東大英語

東大英語 − 東大過去問対策 合否を分けた「差がつく一問」

Z会の東大英語コース担当者が、2020年度入試の東大英語を徹底分析。受験生の再現答案や得点開示データをもとに、合否を分けた「差がつく一問」を選定し、東大英語の攻略法を詳しく解説します。

まずは、2020年度の「東大英語」を俯瞰しよう

はじめに、問題構成や出題傾向をおさえて、「自分が受ける入試問題」を正確に把握しましょう。

時間配分を意識して、慌てずに「解ききる」戦略を。

東大の問題量は膨大であるため、難易度の高い問題や記述問題にどれだけ時間を割き「解ききる」か、その時間配分が合否を分ける決め手になるでしょう。また、2020年度は昨年度と同様に大きな出題傾向の変化は見られませんでしたが、東大英語は設問形式が決して一定ではないため、変化に惑わされないことも大切です。

 

合否の分かれ目は?

問題の見た目と難易度の違い

一見すると、英文を日本語で要約しなければならない1(A)が難しいように見えます。

しかし、2020年度の難易度は昨年度ほどであり、パラグラフの流れに沿って内容を追っていけば展開が明快だったため、それほど大きな差はつかなかったものと思われます。

では、どこで差がついたのか…?

2(A)の「私たちは言葉を操っているのか。それとも、言葉に操られているのか。」という自由英作文は、昨年度より内容の抽象度が高いテーマでした。自分の意見をうまく思いつけず、かつその意見を論理的に表せなかった場合に大きな差がついたものと思われます。

また、2(B)の和文英訳も内容が抽象的でした。「押し切る」「まゆつばもの」といった難しい言い回しを英語にするだけでなく、筆者の意図する内容を汲んで解答する必要があったので、英語で十分に意図するところを表現できず、差がつく問題となったのではないかと考えられます。


差がつく一問は
≪大問2(A)≫

問題のPDFはこちら

差がつく一問の注目ポイント

自由英作文が他の問題と異なるのは、英語力だけでなく「発想力」も求められる、ということに尽きるでしょう。与えられた題材に対して自分なりに考え、それを限られた時間内で正確かつ第三者にわかりやすい表現でまとめるというのは想像以上に大変な作業です。

2020年度の「私たちは言葉を操っているのか。それとも、言葉に操られているのか。」という問題は、ふだんなかなか考えることのないテーマであり、アンケートでも「テーマが難解で非常に書きづらかった」「何を書いていいかわからずかなり焦った」という回答が見られました。

短い時間で質の高い解答を作成するには、早いうちからの対策が必須。今後の対策につなげるためにも、今解くべき一問と言えるでしょう。

受験生の再現答案&添削を見ながら、差がつくポイントを確認しよう

Z会では、受験生が作成したこの大問の再現答案を、独自の採点基準に基づいて添削しました!

結果はこちら

一見、解答欄びっしりに解答が書かれていて、点数がしっかりとれそうな答案に見えます。しかし、Z会が採点した結果は、12点中6点。Z会が設定した目標点である8点には届きませんでした。

※満点・目標点はZ会の分析による。志望科類(学部)によって、過去問添削の成績表に表示される目標点と異なっていることがあります。

それでは、この答案には、「どんな要素が足りなかったのか」「どういう対策をしていれば目標点に届いたのか」を詳しく見ていきましょう。

目標点とのギャップをどう埋める?

「文法・語彙」面での大きな減点はありませんが、今回減点されている表現は見直す時間があれば修正することができたかもしれません

「内容・構成」面では、1文目で「人間は言葉を操っているが、言葉も人間を操っている」という自分の立場を明記しています。しかし、その立場をサポートする2つの理由が具体的でなく、「私たちが言葉を操る」「言葉が私たちを操る」ことはどういうことか、またそのことによりどうなるのかが曖昧なまま結論を述べてしまっています。この根拠となる部分がより明確になることで、より説得力のある文章を書くことができたでしょう。

今年度の問題でも「60〜80語」という制限がありましたので、「立場表明」「理由」「結論」の3つの要素をいかにシンプルかつ説得力のある内容で表現できたかが勝負の分かれ目だったでしょう。なお、今回の答案では「人間が言葉を操るが、言葉も人間を操る」という立場で述べていますが、この両方の立場の意見を述べようとすると最大80語という語数制限は短いです。両方に言及することで、どちらの立場も説得力に欠ける内容になる危険性が高いため、いずれかの立場を決めた方が、しっかりと論じることができるでしょう。

受験生全体の解答傾向は?

