広告宣伝

マーケティングの仕事内容は多岐にわたります。このページでは、「通信教育の広告宣伝」という視点からマーケティングの仕事を紹介します。
「広告宣伝」の仕事では、広告・宣伝の計画を立て、入会案内書、インターネット・新聞・雑誌広告、チラシ、書籍の帯紙、TVCMなどを制作します。お客様にさまざまな形で見ていただくために、プロダクトデザインなどの理系の視点も重要になってきます。

 

仕事内容紹介

 

  • 広告・宣伝戦略を立てる

    広告・宣伝を行うに当たっては、まずは「戦略」を立てます。「どうすればお客様にZ会に興味を持っていただけるか」、さらに「通信教育の入会に結び付けられるか」を分析・検討し、そこから「いつ」「どこで」「どのような手段で」広告・宣伝を行っていくかを決めていきます。

  • 企画の立案と制作

    方針が固まったら、それぞれの宣伝物を企画・制作していきます。 企画・制作に関しては、Z会の中で社員が行う場合や、外部の広告代理店やデザイン会社に依頼する場合があります。どちらの場合にも、マーケティング担当だけではなく、実際に教材を作る教材開発担当者や、学習コンサルの担当者と打ち合せをしながら、お客様に伝えるべき情報を整理することが重要になります。

  • 最適な手法を探る

    最近力を入れている2つの広告宣伝媒体をご紹介します。 1つはインターネットです。広告宣伝媒体として重要なものとなったインターネット。しかし、情報が氾濫する中、Z会の情報をお客様にうまく届けるには工夫が必要になります。現在は、自社ホームページのほか、リスティング広告(検索サイトにおいて入力したキーワードに応じて表示される広告)やニュース配信サイトへの掲載のほか、Z会に関連するさまざまな人たちのブログを掲載する「Z会ブログ」などによって、Z会の情報をひとりでも多くの方に見ていただけるよう工夫しています。

  • 直接的なプロモーション

    もう1つは、実際にお客様と身近に接するイベント活動です。たとえば、幼児コース・小学生コースの認知度を高め、Z会をより身近に感じていただくことを目的に、Z会の教材をご覧いただいたり、教材内容を疑似体験いただけるようなイベントを、全国各地のショッピングモールで開催しています。

 

社員インタビュー

  • お客様が夢を叶えるきっかけを提供できる

鴨下 一洋 Kazuhiro Kamoshita

2003年入社 文学部史学科卒

 

今の仕事について

中高生対象の通信教育の宣伝活動を行う部署に所属し、Webサイトの管理・更新や、インターネット上の広告の企画・制作を行っています。また、学習や進学をテーマにしたイベント実施の際には、運営スタッフとして参加することもあります。Z会らしさとは何か、お客様にとってメリットのある宣伝物とは何か、を意識しながら宣伝活動を行っています。

 

やりがい

こちらが発信したメッセージを受けて、お客様がZ会を受講し、よりよく成長される。このように、宣伝物や宣伝活動によって、お客様の夢を叶えるきっかけを提供できることが最大の醍醐味です。ですから、作成した宣伝物を受けてお客様がZ会に申し込まれたことを知る瞬間や、会員の方から喜びの声などを伺う瞬間はとても嬉しいです。

 

学生生活で学んだことをどう活かせるか

大学で学んだ歴史学では、あらゆる事象には「唯一の真実」はなく、時代背景や他の事象との関連性などを含め、幅広い視野で考えるべきという視点を学びました。お客様の考え方や価値観は様々であり、こちらが発信するメッセージにも一つの正解があるわけではありません。ある方には心に響くメッセージでも、他の方にはそうではないことも。そういった意識を持ち、広い視野から物事を見ようとする姿勢が、今も役立っています。

 

将来の展望

以前は中高生を対象としたマーケティングの部署に所属し、「お客様の声を社内にフィードバックする」業務に携わっていました。ですが現部署に異動になり、業務内容も「お客様にメッセージを発信する」という形に変わることで、自分自身の視野が大きく広がったと感じています。今後も様々なフィールドで経験を積み、視野を広げていくことで、お客様にとって本当に必要なサービスを提供していきたいと考えています。

 

A Day Story
08:40 出社してメールをチェック後、課内の回覧物などを確認
09:00 施策ごとの成果状況をデータで確認。気になる点については、より深い分析をかけていきます
12:00 三島駅近くで同僚と昼食
13:00 他の事業部の担当者と打ち合わせ。事業部をまたいで行う施策が多いため、それぞれの課題やアイディアを共有する大切な場
15:00 広告やWebサイトの企画を進行。各専門のパートナー企業とコミュニケーションをとりながら、スピード感をもって進めることが求められます
19:00 明日のスケジュールを確認して退社

 

Off Time

月に一度、料理教室に通っています。様々な方がいらっしゃいますし、学んだことをその場ですぐ、目に見える形にできるので楽しいですね。写真は教室で作った料理です。