教科別指導方針 – Z会進学教室(首都圏) 中学生

教材

 

 

英語 将来につながる英語力の養成をめざします。

英語教育において「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能が求められる中、Z会進学教室では、授業の柱を文法に置きます。
英文の構造をしっかり理解させた上で、記述中心の問題演習を課します。文中のカッコ内に単語を書かせる問題も、ノートにフルセンテンスで書くよう指導します。また音声教材も使用し、英語のリズムを耳や口を使って身につけさせます。

教材は「本科テキスト・音声教材」に加え、「復習シート(補充シート)」を使用します。シートは、テキストの例文を応用した文法問題や英作文が中心で、毎週2〜4枚程度が宿題となります。担当講師が一人ひとりの到達状況を確認しながら添削を行います。また単語帳を副教材とし、本科授業内で単語テストを行います。

中1はVコースとKコースの進度差は大きくありませんが、2Vでは難関校入試に頻出の「比較」や「受動態」は少し先取りし、長めの時間をかけます。3Vでは、最難関私立入試に出題される高校レベルの内容も扱い、後半では多くの入試演習を行います。3Kでは、中学範囲を超える単元はあまり扱いませんが、公立自校作成入試などで課される長文記述問題には多く取り組みます。

 

英語カリキュラム

 

Z会進学教室 英語の授業

 

※実際のクラス授業を体験いただくことも可能です。詳細は「本科」のページをご覧ください。

数学 暗記やテクニックに頼らない論理的思考力を養成します。

近年の入試では、途中過程の記述を要求される傾向にあります。また、融合問題も多く出題されます。暗記に頼る学習法ではこれらには対応できません。Z会進学教室の数学では「問題の何に注目すればよいか?」「なぜこの補助線をひくのか?」といった「じっくり考え、理解」することを重視して、入試対策を行います。

中1はVコースとKコースの進度はあまり変わりませんが、Vコースの方が難しい問題を扱います。授業内でノートのとり方や復習の仕方まで指導します。中2は9月以降Vコースの進度が速くなり、中3の単元も学びます。Kコースは学校より少し早い進度です。中3はVコースが9月まで、Kコースが11月までに中学単元を終え、その後は「Final」「Final Basic」というテキストと過去問演習で、合格点を取るための指導をしていきます。

授業は、復習中心の展開です。授業で要点解説・問題演習を行い、宿題としてテキストの演習問題と「復習シート」が1単元ずつ課されます。「復習シート」は、単元を定着させることが目的です。途中式や証明も書いて提出してもらい、担当講師が添削して返却します。入試前には過去問の答案にも添削・解法チェックを行います。これを続けることで「他人を納得させる記述力」が身についていきます。

 

Z会進学教室 数学の授業

 

※実際のクラス授業を体験いただくことも可能です。詳細は「本科」のページをご覧ください。

国語 小手先の技術では到達しえない文化的視野にたった言葉の体系を教えます。

国語は「すべての学習の土台」となる大切な科目です。文章を正確に読解する力、問いから答えに至る過程を筋道立てて理解し、相手に伝わる言葉で記述する力は、一朝一夕には身につきません。しかし、早くから取り組むことで、国語はもちろん、全教科の力を確実にアップさせることができます。

テキストや演習プリントには、難関校入試に対応できるよう、選び抜かれた文章や問題を取り揃えています。また、授業では毎週20問の漢字テストを行います。答案は、担当講師が授業後に一人ひとりの到達状況を確認してから返却します。

中1中2はVコースとKコースの進度差は大きくありませんが、Vコースの方が少し宿題が多いです。中3では、入試演習も行います。たくさんある演習プリントの中から、そのクラスに合った問題を選び、講師が詳しく解説します。記述問題には添削も行います。また、中学校で時間をかけて扱われることの少ない、文法や文学史も、Z会進学教室オリジナルの「国語便覧」(中3生に配付)を使用してしっかり学習します。苦手意識を持ちやすい古文・漢文も、中1から少しずつ勉強します。

作文・小論文については、授業内のほかに、季節講習で添削指導つきの単科ゼミも開講します。

国語

 

Z会進学教室 国語の授業

 

※実際のクラス授業を体験いただくことも可能です。詳細は「本科」のページをご覧ください。

理科 判断力・思考力・表現力・課題解決能力を鍛え、生活と理科の結びつきを深めます。

新しい学習指導要領における中学校理科の目標は、「自然の事物・現象に関わり、理科の見方・考え方を働かせ、見通しをもって観察、実験を行うことなどを通して、自然の事物・現象を科学的に探究するために必要な資質・能力を育成することを目指す。」となっています。目的意識・判断力・思考力・表現力・課題解決能力を身につけるためには、基本的な知識を身につけたうえで、生活に理科がどのように結びついているのかを考えていかなければなりません。小手先の暗記にとらわれない、本質的な理解を目指します。

教材は、テキストの他に宿題プリントが毎回あり、提出された答案は担当講師が目を通します。授業は、講義・演習・解説を基本とし、本質理解のために、一部教科書を超えたテーマを扱うこともあります。

中1は、4月〜翌2月にかけて中1範囲を学習します。中2範囲は中2の12月までに修了し、翌1月からはいよいよ中3内容の学習がはじまります。中3の7月までに中3範囲を修了した後は、総復習と入試に向けた問題演習を行います。

理科

社会 単なる暗記ではなく、3年一貫のカリキュラムを通じての本質の理解をめざしています。

中学社会は範囲が広く、学校ごとに単元順序が変わることもあり、高校入試対策が難しい教科です。Z会進学教室では、学習単元に抜けがでないよう、中1から入試を意識した3年一貫の独自のカリキュラムで学習します。基本から扱うので、国私立志望・公立志望に関わらず合格を勝ち取るための実力が身につきます。

中1では、10月までは地理、11月からは歴史を扱います。白地図での作業なども取り入れ、社会への興味を深めるとともに、入試に必要な知識を学ぶことができます。中2では、夏期講習までは地理、9月からは歴史を扱います。少しずつ入試を意識し、難しい内容も学んでいきます。中3では、引き続き歴史を学習した後、6月からは公民を扱います。秋以降は並行して3分野の演習も行います。また、基礎知識を確認する教材や入試対策問題集も配布します。各学年とも、季節講習時は既習内容の復習を行うことで、理解度をさらに高めていきます。

高校入試を熟知したベテラン講師陣が、入試での得点力向上のみならず、高校入学後も見据えたZ会ならではの質の高い授業を行います。

社会

 

時間割などは「講座案内」をご覧ください

 

お問い合わせ