東大・京大生が教える「9月〜11月の受験勉強計画」

ますます受験勉強が本格化する9月〜11月。この時期にはどういった学習をしていくとよいのでしょうか?共通テスト対策か、個別試験対策か。過去問対策か、模試の復習か。苦手克服か、演習量を増やすか。おそらく人それぞれかと思います。Z会を受講して合格を勝ち取った東大・京大生の先輩のいろいろな例をぜひ参考にしてみてください。

 

受験生のお悩み

東大・京大に合格した先輩にお伺いします!
9月〜11月の勉強方針・内容は?

東大・京大生が回答!

東大・京大だからこそ基礎が本当に大事。まだ基礎が固まっていない場合は、基礎固めや、苦手克服を意識した学習を。

私は理系でしたが理系科目が苦手だったので、ほとんどの時間を理系科目の勉強に割きました。
数学は、Z会の教室での授業を軸としつつ、学校でも問題集を用いて実戦的な演習をしました。問題演習をした後、復習して分野ごとに考え方や公式で足りない穴を埋めていくという形で勉強を進めました。軌跡と領域、複素数平面など苦手分野に対しては、分野ごとに基礎からやり直し苦手を克服しました。

(東京大学理科二類1年)

9月は夏休みに行っていた基礎を更に固めていました。具体的には国語はZ会を進めたり、解き直したりしました。英語は英単語を覚え返しながらZ会の文章題、英作文を解いていました。社会は教科書をひたすら読み、用語集の細かい説明を教科書に写す作業をしていました。最も苦手な数学は基本的な問題を毎日2問やる、と決めて学校の先生に添削してもらっていました。
10月になり、時間に余裕ができてくると、9月に固めた基礎を踏み台に応用が効くようになってきました。Z会の添削の出来も上昇し、以前よりも発展的な問題に手を出せるようになりました。

東京大学文科三類2年

苦手だった数学を重点的に勉強していました。個別試験で最低でも2完することを目標に、難しめの問題集を解き進めると同時に、11月頃から京大数学25カ年の標準的な問題だけ解いていました。本番の形式で解く練習として、Z会の通信教育[本科京大コースの数学の問題を定期的に解いていました
英語はある程度完成していたので過去問を9月から始め、思ったことを簡潔な英文にする練習をしていました。
地歴と理科基礎は学校の授業を聞き、教科書や資料集を読む以上のことはしていませんでした。

京都大学法学部2回生

東大・京大は理科・地歴の対策も不可欠。この時期、理科・地歴の学習にも力を注いだ先輩が多いようです。

9月:これからやれば伸びやすいであろう世界史と地理に力を入れ始めました。地理はセンター対策の問題集をこなし、解説をしっかり読むことで不足していた知識のインプットに力を入れました。世界史は遅ればせながら参考書をいちから読み始め、第三者に歴史を解説することで暗記していきました。
10月:東大模試が近づいてきてさらに地歴に費やす時間が増えました世界史は第1問を解いては採点してもらうということを繰り返した他、第2問を集中的に解きました。他の科目は塾の復習予習が主でした。
11月:夏休みから模試にかけて勉強漬けの日々であった割には模試の手応えが悪く、大変落ち込んでいた時期でした。勉強方法を見直すことも視野に入れ、塾の友人に勉強方法を聞いて回り、地理は模試や過去問などの解答のうち重要な部分を書き写すまとめノートを作りました。どの科目にも共通することでは、東大模試の過去問を全教科2年分(夏秋ともに)解き、全て採点をしてもらいました。

(東京大学文科三類1年)

理科地歴は、授業や模試も活用しながら、新しく学ぶ分野の修得と、すでに学んだ分野の知識の定着を図りました。

(京都大学総合人間学部総合人間学部2回生)

化学は、理論分野を分野ごとに復習しました。気体や平衡の分野は、考え方がまだ確立できていなかったので「問題の解き方」に注目して問題演習をしました。有機分野はまだ演習量が足りなかったので、知識を穴埋めしつつ問題集を使って演習をしました。

(東京大学理科二類1年)

この時期に重要なのは、模試を意識した学習。先輩たちはどのように模試を活用したのでしょうか。

8月の京大模試の反省を受けて、11月の京大模試に向けて勉強していました。
国語は赤本で直近の年から大問ごとに6年分取り組み、学校の先生に週1回添削してもらいました。返された後、同じ志望校の友人と解答を見せ合って復習しました。
英語は模試で英作文や和文英訳が課題であることがわかったので、過去問6年分、さらに東北大の和文英訳の問題にも取り組みました。読解も過去問を添削してもらったところ、そもそも英文解釈ができていないという課題が見つかりました。
日本史はまだ学校の授業が終わっていない段階でしたが、11月までに全範囲を理解するために、夏休みから作り始めた「年表風ノート」を完成させました。知識が入っていないとどうしようもないので、最優先で行いました。

