東大・京大生が教える冬・直前期の過ごし方(12月〜1月編)

いよいよ、入試本番が近づいてきました。特に12月から共通テストまでの学習法については、共通テスト対策に比重を置くべきか、個別試験対策に比重を置くべきか、非常に悩むところです。

Z会を受講して合格を勝ち取った東大・京大生の先輩は、この時期、どうしていたのでしょうか?先輩たちに聞いてみました。

 

受験生のお悩み

東大・京大に合格した先輩にお伺いします!
12月〜1月のセンター試験(共通テスト)直前期の勉強方針・内容は?

東大・京大生が回答!

12月からはセンター試験対策を中心に。

私は12月に入って、本格的にセンター試験対策を始めました。学校の授業がセンター試験対策になっていたので、学校での学習を中心に進めていました。学校では、主にセンター試験予想問題集や、センター試験の過去問を解いていました。私は演習をした後の復習に力を入れていました。間違えた問題は、その分野で何の考え方がたりなかったかを確認して、身につけるようにしていました。私はセンター試験の数学と理科に力を入れて対策をしていました。

(東京大学理科二類1年)

私は12月からセンター試験の勉強を始めました。
数学は苦手科目で個別試験対策の学習が追いつかなさそうだったので、過去問や問題集をメインで進めつつ、1月からは数日に一度のペースでセンター試験の過去問を解きました。
英語は得意科目で、過去問でも安定して180点以上は取れていたのであまり対策はしませんでした。発音とアクセントを本番の数日前に確認した程度です。
国語は点数が安定せず不安要素だったので、最も念入りに取り組みました。特に現代文が苦手だったので、2日に1回のペースで本試験と追試験の過去問を解きました。間違えた問題は時間を置いてから解き直しました
古文は個別試験の勉強をしていれば対策の必要はないと思い、それほど時間を割きませんでした。
漢文はセンター試験でしか使わない科目だったので手が回っておらず、基本的な項目を丸暗記して挑みました。
地理と世界史は数日おきに過去問を解いて、間違えた問題をスクラップにして暇な時に読むようにしていました。理科基礎も同様です。

(京都大学法学部2回生)

12月中盤からセンター試験対策に切り替え、まずは教科ごとに過去問を集中して解いて問題のパターンを掴み、次にすべての教科を毎日満遍なく解いていきました。塾で開講されているセンター対策講座をうまく活用しながらとにかく過去問を解きました。

(東京大学文科三類1年)

世界史Bの学習が不十分だったので、毎日2時間程度は教科書か一問一答に取り組んでいました。他の時間は過去問を満遍なく、時間をはかって解いていました。次の問題も同じ人達が作るので、過去問に勝る問題演習はないと思います。ただし全く同じ問題が出る訳でもないので、時々予想問題などを混ぜていました。

(京都大学工学部工業化学科2回生)

自身の実力を考えながら、センター試験対策と個別試験対策をバランス良く両立させた先輩も多いようです。

この時期の学習は、センター試験対策と個別試験対策の比率で悩む時期だと思います。もちろん現時点での完成度は人によると思うのですが、基礎があまり完成していない=センター試験の得点に振れ幅がある科目はセンター試験対策を、それ以外の科目は個別試験対策を進めていけばいいと思います。センター試験で不安な科目は個別試験でも得点は取れません。まずは基礎からです。一方個別試験で得点が取れるならセンター試験でも安定すると思います。

東京大学文科三類2年

12月も中旬までは過去問を中心とする個別試験対策しかしていませんでした。下旬から苦手な(模試で6~7割)数学のみセンター試験対策を始め、IA・IIBを毎日1年分解くようにして6年遡りました。そのあとは予想問題集を毎日やって、感覚を染みこませました。
1月から他教科も過去問と予想問題集で対策を始めましたが、個別試験の勉強(特に英語)はセンター試験3日前まで続けました。英語はセンター試験対策をしていても個別試験対策にあまりならず、感覚を忘れるのが怖かったので。直前には全教科時間通りにやって集中力を高めました。

京都大学農学部応用生命科学科3回生

現役時には12月中旬頃から個別試験対策からセンター試験対策へと切り替えました。
浪人時はセンター試験の日程が特に遅かったこともあり、比較的ギリギリまで個別試験対策に注力しました。センター試験対策のみに集中するようになったのは年が明けてからでした。
2日で1セット、現役時は過去問を、浪人時は予想問題を中心にして回していきました。リズムをしっかり作って学習することで、あまり崩れることなくセンター試験直前期も乗り切れたと思っています。

東京大学理科一類2年

12月からセンター試験までは、できるだけ個別試験の対策と両立させるように取り組んでいました。個別試験対策は今までのZ会の志望校対策の問題の解きなおしを行い、センター試験までにいったん個別試験対策が完結するように取り組んでいました。センター試験対策のみに絞ったのは、1月に入ってからでした。

京都大学教育学部教育科学科1回生

12月までは個別試験対策のみをしていました。年明けからはセンター試験の勉強も始め、毎日1年分ずつ解きました。その中で間違えた問題をまとめ、毎日目を通すようにしました。数学と英語は私大の問題を使って記述系に慣れておきました。

東京大学前期教養学部文科二類2年

この時期は、学校の授業は基本的にセンター試験の演習ばかりだったので、家で自分で勉強する時は個別試験の対策をしていました。特に、日本史や世界史の過去問演習は、センター試験に向けて詰め込んでいた知識を、過去問を解く上でも活用できたので、数学や英語よりも多めに解いていました。

東京大学文科三類2年

12月中は、センター試験対策と個別試験対策を並行して勉強していました。私の場合、センター試験より個別試験に自信がなかったため、特に個別試験対策にエネルギーを割くようにしていました。年明けからは、センター試験対策にほぼ専念し、特に苦手な教科・分野や配点の高い教科を中心に、基礎事項の復習と問題演習をしていました。

京都大学総合人間学部2回生

センター試験が不安だったので、センター試験対策を多めにしていました。その中でも個別試験の感覚を鈍らせないように毎日数学の過去問を2問、英語のリスニングを1問など必ず1時間ほど個別試験対策に触れていました。

東京大学文科三類2年

この時期は、センター試験対策と個別試験対策の割合を常に意識して学習をしていました。12月いっぱいは学校で解くことになるセンター試験対策問題パックでの演習に留めて、秋の冠模試で分かった個別試験における自分の苦手を克服する学習に時間を割いていました。
1月になると、センター試験のみの利用となる理科基礎をはじめとして暗記科目を詰める学習を主に行なっていました。また、センター試験の過去問演習にも取り組み約10年分の問題は解き切りました。

東京大学教育学部教育実践・政策学コース3年

Z会からのアドバイス

12月〜共通テストまでは非常に難しい時期です。どれだけ共通テスト対策に力を入れ、どれだけ個別試験対策に手をつけるか。東大・京大に合格した先輩たちに共通するのは、冷静に自身の状況を見極め、東大・京大合格のために、今何をすべきかを明確にしていたことです。

あとは、学校で扱っている「対策教材」等を上手に活用しているところも共通しています。使えるものは効率的に上手に活用したいものですね。

 

Z会の東大・京大受験対策講座

入試直前の東大・京大受験生に向けて、特別講座を開講中です。Z会の直前対策講座で、本番で通用する実戦力を高めましょう!


 

CVエリア

「Z会の通信教育」では、東大・京大受験生向けの講座を多数開講中!

無料の資料請求も受付中!