オリジナル添削シリーズ 英作文講座 導入事例01

「書く」への抵抗感をなくすために。低学年からの英作文活動

東京都
東京成徳大学中学・高等学校
河村 陽介 先生

導入概要
・受講学年:中学2年生~高校3年生

取り組み概要
・月1回のペースで実施
・英作文を書くことへの抵抗感の軽減
・「書く」指導の時間を減らし、別の取り組みに時間を割く

取り組み時期・課題レベル

学年 講座 実施時期 レベル
中2 5~2月 A1.3~A2.1
中3 5~11月 A2.2
高1 5~2月 A2.2~B1.1
高2 1類 5~2月 A2.1~B1.1
2類 B1.1~B1.2
高3 1類 5~10月 A2.2~B1.2
2類 B1.2

 

 

どういった経緯で採用を決められたのでしょうか?

 導入前は、中学・高校ともに英作文における添削指導は行えていませんでした。中学では、週に1~2回ほど、5~6行程度の英作文課題を出していましたが、文法でおかしな箇所があれば、その部分に「チェックを入れる」という程度にとどまっていました。英作文指導も行っていましたが、文法事項に関する細かな指導は難しいなと感じていました。

 そんな中、本講座を紹介いただき、「ここまでの添削は自分たちではなかなかできない」ということで導入にいたりました。

 自校の生徒たちの特徴から高校2・3年生から急に書かせるトレーニングをするよりも、「書く」ことに早い学年から慣れさせておくほうが、無理なく導入できるだろうということで、英語表現が少し身についてくる中学2年生から導入しています。

 

英作文講座を導入して効果を感じた場面はありますか?

 中学から定期的に外部業者の模試を受験していますが、英作文の問題にも粘り強く取り組むようになり、英語の平均点も少しずつ上がってきています。

 また、英作文を書く中で、文構造を意識するようになったせいか、スピーキングやリーディングにも良い影響が出ているように感じています。

 さらに、授業内での「書く」指導の時間を減らし、「話す」活動など生徒同士でコミュニケーションを取るような(学校でしかできないような)アクティビティを増やすことができました。

 

英作文講座はどのような場面で使用されていますか?

 主に週末課題として月1回のペースで取り組ませています。稀に授業中に、時間を決めて取り組ませている学年もあります。

 添削された答案がZ会ソリューションズから返却されたら、添削済み答案をスキャンし、時間があるときに確認するようにしています。思わぬ所を指摘されている答案を見つけることもありますし、複数人が同じような指摘をされている箇所があれば、授業中に注意して取り上げて指導できるようにもなりました。

 

生徒様の反応はいかがでしょうか?

 宿題は嫌がるものなので、課題を配布するときは少し難色を示す生徒もいますが、添削済み答案が初めて返却された際は「すごく丁寧に添削してくれている」と驚いていました。複数回添削を重ねていくと、添削者の名前を覚えている生徒もおり、答案が返ってくると嬉しそうにしています。

 

 オリジナル添削シリーズに戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

小学校~高校の先生・職員の方

【東京営業所】

03-5296-2830月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:03-5296-2842

【大阪営業所】

06-6195-8550月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:06-6195-8560

大学の先生・職員の方/法人の方

03-5289-7808月〜金 午前10:00〜午後6:00
(年末年始・土日祝日を除く)
Fax:03-5296-2842
Web:
≪大学の先生・職員の方≫
≪法人の方≫