「京大数学」指導担当者による受験対策アドバイス(冬・直前期編)

Z会の京大コース担当者が、冬〜直前期にかけての「京大数学」の学習ポイントをご紹介。【今から共通テストまでにやること】【共通テスト後→個別試験本番までにやること】を解説します。

 

今から共通テストまでにやるべきこと

今年度から新しい『共通テスト』が実施されますが、とくに数学は『センター試験』からの出題形式の変更が大きいので、十分な対策を行っておきましょう。

出題形式の大きな変更点としては、

知識や重要手法の習得度合いをみる定型的な知識偏重型の出題

問題解決のプロセスを構築するための、批判的考察力、統合力・発展力、見通しを立てる力などを問う出題

に変更されることです。

わかりやすく言えば、『センター試験』が手法も含めた多様な知識を問う出題であったことに対し、『共通テスト』は問われる知識は少ないですが、より深い理解が問われる出題が加わるということです。記述式の問題にしっかり答えられる力が要求されるとも言えるでしょう。

“出題の型”に事前に慣れておく

特定の問題に関して、問われる知識は少ないとしても、「どの知識が問われるのかわからない」ので、教科書に掲載されているすべての項目に関して、深い理解が必要になります。

とはいえ、2回の施行調査を踏まえると、“出題の型”ともいえる、特徴的なものもあり、例えば、簡単な例を通して問題解決のプロセスを学び、その過程を振り返って新たな問題解決を行というものが挙げられます。このような“出題の型”に事前に慣れておくだけでも、大きなアドバンテージになるでしょう。

Z会の[専科共通テスト攻略演習、対策問題集である『共通テスト実戦模試』、『共通テスト予想問題パック』は2回の施行調査から『共通テスト』で問われる出題形式を徹底的に分析し、かつ、数多くの演習が可能になるように作られた商品で、現段階では『センター試験』の過去問や試行調査を組み合わせた他社の教材よりも実戦的な対策ができる教材になっているので、ぜひ活用していただきたいです。

最後に、初年度の入試では難易度、分量の調整が難しいことが多く、例年との比較もできないため、対策中も本番当日も不安な時間を過ごすことになると思いますが、本番当日は「目の前にある問題を1問でも多く得点する!」という強い意思が好結果につながりやすいです。本番当日このように思えるように、準備期間は実戦的な対策ができる教材をフル活用し、“出題の型”や難易度感、時間配分を含めたシミュレーションを行っておくことが重要です。

 

共通テスト後〜個別試験本番までにやるべきこと

共通テストから個別試験まではおよそ1か月です。この時期には「新しいことに手を出さない」ことが功を奏することが多いです。

「添削済み答案をもう一度振り返ってすぐに修正できる弱点を修正する」「1度解いた添削問題や過去問に別解がある場合はそれを研究してみる」など、これまで行ってきた学習内容を振り返り、得られた力を着実に発揮できるようにしておくことが重要です。

また、京大を受験する皆さんには釈迦に説法だと思いますが、京大の出題傾向に合わせて、各分野の学習の比重のかけ方を変えることも重要です。

京大文系:図形問題、微積分、ベクトル、確率、整数
京大理系:図形問題、確率、整数、ベクトル

が最頻出分野であり、これらの分野の学習に重点を置きましょう。

なお、図形問題、整数は文理関係なく京大の出題の大きな特徴であり、ほぼ毎年出題されると考えておいた方がよいでしょう。

さらに、「論証の京大」と呼ばれる所以である論証問題への対策も十分しておきたいところです。論証問題対策は、過去の添削済み答案で減点されたところだけでなく、注意されたところも参考にするとよいでしょう。

また、頻出というほどでもないですが、理系の複素数平面は全般的に難易度の高くない出題が多いので、演習量が足りない人は、標準問題を中心に典型処理はできるようにしておきたいところです。

過去問以外で追加の教材が欲しいのならば、出題傾向、難易度など、本番に合わせた「[特講]直前予想演習シリーズ」がおすすめです。

 

Z会の京大受験対策講座

入試直前の京大受験生に向けて、特別講座を開講中です。Z会の直前対策講座で、本番で通用する実戦力を高めましょう!

 

CVエリア

「Z会の通信教育」では、東大・京大受験生向けの講座を多数開講中!

無料の資料請求も受付中!