対象校・合格者の声

対象校

中学受験コースでは対象校を設定しています。受講にあたっては必ずご確認ください。

北海道 函館ラ・サール/北嶺
茨城 江戸川学園取手
埼玉 浦和明の星女子/開智/栄東/淑徳与野/立教新座
千葉 市川/渋谷教育学園幕張/昭和学院秀英/東邦大学付属東邦
東京 お茶の水女子大学附属/筑波大学附属/筑波大学附属駒場/東京学芸大学附属小金井/東京学芸大学附属世田谷/東京学芸大学附属竹早/青山学院/麻布/穎明館/桜蔭/鷗友学園女子/大妻/海城/開成/学習院/学習院女子/吉祥女子/暁星/慶應義塾中等部/光塩女子学院/晃華学園/攻玉社/駒場東邦/芝/渋谷教育学園渋谷/頌栄女子学院/城北/女子学院/白百合学園/巣鴨/成蹊/世田谷学園/中央大学附属/桐朋/東洋英和女学院/豊島岡女子学園/雙葉/本郷/武蔵/明治大学付属明治/立教池袋/立教女学院/早稲田/早稲田実業/早稲田大学高等学院中学部
神奈川 浅野/栄光学園/神奈川大学附属/鎌倉学園/鎌倉女学院/公文国際学園/慶應義塾湘南藤沢/慶應義塾普通部/サレジオ学院/湘南白百合学園/逗子開成/聖光学院/洗足学園/桐蔭学園中等教育学校/日本女子大学附属/フェリス女学院/横浜共立学園/横浜雙葉
愛知 海陽/滝/東海/南山女子部
奈良 帝塚山/東大寺学園/奈良学園/西大和学園
三重 高田
和歌山 智辯学園和歌山
京都 同志社/洛星/洛南高校附属/立命館
大阪 大阪教育大学附属池田/大阪教育大学附属天王寺/大阪教育大学附属平野/大阪星光学院/金蘭千里/四天王寺/清風南海/高槻
兵庫 関西学院/神戸海星女子学院/神戸女学院/甲陽学院/淳心学院/須磨学園/灘/白陵/六甲学院
岡山 岡山白陵
広島 広島大学附属/広島大学附属福山/修道/ノートルダム清心/広島学院
高知 土佐/土佐塾
愛媛 愛光
福岡 久留米大学附設/明治学園
鹿児島 志學館/ラ・サール
沖縄 昭和薬科大学附属

■上記の一覧以外の国立・私立の中高一貫校・中学校の受験をお考えの方へ

3・4年生 : 中学受験コースの受講をおすすめします。学習を続ける中で志望校が変わった場合にも対応が可能となります。
5・6年生 : 志望校にあわせた学習をしていただくために、小学生コースのハイレベルがおすすめですが、中学受験コースの受講も可能です。
公立中高一貫校のみの受検をお考えの場合 : 小学生コース、または、小学生タブレットコースの受講をおすすめします。

※対象校は変更になる場合があります。

 

難関国私立中学合格者の声

自宅で学べるZ会は、合格の“質”が違います。

「自分に合った勉強法」「学校での活動」「家族との時間」。
Z会を利用して、小学生らしい生活を大切にしながら志望校合格を勝ち取った体験談をご紹介します。

 

桜蔭中学校合格

Z会と塾を使い分けながら合格をつかみ、大きな目標への第一歩を踏み出す。

M・Iさん・お父様

 「産科医になりたい」―明確な目標を持って受験勉強をスタート。

Z会の受講を始めたのは3年の4月。父親が大学受験で利用して教材のレベルの高さを実感していたZ会でしっかり学び、中高一貫校も大学も国立へ進学してほしいという「魂胆」も正直ありました。また、そのころ娘自身もテレビドラマ「コウノドリ」を見て「産科の医師になりたい」という夢ができたんです。「すごくハードな仕事だし、一生勉強だよ」という話もしましたが決心は固く、それならなおさら国立の医学部をねらえる中学をめざそうと、家族のベクトルが定まりました。
始めてみてわかったのは、Z会の出題は、子どもにとって適切な時期に適切な分量で、明確な意図をもってなされていること。むやみに難しいのではなく、少し背伸びしてじっくり考えれば解けるところをついているのはさすがだと感じました。

