2024年度_中学受験・中学受検【小学4年生】

中学受験の勉強の始まりは、中高6年間へ続く長い旅の始まりでもあります。
中学受験の勉強を通じて、その先につながる学習習慣・主体性・学ぶ楽しさ・本質的な学力を身につけていきます。

新小学4年生(現小学3年生)向けの開講コース

中学受験コース

開講科目
  • 算数・国語(各教科1回90分 × 週1回)
  • 思考力養成講座(各90分 × 月1回)
開講教室
  • 渋谷
  • 池袋
対象
  • 難関国私立中学をめざす方
  • 公立中高一貫校をめざしていて標準的な学習をしたい方

 

現在お申し込み受付中の講座

  •  

     


     

    個別指導をご希望なら個別指導教室くわしくは⇒


      合格力養成システム・サポート

      プロ講師だからできる「主体的な学び」を引き出す授業

      授業では、プロ講師と生徒との双方向のコミュニケーションを通して、「なぜ」が「わかる」面白さを伝え、一人ひとりの「主体的な学び」を引き出すことに注力することで、自ら学習に積極的に取り組む姿勢を身につけます。
      授業と家庭学習で自主的に問題に取り組むことを繰り返すことにより、受け身で授業を聞くよりも早く深く理解でき、結果的にきわめて効果的に学力を向上させることができます。この主体的に学ぶ姿勢は、中学受験のその先につながる本物の学力の確立へとつながります。


      さらに!担当講師による丁寧な添削指導

      飛躍的に学力が伸びるZ会ならではの添削指導

      Z会の教室の添削指導はただの〇つけではありません。覚えてさえいればよい、あっていればよいの答案は本質的な理解にはつながらないからです。どこで間違えたのか、どうすればよいのかを示す添削指導により、生徒は正解に至るまでのプロセスを知ることができ、他方で講師は添削を通して生徒一人ひとりの状況を把握した上で授業を展開することが可能です。少ない通塾日数で志望校合格をめざせる理由はここにあります。

      学習習慣と基礎学力を養成するための充実した「補助教材」

      中学受験対策の大事なポイントとして、学習習慣づけと基礎学力の養成が挙げられます。
      その対策として、自習学習教材「計算日記」「漢字日記」を活用します。毎日1ページ(週6ページ)を目安に進めます。朝学校行く前に取り組んでも、学校から帰宅後夕飯前に取り組むでも構いません。毎日続けることで自然と学習習慣と算数・国語の基礎力を身につけることができます。

      反復学習による確実な定着

      メインテキストは各教科週1回1章ずつ進行していき、予習→授業→宿題のサイクルで学習内容を定着させつつ、確認テストで担当講師による添削指導・習熟度確認も行います。さらに、5回に1回実施するまとめ回・年に4回実施するアタックテスト・各季節講習で知識を整理・定着させながら、理解を深めていきます。各教科補助教材を用いて、日々の反復学習も行います。

      基本の学習サイクル(授業時間:各教科1回90分)

      必須予習
      テキストの例題を解く(類題を解く)。

      授業
      基本的に解説中心。要点の説明、基本問題を解く。

      必須復習
      宿題のテキストの練習問題、課題の「確認テスト」に取り組む。

      確認テスト
      課題の「確認テスト」を提出。弱点を把握。

       

      万全のフォロー体制

      学習をさえぎらない
      柔軟な振替受講・講座変更

      学校行事などでやむをえず欠席する回のクラス授業を、同一週・同一講座のほかの授業へ振替受講することができます。他教室での振替受講も可能です。

      集中して学習できる
      自習室

      自習室では、意識の高い受講生が切磋琢磨しています。受講生は、授業の前後などに、抜群の環境で、集中して学習することができます。

      入試のプロがアドバイス
      進路指導面談

      Z会の教室では、合格実績のための安易な進路指導は行わず、生徒の第一志望校を最大限に尊重します。中学受験(受検)に精通した講師やスタッフが、適切な受験(受検)校や家庭学習の方法をアドバイスします。

      受験に向けた情報収集も
      講演会・保護者会

      年数回、講演会や受講生と保護者の方のための保護者会を開催。Z会が独自に収集・分析した受験(受検)情報をお伝えしています。また、公立中高一貫校の先生による説明会に、本科生は最優先で参加できます。

       

       

      「授業内報告書」はこちら 

       

       

       

    お問い合わせ