京都大学文学部人文学科1回生

この時期は個別試験対策に重点をおいて勉強をしていました。8月に初めての「冠模試」を受験し、東大型の問題においてどこが苦手であるかを把握することができたので、その克服に時間をあてていました。
具体的には、英語の要約問題や世界史の大論述が苦手だったので、その分野に特化した参考書を一冊完璧にすることを目標に勉強していました。また、11月の冠模試が近づいてくると、模試の過去問演習にかなり時間を割いていました。私は11月の冠模試でA判定をとることを目標にしていたので、1週間に最低1セットは解くようにし、復習に時間をかけていました。

東京大学教育学部教育実践・政策学コース3年

この時期に気になるのは過去問への取り組み方。先輩たちは過去問にどのように活用したのでしょうか。

この時期には過去問をどんどん解いて、志望大の問題の傾向を掴んだり自分の得意不得意を理解したりするのが大事だと思います。

東京大学文科三類2年

マーク模試が数回あったので、それぞれ1週間ほど前からマーク模試対策、センターの赤本や問題集、特に理系なので夏にあまり対策が間に合わなかった地歴公民を中心に取り組みました。
それ以外の時間は、個別試験対策として、過去問など、本番に近いレベルの問題演習を重ねていました。

京都大学工学部工業化学科2回生

この頃から、少しずつ東大の過去問を解き始めていました。主に数学と国語の過去問を1週間に一年分ずつくらいのペースで行っていました。 Z会の通信教材は国語・数学・英語の3科目を受講しており、それぞれ締め切りには必ず間に合うように提出していました。

東京大学文科三類2年

全体:各教科、過去問を中心に秋の東大模試の対策。センター対策はゼロ。
国語:古典の過去問や東大模試の過去問をひたすら解いていた。現代文は問題番号4番の随想の添削を学校の先生にお願いした。
数学:今までやっていたより1個レベルの高い問題集に取り組んだ。分野ごとに取り組み、特に東大に出やすい図形と方程式や微分積分、確率などに力を入れた。並行して過去問を繰り返し解いた。
英語:とにかく量をこなし、過去問などで本番の形式に慣れた。分からなかった単語は抜き出してまとめ、自分だけの単語帳を作って覚えた。毎日リスニングは当たり前。
世界史:ノートを何周も見返して大まかな流れを掴んだ。論述は過去問、東大模試の問題等多くの問題に触れパターン化することを目指した。
地理:過去問をひたすら解き、東大地理に出やすい問題などのパターンをつかんだ。意識的に教科書等での全復習などはせず、過去問を解くことによって復習をしていた印象。

東京大学文科三類2年

Z会からのアドバイス

9月〜11月は難しい時期です。苦手克服を夏にしきれなかった教科・科目がまだあったり、模試の結果が返ってきたと思ったらすぐに次の模試が始まったり。過去問にも着手したいところですし、やることがたくさんありますよね。そうなるとこの時期に大事なるのは、まずはいったん落ち着いて「優先順位をつける」「現状のレベルや、この先やるべき課題を明確にし、スケジュールを立てていく」ことかと思います。その際に、今回紹介した先輩の事例のうち「自分と同じ課題を抱えてそれを克服しているな」というものがあれば、参考にしていただけると幸いです。

Z会の東大・京大受験対策講座

Z会なら、ご自宅で万全の東大・京大受験対策ができます!


◆[本科]志望大別コース
大学受験生向け講座[本科]は、毎月の学習で実戦力を高めていく講座です。入試本番を見据えた志望大別の内容で、得点力を磨きます。


    ◆[専科]共通テスト攻略演習
    新傾向の問題にも対応。実戦的な演習を毎月積んでいき、12月・1月は予想問題に挑戦。本番で通用する得点力が身につきます。


      ◆[特講]過去問添削 東大・京大
      「やりっぱなし」になりがちな過去問演習に「添削」をプラス。Z会だからこその正確な採点&適切なアドバイスで、合格に向けてやるべきことが明確になります。


         

        CVエリア

        「Z会の通信教育」では、東大・京大受験生向けの講座を多数開講中!

        無料の資料請求も受付中!