「数学II・数学B」2019年度センター試験分析

■分量と難度の変化(時間/配点: 60分 / 100点 )
難易度は昨年並みだが,分量は増加した。典型的な問題が多いが計算量が多く,時間の工面に苦労するかもしれない。

■今年度入試の特記事項
・2018年度の弧度法の定義のように,見慣れない問題はなかった。
・第1問は〔1〕,〔2〕ともに典型的な問題で,確実に解いておきたい。
・2018年度に中問2つに分かれた第2問は,大問1題の構成に戻った。問題自体の難易度は高くないが,計算量が多いと感じた受験生が多いだろう。
・第3問は(3)の計算が大変。誘導にうまく乗れなかった受験生も多いだろう。
・第4問は見かけの割に計算量はそれほどでもない。
・全体的に丁寧な誘導がされているが,問題の分量や計算量は多いといえる。

■いま解いておきたい問題:第3問 数列
(3)はbnの定め方は問題文で与えられているが,これ以外に誘導はなく,とくにセンター試験特有の途中式の穴埋めの形式での誘導ではなかったため,戸惑った受験生も多いだろう,思考力が必要な問題であったといえる。穴埋め形式だからといって自分で解法を考えなくてよいというわけではないので,記述式の問題と同様しっかり考察するようにしたい。

■大問別ポイント

第1問〔1〕
2倍角の公式や合成を用いて三角関数を含む方程式を解く典型問題。確実に解いておきたいところ。

第1問〔2〕
対数関数,指数関数を含む連立方程式を解く問題。典型的な内容で誘導が丁寧なので方針は迷わないだろう。

第2問
3次関数の極値や,放物線の接線と囲む図形の面積計算,共通接線など,微積分の基本知識を幅広く問う問題。方針はわかりやすいが,計算が多いと感じた受験生もいるだろう。

第3問
等比数列,階差数列の一般項と,漸化式の解法を問われる問題。センター試験特有の誘導が少なく,また計算量も多いため,苦戦した受験生が多いだろう。

第4問
空間ベクトルを利用して四角錐の辺の長さや角度といった条件を定めたり,体積を求めたりする問題。典型的な内容で計算量もそれほど多くないので,得点はしやすいだろう。

来年のセンター試験を受ける方へのアドバイス

Z会の通信教育の本科などで個別試験対策を進めつつ,並行してセンター試験対策にも早い時期から取り組んでおきたい。
本科では「必修テーマ」を通じて数学II・Bの入試頻出事項を体系的に押さえられるため,センター試験・個別試験の両方に有効である。
また,Z会の通信教育の専科「センター攻略演習セット」を用いるなどして,さまざまなジャンルの問題演習を重ね,本番でどのような文章が出題されても対応できるようにしておくことも大切。さらに,直前に本番形式でまとまった数の問題をこなしたい人は,『センター試験実戦模試 数学II・B』(Z会)を使うとよいだろう。

Z会の通信教育「センター攻略演習セット」

難関大合格には、センター試験での高得点獲得が必須です。「センター試験の問題は教科書レベルだから何とかなる」「対策は直前でも間に合う」というのは、大きな誤解。センター試験は科目数が多いため、個別試験の勉強と併行して早めの対策が必要です。本講座では、センター試験本番で9割得点することを目標に、必要な力を段階的に身につけていきます。
6教科17科目セットなので、必要な科目すべての対策はもちろん、苦手科目や分野に絞った対策も可能。節目ごとに実力を診断しながら、効率よく得点力アップがはかれます。

「センター攻略演習セット」 数学IIB担当者からのメッセージ  
各分野の基本的な内容の深い理解や数学的考察をする力を身につけるためには,センター形式の問題でも,こういった内容が問われるものをたくさん解く必要がある。
「センター攻略演習セット」を活用して,今年度問われたような力をしっかりと身につけてほしい。