営業

Z会の営業には、学校を訪問して、先生方に学校専用教材などの書籍、通信教育や模擬試験を紹介する学校営業と、取引のある書店に対して、フェアの企画をはじめとする商品の売り方に関する提案を行う書店営業があります。現場の最前線からお客様のニーズをいち早く入手し、社内へフィードバックする、というのも重要な役割です。

 

仕事内容紹介

 

  • 学校営業の仕事

    学校営業では、学校を訪問して、先生方に学校専用教材などの書籍、通信教育や模擬試験、検定などを紹介しています。仕事は、社外での営業活動と社内でのデスクワークの大きく2つがあり、その比重は時期によります。
    デスクワークの日には、学校への訪問計画を練ったり、すでに訪問した学校に関する報告書を作成したりします。報告書は営業担当者の中で共有できるような仕組みになっていて、他の学校の取り組み事例なども知ることができます。

  • 学校教育のニーズをつかむ

    営業活動では、学校を訪問して先生にZ会の商品を紹介します。しかし、ただ商品を紹介するのではなく、先生の話をよく聞き、その学校が抱えている課題を解決できるような商品を提案します。紹介するテキストや問題集について、きちんと説明できることはもちろんのこと、いかに先生から新しい商品企画のヒントとなる話を引き出せるかがポイントになります。

  • 書店営業の仕事

    書店営業では、取引のある書店に対して、フェアの企画をはじめとする商品の売り方に関する提案を行っています。また、通信教育の認知・入会を目的として、入会案内書の設置や配布に関する働きかけ等を行っています。さらに、大型商業施設での体験イベントといった直接的なプロモーション活動など、書店以外の場所にも活動を広げつつあります。

  • 書店に“売り方”を提案する

    営業活動では、取引のある書店のご要望や悩みを伺いながら、様々な“売り方”を提案しています。例えば、「大学の2次試験終了後~入学シーズンまでの学習参考書コーナーの売上を増やしたい」という書店に対して、フェアのコンセプトから対象商品や展示用ポスターを含めたディスプレイ方法までご提案し、目標や“売り方”のイメージを共有していきます。実施後には、結果を“売上”という客観的指標からも検証し、新たな施策提案につなげるよう心がけています。

  • 書店、学校との架け橋

    営業は、書店、学校と教材開発を結ぶ架け橋でもあります。近年は大学・法人、さらには教育委員会を含む自治体への営業活動も行っています。
    様々なお客様との話の中で得た情報や要望を教材開発にフィードバックし、実際の企画に役立てているのです。Z会の書籍ラインナップの中には、お客様の声を元に営業担当が企画会議に参加し作り上げた書籍もあります。

 

社員インタビュー

  • 全国の教育に影響を与える新しいサービスの提供を目指して

中村 恒太 Kota Nakamura

2008年入社 教育学部学校教育教員養成課程卒

 

今の仕事について

公立・私立の中高一貫校、高等学校に訪問して、単語集・問題集などの学習参考書、模擬試験、アセスメント、通信教育の学校団体受講の提案をしています。営業活動は大きく分けると2つのスタイルに分かれます。1つは、職員室内をまわりながら先生方とお話をしていく営業スタイル、もう1つは応接室などで少人数の先生とじっくりお話をする面談形式の営業スタイルです。
最近では、学習指導要領の改訂や大学入試改革の影響から、各自治体の教育委員会等に対し、新しい学力観(思考力・判断力・表現力)を測定するようなアセスメント、さらにはプログラミング教育の導入を提案する機会も増えてきました。このように様々な営業機会に恵まれていることもあり、各案件に合わせた新しいサービスの企画や設計にまで携わるようになってきています。

 

やりがい

日々の営業活動を通して改めて気づいたことがあります。それは、「学校の先生は、生徒のことを本当にいつも考えている」ということです。ですから、生徒のことになるとサービスに対する要望もシビアです。そんな先生方から「Z会のサービスを使って、生徒の成績が上がったよ。ありがとう。教材を作っている人にも伝えておいて」と声をかけていただけることがあります。本当に「興奮が止まらない」といった感じでお話されることもあるので、そのような場面にであった時は、とても嬉しくなります。営業担当ですので、売上が上がった時も嬉しいのですが、先生と一緒に子どもたちの成長に触れることができたと感じられる瞬間が本当に幸せです。
また、最近では教育改革の流れから悩みを抱えた先生方が増えてきました。Z会は多くの企業と業務提携をしているため、先生に対して多くの提案が出来るようになってきました。先生方のお悩みを少しでも解決できた時などもやりがいを感じます。

 

学生生活で学んだことをどう活かせるか

大学時代に所属していた野球部では、練習メニューを自分で考えることができました。その代わり、結果を出さなければ試合に出してもらえないため、トレーニング方法を一から調べあげ、課題を見つけ、反復して修正することで、自身のパフォーマンスを高めてきました。 この経験は、今の営業としての仕事でも活かされています。課題を見つけ、修正して、売上という結果が出たときには、なんとも言えない気持ちよさがあり、日々楽しみながら仕事に取り組んでいます。

 

将来の展望

「全国の教育に影響を与えたい」という想いでZ会に入社しましたが、この想いは最近より強くなってきています。 現在、学校現場では、ICTなどの「ツールの変化」、アクティブ・ラーニングなどの「授業手法の変化」、英語の早期教育やプログラミングなどの「カリキュラムの変化」、大学入試改革などの「アセスメントの変化」など大きな変化が起こってきています。特に「ICT」「授業手法」「カリキュラム」の変化の部分では、異業種の企業が教育業界に参入してきています。しかし、学校の現状理解が進んでおらず、先生方の要望に合致しない提案がされるケースがあるようです。
そこで、我々が、他業種の企業と先生方との橋渡しとなり、円滑に学校現場の問題を解決していくお手伝いができないかと考えています。現場の先生の意見も伺いながらも、日々他業種の情報を収集し、それを分かりやすく学校の先生方に提案していくための努力が今の営業担当には必要になってきていると感じています。

 

A Day Story
07:30 いつもより早く自宅を出て新幹線に乗車
09:00 出張先へ到着し、レンタカーに教材を積んで学校へ。教材を購入いただいた先生方に、教材の使い勝手をヒアリングしながら、他社教材の情報も収集
11:30 最寄りのファーストフード店で本を読みながら昼休憩。ファーストフードが大好きで、学校近辺の店を熟知している
13:00 進路部長の先生との面談で、通信教育の学校団体受講についてご提案。校内のICT化の状況などの情報収集をしておく。
16:00 校内でタブレット導入の相談をされ、次回、大手通信企業やオンライン英会話企業と共同営業を提案。Z会作成のデジタル教科書の紹介もしっかりを行う。
17:30 ホテルで日報の記入、メールのチェックをしながら提携会社との会議資料を作成して業務終了。
19:00 夜は近くの繁華街で本屋をめぐり、夕食をとって、カフェでまったり。

 

Off Time

草野球やゴルフに出かけたり、家族と過ごしたりすることが多いですが、教育NPO法人のお手伝いや教育イベントに参加することもあります。「教育」といっても様々な分野がありますので、楽しく情報を集められる場、自己研鑽ができる場を探しています。写真は、高校生とともに将来のキャリアを考えるイベントで、なぜか高校生に腕相撲を挑まれた時の様子です。