塾で学びつつ、桜蔭合格の要である国語の記述力をZ会で鍛えぬく。

4年生の途中からは本人の希望で通塾も開始。友だちにも先生にも恵まれて楽しく学べたようで、親としてはZ会で十分と考えていたのですが、徐々に教科数を減らすことに。ただ、本当に苦手だった国語は最後まで継続。Z会の記述問題で書く練習を積み重ねたことが、桜蔭合格の強固な土台になったのは間違いありません。とくに、添削指導で減点理由を詳しく説明してもらえたことで、答案に足りない要素がつかめたのがよかった。娘も「次からどう書けばいいかわかる」と話していました。直前期には、もともとこれで総仕上げを予定していた専科・志望校別予想演習「桜蔭」を受講。過去問にかなり近い問題で、形式や難度に慣れることができました。実は11月頃からD判定が続いていましたが、苦手な国語でも最終的に平均点以上を取れるまでになり、Z会で苦しみながらも記述力が仕上がってきた感触がありましたね。
この受験を通し、わが子はとても強くなりました。物事に絶対はないが気持ち次第で未来は変えられることを、彼女に教えてもらった気がしています。

 

 

開成中学校合格

Z会での1歩先行く学びが奏功。ラスト1年、志望校に特化した対策に注力できた。

N・Yさん ・お父様

Z会の適量でわかりやすい教材設計が、家庭での1学年先取り学習を可能に。

わが家が開成受験を意識したのはかなり早い段階で、中学受験コースが始まる小3のはじめには資料も取り寄せ、大手進学塾の体験会にも行きました。しかし、本人がもう少し手応えがほしそうだったのでちょっとトライさせてみようと判断し、いい教材との評判をあちこちで耳にしていたZ会をダメ元で1年先取り受講することに。さすがに最初の半年は苦労しましたが、幼児期からしっかり学習習慣がついていたので、親がフォローしながら徐々に軌道に乗せることができました。
Z会の教材のよさはとにかくわかりやすいこと。テキストも映像授業もおさえるべき事柄が理解しやすく見やすく表現されているのがすばらしい。解けない問題も解説を読めば深く理解できるので、Z会で、つまり家庭学習だけで乗り越えられるんですよね。他の教材と違って1回の分量も明確で学習量の意識付けもでき、高い目標の前に身近な目標が設定されていて取り組みやすかったようです。

専科の講座で集中的に負荷をかけ、センスやコツをも含めた実力を積み上げる。

5年生終了時点で中学受験コース本科は6年生まで終えたので、本番までの1年間は志望校対策に注力すべく、Z会×エクタスのプレミアム御茶ノ水校など複数の塾の開成対策講座を受講。加えて、受験対策のベースであるZ会の解き直しや添削の見直しなどにも着手し、弱点を補強しました。専科は、5年生で頻出分野別を、直前期に志望校別予想演習を受講。開成の国語の記述や図形問題などは、ある程度集中的に難問にあたってみないと雰囲気やコツがつかめないという面があるので、これらの講座の効果はとても大きかったと思います。もちろん手に負えない問題もあったようですが、詳しい解説が十分な助けになりました。
Z会での学びのおかげで、大好きなピアノや将棋を続けつつ志望校合格を手にし、自ら課題を見つけ、仮説を立て、それ検証することもできるように。「生涯勉強」のスタートだなと感じています。

 

筑波大学附属駒場中学校合格

Z会で始めた5年生からの受験対策。それまでの生活を維持しつつ、効率重視の戦略で合格へ。

T・Kさん・お母様

難関校入試に必要なことが学べるZ会を受験勉強のペースメーカーに。

クラスの大半が中学受験を志向する中、5年生への進級を前にわが家も遅ればせながら対策を講ずることにしました。筑駒をめざすことは本人が言い出したのですが、学園祭で実際に学校の雰囲気に触れ、また、OBでもある父親の「自由な学校だよ」という話にもひかれてその意を固めたようです。
目標を定めたなら、きっちり逆算して力をつける必要がある。しかも限られた時間の中で効率よく。そのため、まずは自宅でできてペースメーカーにもなる教材から始めようと、母親の弟が高校時代に利用したZ会の受講を開始しました。サッカー、水泳、将棋などの習い事や趣味、児童館での日々の遊びなども続けさせてあげたいと思ったので、この段階では通塾には消極的でした。
Z会では、中学受験に必要な知識が順序よく身につくようにカリキュラムが組んであるため、それについていくだけでやるべきことを一つずつ潰していけます。添削では、内容の深さに加え字を丁寧に書くことまで指導してくれて、総合的、網羅的に日々コツコツと学び進めることができました。単元ごとの内容理解においては、映像授業がとても役立ちましたね。テキストを読むだけよりも多角的な刺激があり、よりスムーズに理解が深まるようでした。