Z会が作成した採点基準をもとに再現答案を採点すると、合格者平均と不合格者平均で3割以上もの得点差がつく結果となりました。

今年度の大問2(A)は非常に抽象的な内容でしたが、アイディアがすぐ思いついた方は余裕をもって論理的に解答を作成できていたようです。受験生の中で「テーマが難しかった」という声が多かった中でも、「想起しやすいテーマだったので論理面で気をつけた」「現代文の授業で聞いたことを思い出しながら書いた」という声も少なからず寄せられました。

しかし、それでも「内容・構成」面での減点が大きい答案が多かったと思われます。特に不合格者の答案では、「言葉を操る」という意味を「言葉(言語)をマスターする」と間違えて解釈し、「言語が異なれば、行動が異なる」「第2言語を母国語のように使いこなせない」と書かれたものもありました。

英語表現の正しさももちろん必要ですが、自由な発想力と、いかに問題指示の内容・趣旨を十分に理解して相手にわかりやすく伝えるかも重要な評価ポイントであったと言えるでしょう。

Z会が独自作成。この大問の採点基準はこちら!

大学から採点基準が公表されていない中、Z会では、実際の受験生の再現答案や得点開示データを毎年収集し、綿密に分析。長年の分析に基づいて作成した独自の「採点基準」で、本番に限りなく近い採点を可能にしています。

「2020年度入試 東大英語 大問2(A)」の採点基準

配点 12点

【文法・語彙】
・単純な文法ミス(時制、単複、三単現など)、または内容・文意を把握する上でそれほど障害にならないような文法ミス………各(-0)~(-1)
・内容・文意を把握する上で障害になるような文法構造のミス(主述関係の不明確なもの、構造上無理のある構文ミス)………各(-1)~(-2)

【内容・構成】
以下の2点を満たしているかどうかがポイント!

(1)「言葉を操っているのか、操られているのかに対する自分の意見や立場が明確に述べられているか」
○「操っている」「操られている」だけでなく、「その両方」「そのどちらでもない」といった立場も許容。(その意見に対して理由が書けているかどうかは、(2)の観点にて採点)
✕いずれかの立場がわからないもの(-12)

(2)「その意見に対する理由やその根拠となる自身の経験が示されているか」
△理由としては弱いもの(-3)
△問題指示の内容・趣旨をやや誤解しているもの(-6)
→「言葉を操る」=「言葉(言語)をマスターする」のようにとらえているもの
△理由として納得できると言いづらいもの(-6)
✕理由として説得力がまったくないもの(-12)

Z会の『過去問添削』で、東大対策を進めよう!

Z会では、特別講座『過去問添削』を開講中です。長年の分析に基づく正確な採点で現在の実力を正確に把握。そのうえで、あなたの答案に寄り添った適切なアドバイスにより、次の打ち手が明確になります。実戦力を効果的に高められる講座です。

Z会東大コース担当者からのメッセージ

東大英語の最大の壁は、限られた時間内にさまざまな種類の、そして膨大な量の問題に取り組まなくてはならないこと。要約、英作文、リスニング、読解など、各問題形式に応じた個別の演習を行うことも必要ですが、入試と同じ分量の問題を入試と同じ制限時間で解いてみるという「本番さながら」の演習も必要です。そういった演習を通してこそ、本番ですべての問題を解ききるための戦略的な時間配分が身につきます。そして重要なのは問題を解くだけではなく、第三者による添削指導を受け、自分では気がつかない改善点を把握し解答の質を高めていくこと。Z会の「過去問添削」で、実際に東大入試で出題された問題の演習に取り組み、プロの添削者による丁寧な指導を受けて、東大合格を勝ち取りましょう!

ほかの科目の「差がつく一問」を見る
 

いつ始めるのが正解?最近のはとっておくべき? 【コラム】過去問を解くメリット

CVエリア

「Z会の通信教育」では、東大・京大受験生向けの講座を多数開講中!

無料の資料請求も受付中!