Z会の日本史講座(大学受験生)

 

時代ごと・分野ごとに知識の関連づけを最短で強化

時代ごと・分野ごとの特徴を踏まえて、知識の関連づけが大切な日本史。それらを深く理解するためには基礎知識の徹底が必要です。「良問問題集」では、そんな基礎知識を短時間で確実に定着させることができます。また、「カリキュラム学習」では「入試演習」と並行して、近・現代史を扱います。映像授業も活用して、入試を見すえた基礎固めが効率的に進められます。

 

本番を見すえた「入試演習」で“入試日本史”を攻略

難関大入試の日本史では、複数の時代・分野をまたいだ歴史事項の関連性を把握し、さまざまな角度から歴史を捉える力が求められます。Z会の日本史では、毎月本番さながらの記述問題に挑戦できます。あなたの答案をプロが添削し、あなた専用のアドバイスで、難関大合格に必要な“深い理解”と“答案作成力”が身につきます。

 

受講者の声

京都大学 法学部 合格
U.S.さん

志望大の問題を前にしても臆することなく記述できるように
Z会の日本史は、要点がしっかりとまとまっていて、流れを教科書よりも長いスパンでまとめられていたのがわかりやすかったです。本番よりも難しい問題も含まれていて、解きごたえがありました。できるだけ諦めずに解いて、復習して次に生かして、というサイクルを繰り返して少しずつ解けるようになっていきました。実戦演習期に入ると、記述量の多い問題が出るようになり、ここで記述を鍛えたことで志望大の問題を前にしても臆することなく書けるようになりました。

 

教材・カリキュラム

 

Z会の日本史は2段階学習プログラムで体系的に入試得点力を高める

3〜8月の「実力養成期」では、要点を体系的に学ぶ「カリキュラム学習」と分野別実戦演習の「入試演習」で志望大入試に対応する基盤を固めます。
9〜2月の「実戦演習期」では、志望大別の「入試演習」で得点力に磨きをかけて志望大合格の力を完成させます。

※テキストコースの場合、3~8月教材のみ。

  カリキュラム学習(単元学習)

3〜8月の「カリキュラム学習」では、受験生の学習が遅れがちな近・現代史を扱います。
「要点学習」と映像授業で基礎知識を整理してインプットし、「応用学習」で習得した知識の活用方法を学びます。
さらに、「個別強化AI演習」では、あなたの習熟度に応じた問題が出題されるので、効率よく力を伸ばせます。

カリキュラム
(120分✕月1回)
1カ月の学習時間目安
3月 日清・日露戦争〜産業革命
4月 第一次世界大戦
5月 大正期〜昭和初期
6月 満州事変〜太平洋戦争
7月 戦後占領期〜55年体制
8月 高度経済成長〜現代の日本

※高校生テキストコースのカリキュラム学習は、受講開始月以降の教材のみお取り組みいただけます。開始月より前に遡っての受講はできませんのでご了承ください。

 

【高校生タブレットコース限定】
カリキュラム学習で基本から

 

高1・高2範囲の単元学習にも取り組めるので、定着が不安な単元を学習できます。自分のペースに合わせて、いつでもどこからでも取り組むことができ、入試の基盤となる単元知識を効率的に固められます。
※「日本史」の全単元に取り組むことができます。

※高校生テキストコースはカリキュラムの順序は固定です。

 

  入試演習

「入試演習」では、Z会が難関大の入試を徹底的に分析して作成したオリジナル添削問題に毎月取り組むことで、入試本番で通用する実戦力を養成します。 長年難関大合格者を指導してきた添削者の添削指導に加え、あなたが次に解くべき問題を添削者が提示。効率よく弱点を補強し、得意を伸ばすことができます。

 

 

着実に得点力を伸ばす
教材構成

ただ問題に取り組むのではなく、得点するための「知識の整理」や「次の一手」がわかる教材を用意。
難関大合格に必要な思考・記述力が着実に身につきます。

 

導入(テーマ別学習)

実力養成期のテーマ別学習では、入試頻出のテーマや押さえておきたい視点・考え方を映像講義付きでわかりやすく手ほどき。限られた時間内で効率的かつ論理的に解答を導く力を養います。添削問題ですぐに実践できるので、使える知識として身につきます。

学習テーマ
テーマ① テーマ②
3月 原始時代〜天武・持統朝 奈良時代
4月 平安時代  鎌倉時代
5月 室町時代〜戦国時代 安土・桃山時代〜江戸時代前期
6月 江戸時代中期〜後期 明治前期
7月 明治後期 大正期
8月 昭和戦前期〜戦中期 昭和戦後期
※受講開始月以降の教材のみお取り組みいただけます。開始月より前に遡っての受講はできませんのでご了承ください。

 

添削課題

難関大入試の日本史では、全時代・全分野にわたる幅広い知識や、迅速かつ正確に解答をまとめる確かな論述力が求められます。
Z会の添削問題では、こうした問題に対応する力を養うために、実戦的かつ多様な良問を出題します。さらにプロの添削者があなたの答案に対し、高得点を獲得するための答案作成方法を個別にアドバイスします。

 

選べる4つの志望大別講座

志望大に合った講座で、本番に必要な実戦力を効率よく養成します。

※私立大志望の方は「早慶大」をご選択ください。

 