専科・志望校別予想演習や複数の塾で志望校に特化した対策を進める。

6年生になると、塾で特定の難関校対策講座も開講になり、Z会×エクタスのプレミアム御茶ノ水校なども受講。中学受験コースも並行して続け、さらに頻出分野別演習「難関記述対策」や志望校別予想演習を追加しました。とくに後者は、志望校の頻出分野の問題が過去問と同じかやや上の難度で出されており、それをテスト形式で緊張感をもって解くことで、本番への耐性が確実につきました。
この2年間の受験勉強を通じて、息子はさまざまなことを覚え、考え、吸収し、思索を深められるようになりました。精神面での大きな成長を目の当たりにし、とてもうれしく思っています。

 

早稲田実業学校中等部合格

Z会と塾の二本立てで学び、抜けもれのない重層的な受験対策で合格へ。

S・Fさん ・お父様

Z会は頼れるセカンドオピニオン的存在。

もともと「基本的に勉強はしっかりとするべきもの」という方針で、1年生から学校+αの学習としてZ会を受講。3年生で東京へ引っ越し、小学校のクラスの約半数が受験する環境になり、受験を意識し始めました。やはりある程度強制的に追い立てられる環境が必要だろうと、ほどなくして通塾を開始。ただし塾だけに頼るともれや偏りがあるように感じ、セカンドオピニオンの感覚でZ会も継続し、塾とZ会の二本立てで受験対策をすることにしました。塾は宿題も多く、Z会との両立は大変でしたが、両者は進度が異なるため、片方が予習に、片方が復習に、と重層的に何度も学習できたのでよかったですね。

映像授業と詳しい解説で強固な基礎固めを。

塾の授業の難度がとても高いので、相対的にZ会はしっかりと基礎固めをするのに適していました。特に社会と国語はおおいに活用しましたね。社会の「映像授業」は食事のときに何度も繰り返し聞き、テキスト以外の周辺知識を含めて耳から覚えられるのがよかったです。国語は親が教えるのは難しく丸付けもしにくいので、Z会の採点のポイントや添削のコメントが頼りになりました。また、塾の問題は解説がないため、問題数を効果的にこなすにも詳細な説明のあるZ会の教材は学びやすかったです。
志望校を早稲田実業に決めたのは6年生の初夏。文化祭に行って本人が学校の明るい雰囲気を気に入ったからです。この段階で大学まで決めなくてもと思いつつ、娘の希望を優先しました。6年生では学校生活もさらに忙しく、受験との兼ね合いが難しいこともありましたが、時間を作って音楽を聴いたり、Z会の国語の問題文の続きを図書館で借りたりと、楽しみを見つけながら取り組んだようです。
志望校合格という結果で受験を終えて、本人が決めた目標のためにやるべきことを、投げ出すことなくやり遂げたことに成長を感じます。1年生からZ会を続け、勉強すべきという認識と自ら勉強に向かう姿勢を身につけられたからこそだと思っています。

 

 

フェリス女学院中学校合格

Z会と塾、どちらもトライ。体力的な負担がより少ない方法で併用し、合格をつかむ。

Y・Sさん ・お母様

Z会をメインに使いつつ、苦手教科は塾とZ会を併用。

周りに中学受験を意識されているお母さん方が多く、誘われて私立中の見学に行っているうちに本人も興味を持ち、4年生で受験を決意。5年生の冬、さまざまな授業があるフェリスに志望を定めました。
Z会は、学習習慣をつけるために1年生からずっと受講していました。4年生の1年間は塾に通ってもみましたが、朝が弱い娘にとって就寝時刻が遅くなる通塾を続けるのは体力的に負担が大きかったですね。また、Z会の方が問題や解説の質が高いと判断したこと、小学校での学びや活動を大切にしたかったこともあり、5年生以降は、塾は伸び悩む教科と志望校対策の講座だけを受講し、普段はZ会と塾提供の教材で勉強することにしました。

映像授業を活用して理解を深め、良問とその解説で解法の幅を広げる。

Z会は、主に苦手な教科や単元を重点的に勉強するのに活用しましたが、特に役立ったのは「映像授業」です。算数や理科の計算の組み立て方を詳しく解説してもらえるので、本人だけで理解が進みました。とくに算数では、難度の高い出題が豊富なだけでなく複数の解法を示してくれるので、本人が思いつかないよりスマートな解き方も学ぶことができ、「引き出し」をたくさん作れたのがよかったです。また、Z会は紙、タブレットともに納得できるまで何度でも見直せるのがいいところ。塾と併用することで、塾の解説が不十分なところはZ会の教材で確認して理解するなど、うまく補いながら利用しました。「添削問題」や「到達度テスト」、各種の模試などで、自分の課題をその都度把握する機会を多く持てたことも、効果的に実力を養うのにとても役立ちましたね。
学校の文化祭実行委員長や習いごとと受験との両立の仕方など、基本的には娘の意思を尊重し、親は見守ることを心がけていました。やきもきするときもありましたが、本人の意思と努力で合格を果たせたことはもちろん、気持ちの切り替えが上手になったこと、集中できる時間がぐんと伸びたことなどは、今後につながる大きな成長だと感じています。

