ばしたりしていきましょう!

小6生向け講座について詳しく見る 

    お問い合わせ