東大入試に向けて、論述問題を初めとした様々な形式の問題に取り組み、知識の活用や論述問題の解き方を学んでいきます。9月以降は、東大型の論述問題を通して、東大日本史特有の論述問題に対応できる力を養います。また、1月と2月には、東大入試本番の時間/問題数に合わせて予想問題を出題します。

学習時間目安

3〜8月:60分✕月2回
9〜12月:80分✕月2回
1・2月:入試に即した時間✕月2回

 

添削問題例

京大入試に向けて様々な形式の問題に取り組み、基本的な知識の習得・定着をはかるとともに、論述問題の解き方を学んでいきます。9月以降は、京大型の問題を出題し、論述問題や史料問題への対応力を磨いて実戦力を高めます。また、1月と2月には、京大入試本番の時間/問題数に合わせて予想問題を出題します。

学習時間目安

3〜8月:60分✕月2回
9〜12月:80分✕月2回
1・2月:入試に即した時間✕月2回

添削問題例

難関国公立大入試に向けて、基本的な知識の習得・定着をはかるとともに論述問題や史料問題の解き方を学んでいきます。9月以降は、様々な字数の論述問題や史料問題を通して、知識力を強化し、論述力・史料読解力を高めます。また、1月には、通常の添削課題に加えて、Z会オリジナル一橋大予想問題をお届けします。

学習時間目安

3〜8月:60分✕月2回
9〜12月:80分✕月2回
1・2月:60分✕月2回

添削問題例

早慶大入試に向けて、基本的な知識の習得・定着をはかるとともに、史料問題への対応力を身につけていきます。9月以降は、テーマ史や多様な形式の問題演習を通して、早慶大入試に対応できる知識力を養います。

学習時間目安

3〜8月:60分✕月2回
9〜12月:80分✕月2回
1・2月:60分✕月2回

添削問題例

 

  良問問題集

「良問問題集」では、単元別・レベル別に取り組むことができ、基礎的な問題から入試レベルの問題まで多数出題。
さらに、AI分析による自動出題も可能なので、「入試演習」や模試から見えた弱点を着実かつ効率的に克服することができます。

 

開講コースについて

大学受験生向け講座は高校生タブレットコースと高校生テキストコース、お好きな形式で受講いただけます。いずれのコースもメイン学習の「入試演習」は紙の教材で取り組みます。「良問問題集」は高校生タブレットコースではタブレットで、高校生テキストコースではご自身のスマートフォンで取り組みますが、内容に違いはありません。 最も大きな違いは、高校生タブレットコースでは「カリキュラム学習」で高校全範囲の学習ができるのに対し、高校生テキストコースでは固定カリキュラムのお届けとなる点です。既習単元や、基礎理解に不安がある方は高校生タブレットコースをおすすめします。

高校生タブレットコース 高校生テキストコース
入試演習 紙の教材
良問問題集
(アプリ学習)
タブレット スマートフォン
カリキュラム学習 タブレット
(高校全範囲受け放題)
紙の教材
(個別カリキュラム)

※3月~8月までのお届けです。

 

受講料金

「入試演習」「カリキュラム学習」及び「良問問題集」等、各種アプリ学習を全て含んだ
パッケージ料金です。(高校生タブレットコース・高校生テキストコース共通)

※月換算の料金です。

毎月払い ※6カ月一括(5%割引) ※12カ月一括(15%割引)
東大・京大 ¥5,942 ¥5,644 ¥5,050
最難関・早慶大 ¥5,824 ¥5,532 ¥4,950

・東大・京大講座の出題形式では添削量が多くなる分、他の講座と受講料金が異なります。
・タブレットコースの端末料金は含まれておりません。

 

セット受講でさらにお得に

◆「3講座以上の受講」で、1カ月あたりの受講料金合計額から1,000円引き!
◆加えて、「12カ月一括払い」で「一年ご受講」いただくと、Z会専用タブレットの販売価格29,960円(税込)が、実質0円に!
※Z会専用タブレットの詳細はこちらをご確認ください。

Z会専用タブレットの実質0円でのご購入は、8月開始(7/31申込締切)までが対象です。実質0円の適用条件については、次の「受講料金・受講環境ページ」をご確認ください。また、[専科]共通テスト攻略演習を含む3講座受講をご検討の方は、受講会費に関するご案内ページをご確認ください。
ご紹介の割引は、受講の中止、講座の中止などにより「3講座以上」および「12カ月一括払い」の条件を満たさなくなったタイミングで所定料金の支払いが発生します。詳しくは、次の「受講料金・受講環境ページ」をご確認ください。

「受講料金・受講環境ページ」はこちら
 


お電話でのお問い合わせ
以下のお問い合わせは「テクニカルサポートセンター」にて承ります。
●Z会専用タブレット、iPad端末
●「Z会学習アプリ」「Z会MyPage」のログインやご利用方法

 

入会をご検討中の方


Z会お客様センター
0120-65-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

テクニカルサポートセンター
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
会員の方


Z会お客様センター
0120-75-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
※会員の方のお手続きはwebから承ります。
お手続きにお困りの方はこちら

テクニカルサポートセンター
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)