 

 

同志社中学校合格

サッカーと受験、どちらもやり抜くという強い意志で合格を勝ち取る。

T・Oさん ・お父様

すべての判断基準は「サッカーに打ちこめること」

Z会は3年生から開始したのですが、当初は受験目的ではなく、学童保育をやめて時間ができるからという軽い気持ちからでした。他社教材やZ会小学生コースと比較して、解き応えのある中学受験コースを本人が選択しました。
実際に中学受験を考え始めたのは5年生の春。ただ、2年生から地元で名の通ったクラブチームに所属していて練習が週5日あり、生活の中心は相変わらずサッカーでした。週1回、当時志望していた学校の対策ができる塾をZ会の学習に加えたのですが、6年生になるとサッカーと塾の曜日が重なってしまって……。どうするかと思いきや、本人は塾を辞めてサッカーを続ける、と。Z会で必要な知識を学べている手応えがあったのが大きかったようです。同時に、志望校もサッカーの強豪校、同志社中学に。これまで以上に本気で「勉強も、サッカーも」となると、Z会をしっかり活用して限られた時間を有効に使わなければ、と親子共々覚悟しました。

限られた時間を有効活用し、効率的に合格力を養成

「遊びや休憩はリビングで。自室では必ず勉強」という本人の固い決意のもと、Z会に取り組みました。食後の休憩時や入浴前のすき間時間にタブレットで勉強できるのも、塾との違いですね。教材は3〜5年生で基礎知識をスムーズに押さえられるよう構成されており、6年生から応用問題が増えても対応できる力がつき、合格までしっかりと実力を引き上げてくれました。入試直前になるとサッカーも佳境に入り、状況はいっそう厳しくなりましたが、本人はどちらもやり抜きました。「両方絶対あきらめない!」という強い目標意識を、Z会の魅力的な教材とシステムが支えてくれたのだと思います。
この受験をとおして、彼の自主性が大きく伸びたように感じます。「強い意志で自分をコントロールし、モチベーションを保ち続けて結果を得た」経験は、合格以上に大きな収穫で、何事にも良い影響を与えると思いますね。明るく活動的にもなり、今後が楽しみです。

 

 

大阪教育大学附属天王寺中学校合格

受験対策は5年生から開始。Z会に集中的に取り組み、実力を養成。

S・Mさん ・お母様

5年生から塾に入ることに不安を感じ、自分のペースでできるZ会を選択。

いわゆる転勤族のため転居が多かったわが家。現在の住居を構えたのを機に、受験を現実のものとして考え始めました。しかし本人はあまりピンとこないようす。それが5年生になってスーパーサイエンスハイスクール指定の国立中高一貫校である大阪教育大附属天王寺中学校の存在を知り、大好きな理科や算数をたくさん学べそうだとわかると俄然本気でめざすことに。ただ、この時期から塾に入ってもついていけるか本人が不安を覚え、まずは自分のペースで進められるZ会を始めました。遅いスタートなのでそれ相応の努力とスピード感は必要でしたが、時間配分が自由にできるので、余分なストレスなく着実に自宅で学び進められましたね。

「難しいけどおもしろい」―考えさせる問題で応用力を身につけた。

それまで家庭学習は学校の宿題くらいだったので、5年生のうちは、解法の知識も演習量も圧倒的に足りていなかった算数に注力。Z会で未履修分も含めて遅れを取り戻し、年度末頃には「到達度テスト」や公開模試でかなりの高偏差値を出すまでに。難しくて解けないことも多々ありましたが、娘は次第に問題を解く楽しさにはまっていったようです。というのは、Z会では例題の解き方が次の練習問題に単純に適用できず、より適切な方法を多角的に考えさせられることばかりだったからです。塾の夏期講習では似たパターンの問題をこなすばかりだったので、得られる達成感の違いを感じました。また、「書いてなんぼ」という勉強をしてきた母親としては、デジタルの学習で本当に力がつくのかと最初は懐疑的でしたが、タブレットの「ドリル」など知識の確認・定着が手軽に、しかも確実にできるのは良いものですね。進捗管理も格段にやりやすかったです。
Z会での受験を通して、娘は他人との比較ではなく、自分ができていること・できていないことを把握し、向き合い、改善策を考えられるようになりました。その方法を親子でじっくりと話し合う時間もとれ、互いを尊重し合う親子になれたな、と思います。

