東大生が教える受験勉強スケジュール(12月〜1月中旬編)

12月〜1月中旬の「共通テスト(センター試験)直前期」には、どのような対策をすればよいのでしょうか?個別試験対策との切替のタイミングや時間配分は、受験生が悩みがちなポイントです。Z会を受講して合格を勝ち取った東大生の先輩が、自身の経験をもとに答えます!

受験生のお悩み

東大に合格した先輩にお伺いします!
「センター試験直前(12月〜1月中旬)」の勉強方針・内容は?

東大生が回答!

センター対策に重点を置きつつ、「センターボケ」防止のために個別試験対策も取り組んだ

基本的にはセンター試験の勉強をしていました。私は、センター試験タイプの問題が大の苦手であるうえに、苦手な理科の対策を放置していたので、この時期はセンター対策を集中的におこなっていました。実際、センター試験タイプの問題は「やれば伸びる」ので、集中的に取り組むことはおすすめです。

また、いわゆる「センターボケ」を防ぐため、最低限の二次対策にも取り組んでいました。国語と英語は長文読解を1題、日本史・世界史は2問ずつ、数学は過去問を2問、と決めて、毎日取り組みました。

(東京大学文科三類2年)

12月はセンター試験の勉強を5割、1月からは8割にしました。12月は、毎日1年分の数学と理科のセンター試験対策問題に取り組みつつ、個別試験に向けて過去問演習を重ねました。年明けからは、全教科で、毎日1年分のセンター対策問題をやりつつ、数学と英語は記述形式の問題にも取り組み、勘が鈍らないようにしました

(東京大学前期教養学部文科二類2年)

「センター対策は学校で、個別試験対策は自力で」と棲み分けて両立!

12月になると、学校の授業がセンター対策に切り替わり、問題集なども与えられたので、センター対策にそれ以上の労力はかけませんでした。ただ、国語は自信がなく、手応えを掴めていなかったので、別途問題集を買って取り組みました。

冬休みは時間があったので、センター対策と並行し、11月までに取り組んだ東大個別試験対策にも取り組みました。センターと個別試験は完全な別物ではなく、通ずるところもあるので、そこを意識して勉強すると、より効率的な学習になると思います。

(東京大学文科三類2年)

センター対策は学校の授業でかなり演習をしていたので、家ではセンターの勉強はしていませんでした。日本史や世界史の知識はセンターでも個別試験でも使えるので、教科書や資料集の読み直しを行い、また単語帳は常に持ち歩いて暇があれば開くようにしていました。
また、この頃も「Z会の教材は毎月の分を溜めない」と心に決めて、きちんと出していました

(東京大学文科三類2年)

「12月は両立、1月になってからセンター対策に注力!」と段階的に対策を進めた

12月中は、センター試験対策と個別試験対策を並行していました。
センター対策は、学校でセンター型の問題演習をすることで進めていました。とくに数学は苦手だったため、何回もセンター型の演習をし、不足している知識を補い、時間短縮の練習をしました。物理・化学は、初めは点数が低かったものの、何回かセンター型の演習をすることで、9割以上の得点が取れるようになりました。地理は12月から本格的に対策を始め、参考書をスキマ時間に毎日読みつつ、センター型の演習で知識を整理しました。
個別試験対策は、Z会で行いました。「センターボケ」を防ぐために、1週間に1回は個別試験レベルの問題演習をするようにしていました。

1月以降は、センター試験対策に集中し、知識の最終確認やセンター形式の演習で、本番に向けた対策を進めました。

(東京大学理科二類1年)

浪人経験をふまえたアドバイスも。

この時期は全体のバランスが難しい時期です。私の場合、現役のときにセンターで失敗し精神的にきつくなったことから、センター試験対策の時間を多くしていました。センター対策で基礎を確認することは、個別試験にも必ず役立ちますし、センターがうまくいけば精神的にも楽です。記述力が落ちないようにある程度の練習をしておけば、センター対策に集中してもよいと思います。

(東京大学文科三類2年)

現役のときは、センターの過去問演習に全力を注ぎました。規則的に問題を解き、1日に10時間程度、毎日安定してセンター対策をおこなったのが、センター試験での成功につながりました

浪人のときは、年明け以降にセンターの予想問題集に全力で取り組みましたが、それまでは個別試験対策に注力しました。センター対策に注力した時期には、2日で全ての教科を一周するようにして、勉強のリズムをつくれたのがよかったです。

(東京大学理科一類2年)

個別試験対策を重視する!という意見も。

この時期はセンター試験対策と個別試験対策の割合を半分ずつにしていました。計画を立てた当初はセンター試験にかなり時間を割こうと考えていたのですが、秋のマーク模試で9割を達成できていたので、最終的な合格を考えたとき、個別試験対策に時間を割くほうが効率的であると思い、このような比重にしました。

具体的には、センター試験対策は毎週、センター試験対策問題パックに取り組み、その復習をする中で知識の抜け漏れを埋めていました。また、個別試験対策として、過去問演習に取り組み、センター直前までに10年分ほどの過去問を解ききっていました。

(東京大学教育学部教育実践・政策学コース3年)

最後に、具体的な対策法のアドバイスをご紹介!

英語と世界史以外は、塾でセンター対策用の講座を取り、その予習復習に力を入れました。理科については、もともと化学選択だったのを11月ごろに生物に変更したため、暗記に時間を割く必要があり、電車の中では生物の参考書を読むと決めていました。

(東京大学文科三類1年)

Z会からのアドバイス

12月・1月の受験対策については、先輩からもさまざまな意見が寄せられました。「これが正解!」という必勝法はありませんし、今年は共通テスト初年度という難しさもあります。大切なのは、ここまでの自分の習熟度をふまえて、バランス・時間配分を判断すること。現在の実力を正確に把握したうえで、先輩のアドバイスも参考にして、計画的な学習を進めましょう!

Z会の東大受験対策講座

Z会なら、ご自宅で万全の東大受験対策ができます。先輩も活用した「東大に強いZ会」で対策を進めましょう!

 

CVエリア

「Z会の通信教育」では、東大受験生向けの講座を多数開講中!

無料の資料請求も受付中!