東大漢文~「字義」「句形」で差をつける答案記述のコツ~

東大漢文については、例年8月~入試直前の時期にかけて、夏・秋の東大即応型模試を受験された東大受験生から、次のような悩みが多く寄せられます。

 

▼過去に東大を受験した先輩たちの悩み

返却された模試の結果を見たら、漢文で信じられないほど点を落としてしまっていました。内容はつかめたし、自分では高得点だと思っていたのですが……
国語はずっと苦手であり、いつも足を引っ張る教科でしたが、なかでも漢文がどうしても得意になれません。得点できたりできなかったり、点数も不安定なままです。

「自分では読めたつもりなのに、なぜか本番の得点に結びつかない」といった悩みが多いようです。また、「本番の得点源にしたいのに、なかなか得点が安定しない。得点を安定させるための方法がわからない」といった悩みもよく耳にします。

東大漢文も、古文と同様、例年の出題傾向として文章読解自体はそれほど難しくありません。狭い解答欄のなかで問いに対して的確に解答する簡潔な答案作成力で差がつく傾向にあります。そのなかで、「いかに安定して高得点を獲得するか」といった点で、悩みを抱える東大受験生が多いようです。

 

▼東大漢文 「字義」「句形」で差をつける答案記述のコツ

「点数が伸びない」「点数が安定しない」といった悩みを抱いている方は、そもそも漢文の基礎知識を十分に押さえられていない可能性をまず疑う必要があります。

「いやいや、漢文については一通り勉強したよ」という方。

  • 「敢不……」と「不敢……」の意味の違い
  • 「於」や「焉」などの「置き字」の用法
  • 「百姓」や「四海」などの「漢文重要語句」の意味

といった事項まで含めて、しっかり知識として定着できていますか?

実際のセンター試験や東大個別試験においても、こうした頻出の句形や知識事項からの出題はよく見られます。「知識事項として知っているか否か」で差がつく部分は、意識的に取り組んだ受験生とそうでない受験生とで、如実に差が出るポイントです。

不安に思った方は、まずはお手元の参考書で「句形のまとめ」や「漢文重要語」が掲載されている箇所を早急に一通りチェックし、知識の定着度を確認してください。英単語などの他教科の知識事項に比べれば、漢文で覚えなければいけない事項ははるかに少ないはずです。集中的に取り組んで、知識の抜けをつぶしていくとよいでしょう。

それができた方は、答案を見直して、解答のなかで、知識事項の理解がはっきりわかる答案になっているかを確認してください。
「○○形の文であることはわかったけれど、そのことをあまり考えずに答案を書いたら、全然得点が入らなかった」というのは、本番でありがちで、かつ、なんとももったいない失点といえます。

東大の受験生の入試本番の声や、実際の再現答案例でも、「句形をあまり意識せずに文脈だけで考えた結果、『反語形』を反対の方向で訳して0点になってしまった」といった失敗例を多く目にします。基本的な句形・語句を正しく読み取り、答案へ反映できるという一見当たり前に思えることが、東大漢文攻略における重要な一歩となることを、改めて肝に銘じてもらえればと思います。

 

◆最後の追い上げに効く!Z会の直前対策講座 申込受付中!

○Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズ
東大の入試傾向をふまえた予想問題を2回分出題。
解答解説には「採点基準」も掲載。減点や失点のポイントが明確にわかります。
圧倒的な即応度だから、入試直前対策に最適です!
『直前予想演習シリーズ』の詳細はこちらから

○Z会の映像 大学受験生向け講座
個別試験へのラストスパートに役立つ、直前講習の申し込み受付中!
入試に即応したオリジナル問題の演習と解説講義で、問題への取り組み方・解き方を伝授します!
Z会の映像 大学受験生向け講座の詳細はこちらから