 

 

四天王寺中学校合格

通塾せずにマイペースでできるZ会で人と比べない受験勉強を貫き、合格を手中に。

S・Kさん・ご両親

自分の課題にじっくり取り組み、着実に力をつける。

市の校区の都合で仲のよい友人と別の公立中学に進学することになるため、「私立という選択もあるね」と父親が提案し、3年生の冬から受験の準備を始めることに。塾も検討しましたが、共働きで送迎が難しいことや、見学に行った塾の競争的な雰囲気を本人が好まなかったことから、自宅でできるZ会を選びました。本人は、1題1題、急かされることなく自分が深掘りしたいところに自分のペースで取り組める点に魅力を感じたようです。
3、4年生の頃は、「学習カレンダー」を参考に、本人が計画を立てて学習を進めました。「要点」は学校で未習の事項や中学受験特有の考え方を子ども一人で納得できるように解説してあり、親がヘルプする際も困らなかったですね。理解があやふやなところは「映像授業」を何度も見返しました。算数の応用問題がわからないときは基本的な考え方を見直すなど、「困ったときにいつでも立ち戻れる」のがZ会の利点であり、塾との違いだと思います。

Z会を使いこなせば、それだけで十分な対策に!

タブレットで内容を理解し、「練習問題」や「てんさく問題」など紙の教材で演習するという、バランスのよい学習を続けていましたが、5年生になると学習量がぐんと増え、しばらくスケジュール調整に苦戦。このとき、「保護者向けスマホアプリ」を使って親が進捗を管理し、声かけができたのはありがたかったです。また、折々の「到達度テスト」や「志望校判定テスト」では、理解不十分な部分を把握でき、さらに、一喜一憂しがちな公開模試の利用をやめても全国での位置を知ることができました。Z会を使いこなし、あわせて過去問にしっかり取り組めば十分な受験対策ができると感じましたね。
両親とも働き方を変えず、本人の希望で通塾もせず、正直Z会任せにしてきた感がありますが、おかげで「家族全員のイベント」として受験を楽しめました。なにより本人が「難しい問題に出会い、時間をかけてその解き方を考える楽しさ」を知ったことが、Z会を利用した受験の大きな収穫だったと思います。

 

 

神戸女学院中学部合格

学校や習いごとも大事にしたい。Z会を学習の中心に据え、志望校に合格。

Y・Aさん ・お母様

 「受験したい」と思ったときにあわてぬよう、3年生から準備開始。

3年生の秋、受験を明確に決めてはいないものの、いざ受けたくなったときのために準備はしておこうと考え始めました。ただ、通塾に忙殺されることを本人が嫌い、親としても、「見据えるべきは大学受験」であって中学受験は本人が頑張れる範囲で取り組めばいい、という方針でした。そこで「まずは通信教育で」と、母親が大学受験で利用したZ会のおためし教材を取り寄せたところ、中学受験コースは解きごたえがあり、解けたときのうれしさも大きかったので、すぐに受講を開始。平日は5つの習いごとと学校の宿題、土日にみっちりZ会を割り振り、4年生の夏からは1学期に1回、大手塾の公開テストを受けて立ち位置を確認する形で学習を進めました。

Z会で土台を固めたからこそ、6年生からの志望校対策が効いた。

Z会は問題が厳選されている分、少ない学習量で必要な知識や解法を身につけられますし、定着していない穴が見つかっても、すぐに教材に立ち戻ることができます。わからないところは繰り返し「映像授業」を見たり、時間がなければテキストを読んで進めたりと臨機応変な使い方もでき、最低8時間は眠らないとしんどい娘にとっては、この時間調整のしやすさは大きなメリットでしたね。また、国語は3、4年生のうちから記述量が多く、とくに力がついたと思います。ひっかけの選択肢に惑わされることもなくなり、よく練られた教材だと実感しました。
6年の7月からは当初の予定どおり塾の志望校別特訓を受講。周囲の解答スピードに驚きましたが、それも気づきや刺激になり、さらにテスト慣れすることもできたようです。それまでZ会で1問1問じっくりと難しい問題に向き合って培ってきた力とあいまって、成績は本番前までずっと上がっていきました。
最終的には、第一志望の神戸女学院だけでなく、西大和学園にも挑戦して合格できました。周りが見えにくい不安はあったものの、時間にゆとりをもって楽しみながら受験生活を送れたのは、Z会を使った家庭学習を中心に据えたからこそと感じています。

 

 

 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-79-8739
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-35-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

ログインにお困りの方はこちら

おすすめサービス