共通テスト【数学】の対策:課題を分析し解決する力を評価

大学入学共通テスト(以下、共通テスト)の数学は当初、記述式で解答する問題が盛り込まれるはずでした。しかし、その実施が当面、見送られることになり、来春の共通テストは大学入試センター試験(以下、センター試験)と同じようにすべての問題をマークシート方式で解答する形になります。こうした動きも踏まえ、現時点で示されている概要について正しい情報をおさえます。

共通テストについては、試行調査(プレテスト)が実施されており、その問題を見ると(記述式は出題されません)、変化をイメージいただけます。

実施要項は必ずご覧ください。

 

記述式の問題が導入される予定だったのは「数学I」「数学I・数学A」です。共通テストの試験時間はセンター試験よりも10分長くなり、70分。配点は100点です。「数学II」「数学II・数学B」はセンター試験と同じ試験時間で60分。配点は100点です。

記述問題は含まれませんが、共通テストの出題が従来の方針を大幅に見直したものになることにかわりはありません。共通テスト全体では「思考力・判断力・表現力」をより適切に問うというねらいが掲げられ、数学の場合、知識偏重と批判されがちだった出題から、課題の発見・分析・解決を数学的な手法でおこなう力を評価する方向にシフトします。

 

 

日常の事象が題材に

出題の一例として、日常の事象を数学的に解決するというタイプが挙げられます。確率を利用した高速道路の渋滞緩和など、日常的な出来事を数学的な課題としてとらえ、見通しを立てて数学的に処理して問題を解決したり、解決までの過程を振り返り、得られた結果を意味づけたり、活用したりする力を評価します。

 

このような出題では問題の文章から数学的な設定を読み取ったり、数学モデルに落とし込んだり、分析して判断したりする力も問われます。センター試験向けの対策だけでは対応しきれず、共通テストの出題傾向に即した演習が欠かせません。

一方、「道具」としての数学の知識や、その運用力は共通テストでも求められます。さまざまな状況で柔軟に応用できる形で知識の理解を深めることは、共通テストでもいっそう重要になります。

(Z会中高事業本部・中村一貴)

 

※本記事は「朝日中高生新聞」に掲載されています。

 

共通テストについてもっと読む
 

 

 

Z会の共通テスト対策

▼Z会の通信教育 大学受験生向けコース 共通テスト攻略演習
Point1:必要な科目を全部対策できる!6教科17科目セット
毎月6教科17科目セット、1科目あたり30〜60分の学習設計になっていますので、無理なく取り組むことができます。必要な科目の対策が1講座ですべて完結。英語・数学・国語には、毎月の出題のポイントをコンパクトにまとめた「ポイント映像」講義もあり、効率的に学習を進めることができます。

Point2:共通テストの傾向に沿った対策ができる!
共通テストならではの新傾向の問題も数多く出題。共通テスト特有の出題形式に沿った問題演習を通じて、知識活用力を養います。「過去問」での演習ができない共通テストですが、数多くの問題演習をこなすことで、特有の形式に慣れ、得点力をグンと高めることができます。

Z会の映像 共通テスト対策映像授業
充実の映像講義で英数国の対策を万全に!
Z会の映像「共通テスト対策映像授業」では、とくに傾向の変化が著しい英・数・国をご用意しています。「Z会の通信教育 大学受験コース 共通テスト攻略演習」と同じ教材を使用して、精鋭講師陣が、共通テストならではの着眼点や選択肢の見極め方を大問ごとに解説。確実に高得点を取るための実戦力を、効率よく身につけることができます。「Z会の通信教育 大学受験コース 共通テスト攻略演習」との同時受講で、より理解が深まります。

 

お問い合わせボタン

 

~最新の情報をお届けします~

ミライ研究室専用LINE、Z会の無料メールマガジンで最新の情報をお届けします。

Z会の各種サービスのお申し込み・資料請求はこちらから