東大・京大生が教える冬・直前期の過ごし方(センター試験(共通テスト)後から個別試験直前の学習編)

個別試験本番まであとわずか、できることはそう多くはありません。しかし、「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」と焦ってしまう方も多いようです。では、いったいこの最終局面でどのように学習すれば合格を勝ち取れるのか、Z会を受講して合格を勝ち取った東大・京大生の先輩たちに聞いてみました。

受験生のお悩み

東大・京大に合格した先輩にお伺いします!
1月下旬~2月の個別試験直前期の勉強方針・内容は?

東大・京大生が回答!

徹底的に過去問に取り組み、最大限に活用する

とにかく東大の過去問を解きまくりました。特に地歴は一度解いた問題を何度も何度も、解答と同じような答えが書けるようになるまで、模範解答を暗記する勢いで解きました。地歴に力を注いで得意な英語を放置していたら直前の東大模試でひどい点数を取ったので、そこから焦って英語(特に英作)にも力を入れました。リスニングはもちろん毎日やっていました。

東京大学文科三類1年

毎日の日課として、1年分の東大過去問を解くようにしていました。その中で間違えた問題をまとめ、毎日目を通すようにしました。また、単語帳なども欠かさず行い、基本的な分野も抑えました。自己採点する際は、Z会の国語教材を手元に置き、採点基準を参考にしつつ、解法を学びました。

東京大学前期教養学部文科二類2年

私はとにかく過去問を解いていました。年数をこなすことよりも、一回の過去問演習から最大限のことを学ぶことを目標に、復習に力を入れていました。過去問を解き終わったら、振り返りをして、時間配分などの反省をし、本番だったらどうするか考えてノートにまとめていました。このやり方で、少ない演習年数でしっかり実力をアップさせることができたと思います。

東京大学理科二類1年

東大・京大の問題を徹底的に分析した上で作成された予想問題を解く

過去問演習の他には、苦手だった分野の最終確認や、模試の復習、Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズを利用しました。特に、Z会の直前予想演習シリーズは、過去問以外で志望校の形式の問題演習をできる貴重な機会だったし、添削サービスもあったため、本番前に自分では気づかない答案の癖や改善点について知ることができました

東京大学理科二類1年

Z会は問題演習として使い、勉強のペースメーカーという形で学習計画に組み込んでいました。直前期はとりわけ実戦的な内容が凝縮され、問題演習として最適でした。添削された答案を読み返して効率的な復習に努めたことも直前期の勉強として大変有用でした。

東京大学理科一類2年

センター試験後はひたすら個別試験の対策です。自分に足りない分野をしっかり把握し、そこの対策をコツコツと進めていきましょう。1週間前などの直前期ではZ会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズに取り組み、しっかり時間配分などを確認していました。

東京大学文科三類2年

とにかく過去問とZ会の東大に寄せた問題を時間を計って解く、答え合わせ、復習のサイクルを延々と繰り返していました。大問ごとに時間を測ったり、または1年分丸々本番みたいにやってみたりやり方を変えながら毎日飽きないようにやっていました。会の問題はどちらかというと土日など時間がある時に本番らしく緊張感を持って解いていました。

東京大学文科三類2年

私はまず私立の過去問を、続いて国立の過去問、25カ年を解きました。赤本等だと解答用紙などは用意できないので、Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズを本番を想定して取り組んでいました。理系だと、私立と国立で回答の仕方等は違っても要求される知識、技術はほとんど変わりません。私立の勉強も十分国立の対策になるので、無駄に感じる必要はないと思います。

京都大学工学部工業化学科2回生

過去問を解くだけではなく新しい問題に対応できる用意するためにも、河合塾の東大プレテストや駿台の実戦テストを受験してその復習に時間をかけていました。また、Z会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズにも取り組み、添削結果をもとに論述の最終調整を行なっていました。個別試験の二週間ほど前になると今まで解いた模試や過去問の解き直しを重点的に行うようにしていました。この解き直しによってかなり自信をつけることができました。

東京大学教育学部教育実践・政策学コース3年

解き直しも重要。弱点強化や、共通テスト(センター試験)後からの勉強法スイッチにも効果が。

これまでに解いてきたZ会の数学の問題に一通り目を通しました。僕はあまり数学が得意ではなかったので、Z会の添削も毎回あまり解けていなかったのですが、解答を見て、難しかった問題の解き方をインプットしていました。

東京大学文科三類2年

まずはセンターボケを終わらせるために、Z会の今までの問題や過去問の解きなおしを行いました。記述の書き方などの勘が戻るように、いつもよりも時間をかけて正しい解き方ができるように意識していました。その後は、英語や国語はまだ解いていない過去問を解き、数学や日本史は新しい問題をしつつも今までに解いた問題の復習とを半々ぐらいでしました。この際、できるだけ時間を計って行うようにし、本番に慣れるような練習を行いました。この対策にはZ会の通信教育[特講]直前予想演習シリーズも利用しました。

京都大学教育学部教育科学科1回生

自分の力を冷静に見極め、不得意を解消し、得意を武器に。

Z会の教材は、問題演習として活用していました。時間配分の練習などになりました。また、過去のZ会教材や過去問などを使って、苦手事項や基礎事項の復習もしていました。

京都大学総合人間学部2回生

数学は、過去問と今まで使ってきた問題集を引き続き解きました。この頃にはある程度実力もついていたので、どんな問題が来ても大丈夫なように他の大学の難しい問題も解いてみました。
英語はZ会の添削を利用しましたが、Z会以外では学校の先生に添削をお願いしたりしました。得意科目だったので、書き慣れるために問題を解く以上のことはしませんでした。
国語は、古文で安定的に得点することが大事だと思い、そちらを重点的に学習しました。主にZ会や学校の添削を利用しつつ、古文単語の暗記も行って知識を確実な物にしました。
世界史は、とにかく論述の問題を多く消化することで効率的に知識の点検を行えるのではと思い、そのようにしました。知らなかったり漢字がわからなかった語句はメモに残し、頻繁にチェックしました。

京都大学法学部2回生

個別試験対策のため、得点源だった日本史、伸びしろを感じていた英語に注力しました。英作文、和文英訳を毎日続けたほか、京大模試の過去問の長文読解をやりました。日本史は論述の添削に力を入れました。

京都大学文学部人文学科1回生

Z会からのアドバイス

個別試験直前の受験対策については、過去問や予想問題を中心に学習する先輩が多かったようです。しかし、どの先輩もやみくもに学習するのではなく、今の自分の得意・不得意を見極め、「合格点と今の自分の差異をどう埋めていくか」に重点を置いていたと言えます。みなさんも共通テストが終わった段階で、今一度、「合格点と今の自分の差異をどう埋めていくか」をいったん落ち着いて考えてみて、その上で、受験本番に向けてのラストスパートをきってみてはいかがでしょうか。

Z会の東大・京大受験対策講座

入試直前の東大・京大受験生に向けて、特別講座を開講中です。Z会の直前対策講座で、本番で通用する実戦力を高めましょう!


 

CVエリア

「Z会の通信教育」では、東大・京大受験生向けの講座を多数開講中!

無料の資料請求も受付中!